魂の絵を描く~パコ・デ・ルシア   

パコ・デ・ルシアが急逝した。心臓発作。まだ66歳。寂しい。
e0172134_2339564.jpg

もう三十年以上も前、FM大阪から流れてきた『Friday Night in San Francisco』を聴いたときの衝撃!まだスペイン歌曲に出会う前のことだ。『スーパー・ギター・トリオ』 
e0172134_23405283.jpg

そう、Zyryabなんて奇妙な言葉に、意味も分からず心魅かれたのも、パコのCDだった。
『Zyryabと空海』

愛する楽器ギターを駆使し、己の魂の絵を描き続けた偉大な芸術家、パコ・デ・ルシア。
ジャンルの枠を軽やかