天使の応援?   

秋リサイタルに向けて、選曲も佳境。今年のタイトルは《スペイン浪漫Ⅲ~E.エンリケ・グラナドス生誕150年、F.モンポウ没後30年に捧ぐ》。浮かび上がるイメージ、ストーリー、伝えたいこと、声、ピアノの響き…。それらを、どんな形でこの世に具現化するか。わずか2時間のあの時空を目指して、エネルギーのすべてを注ぎ込む。楽しいけれど大変、大変だけれど楽しい作業だ。

どんなに好きでも、人間、たまにはくたびれる(笑)。そんな時、いつも心に浮かぶ光景がある。1986年夏、アルベニス生誕の町カンプロドンで聴いたビクトリア・デ・ロス・アンへレスと師マヌエル・ガルシア・モランテの演奏会、そのリハーサルだ。
e0172134_024172.jpg

バルセロナから車で2時間ほどのところにあるカタルーニャの鄙びた町カンプロドン。中世の面影をそのまま残す町の修道院で演奏会は開かれた。私は弟子特権?で、二人のリハーサルを最初から最後まで、ずっと聴かせてもらった。客席には私ひとり。美しく、贅沢な時間だった。スペインでも日本でも二人の演奏会を何度も聴いたが、このリハーサルは格別で、あたかも一幅の絵のごとく鮮明に心に焼き付いている。この時に聴いたアルベニスの『Barcarola』は、後に私の大切なレパートリーになった。Youtubeでも見つからない、ほぼ無名の曲だが、歌えば、心は一瞬であのカンプロドンに飛んで行く。歌の原点に立ち返らせてくれる。 『ビクトリア・デ・ロス・アンへレスの想い出

ここ数日ボンヤリとそんなことを考えていたら、なんと!FBで、バルセロナ在住の建築家丹下敏明氏が自ら撮影したカンプロドンの写真をアップしてくださった。嬉しい偶然!
e0172134_00752.jpg

e0172134_003538.jpg

e0172134_0059100.jpg

シエスタの時間にホテルを抜け出し、町を歩き回ったことを思い出す。懐かしい…。こういう時は、ちょっと厚かましいけれど、天使(Àngel ~アンヘル)が空の上から応援?してくれている気がする。ありがとうございます。頑張ろうっと!

カタルーニャ音楽堂での記念リサイタル。1:01:30あたりから『Barcarola』です。

[PR]

# by Megumi_Tani | 2017-03-20 00:04 | スペイン歌曲 | Comments(0)

六年目の3・11   

昨年の3月11日は何をしていたか?一昨年の3月11日は何をしていたか?ちっとも思い出せないのに、六年前の3月11日、出先で何が起き、どこを彷徨い、どうやって家にたどり着いたか、克明に覚えている。忘れてはいけない、風化させてはいけない、と、さかんに呼びかけられているが、私個人の気持ちを言えば、とても忘れることなどできない。東京に住む者でさえこの有様だ。まして被災地の方々は…と思うと、言葉が見つからない。時間の経過とともに諸課題が複雑化し、あれこれ語ることが難しくなっているような気がする。復興を、ただただ祈りたい。

Yahoo! JAPANが、こんなサイトを立ち上げています。
クリックが支援になります。3月11日23時59分まで。
3.11 応援企画『3.11、検索は応援になる。』
e0172134_1953344.jpg

東日本大震災復興支援『いい音楽、届けようプロジェクト』
****************************************

2011年4月、外国人演奏家の来日キャンセルが相次ぐなか、ドミンゴが約束通りやって来てくれた。彼の温かいメッセージと、アンコールの「ふるさと」、忘れられない。
このブログで何度もご紹介しましたが、六年目の今日再び。


そして、もう一人。4月に来日してくれたフェリシティー・ロット。静かな祈りです。

[PR]

# by Megumi_Tani | 2017-03-11 19:51 | 思い&想い | Comments(0)

フェリーぺⅡ世の時代   

日西翻訳通訳研究塾にて開催の教養講座『スペイン史ma専科』第6回を受講した。

今回のテーマは、フェリーペⅡ世の時代。16世紀、いわゆる黄金世紀のスペインだ。



フェリーペⅡ世は生涯に4回結婚している。王妃がお産で命を落とし、やむなく次の王妃を迎え入れる。その王妃がまたお産で命を落とし、再び王妃を迎え入れる…。その繰り返しだ。信仰深く、人格者であったフェリーペⅡ世は、どの結婚でも、王妃を大切に愛した。

しかし、その結婚諸々に絡む姻戚関係が、どうしようもなくややこしい。誰かが誰かに嫁ぎ、その子が誰で、その誰かの妹がどこかへ嫁に行って産んだ子が誰で、その誰かが成長して誰かの嫁になり…。ハァ、頭がジーンと痺れて来る。そう、昔、この蜘蛛の糸のごとく絡み合う相関図を覚えるのが面倒で、世界史嫌いになったのだ emoticon-0107-sweating.gif

あの『ドン・キホーテ』のミゲル・デ・セルバンテス、神秘主義・神秘文学者の聖女テレサ、十字架のヨハネ、画家エル・グレコ…。黄金世紀スペインには輝かしい文化が花開いた。音楽も例外ではない。宗教音楽の作曲に生涯を捧げたトマス・ルイス・デ・ビクトリア、『ウプサラの歌曲集』ほかの世俗歌曲、独自の発展を遂げたオルガン、7人衆で知られるビウエラ…。村人の歌:ビリャンシーコ、ビリャンシーコを採り入れた村人劇、物語り歌、恋の歌、日常の人情の機微を折り込んだ歌等々、庶民の歌も大いに発達した。

太陽の沈まない帝国スペイン、黄金世紀スペイン、燦然と輝く世界の超大国スペイン。
実はすぐ後に、次なる時代が息を詰めて待ち構えているのだけれど…。

『ウプサラの歌曲集』より「何で洗いましょう?」


フェリーペⅡ世の命によって建造されたエル・エスコリアル修道院(宮殿)

[PR]

# by Megumi_Tani | 2017-03-09 00:16 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

『いい音楽、届けようプロジェクト』その2   

昨年12月の『Plegaria』につづいて、拙CD『谷めぐみが歌う 魅惑のスペイン』が東日本大震災復興支援プロジェクトに参加させていただくことになった。福島、宮城、岩手、各県のエフエム局にCDが送られる。
『いい音楽、届けようプロジェクト』

冷たい風が吹きすさぶ寒い日だった。都内の電車がすべてストップ。知らない町の知らないバスを乗り継ぎ、乗り継ぎ、ほぼ6時間後に帰宅した。大渋滞で立ち往生したバスの車内から見た光景、オレンジ色の街灯に照らされた夜道を、おびただしい数の人がただ黙々と歩いていた、あの光景は忘れられない。

大震災からもうすぐ六年。今、拙CDをお役に立てていただけることに感謝している。
e0172134_2254479.jpg

[PR]

# by Megumi_Tani | 2017-03-02 22:12 | 音楽あれこれ | Comments(0)

『フジタの白鳥』藤田嗣治の舞台美術   

美しい本をご紹介したい。
e0172134_0454877.jpg

第一次世界大戦後の円熟のパリを謳歌。大成功を収め、最後は、洗礼名レオノール・フジタとしてパリに骨を埋めた藤田嗣治。その藤田が手がけた舞台美術について、詳しく紹介されている。
著者は、佐野勝也氏。藤田の足どりを丁寧に追いかけ、パリにおける華やかな活躍、交友関係をたどり、藤田が舞台美術を手がけた作品ひとつひとつについてあらゆる方向から調査し、絵画作品や残された文章との比較、研究を重ね、藤田の芸術、藤田の世界の本質に迫る。沢山の貴重な写真、図版とともに、紹介されているエピソードの数々も興味深い。藤田嗣治ファンならずとも、ぜひお薦めしたい一冊だ。
『フジタの白鳥』画家藤田嗣治の舞台美術

著者、佐野勝也さんとお目にかかったのは1986年のことだった。この年、没後50年を迎えたロルカを讃えて、東京外国語大学をはじめとするいくつかの大学のスペイン語科の学生さん達が『ロルカ没後50年三大悲劇上演』を企画。その代表を務められていたのが佐野さんだった。私にはロルカにちなむ歌曲を歌ってほしい、とのこと。打ち合わせのため、どこかの喫茶店でメンバーの方々とお会いした。リーダー佐野さんの存在感は格別だった。ロルカ上演への熱い意欲、スペイン語との親しさ、若い仲間の絆…。久しく忘れていた何かが蘇るような、とても懐かしい、とても楽しい時間だった。

時が流れた。『フジタの白鳥』は、佐野さんの絶筆になった。知らせてくれたのは、昨年偶然再会した「86年ロルカ組」のメンバーの女性だ。偶然中の偶然、というのも奇妙な表現だが、彼女との再会は、思わずそう書きたくなるほど、不思議な偶然だった。

本を手にした時、フジタの白鳥、ならぬ、白鳥になった佐野さんが、ふわりと舞い降りたような気がした。佐野さん、素敵な想い出をありがとう。どうぞ安らかに。

『ロルカ没後50年三大悲劇上演』パンフレット 
1986年5月7日~10日@板橋区立文化会館
e0172134_0471020.jpg

[PR]

# by Megumi_Tani | 2017-02-26 00:54 | 本の窓 | Comments(0)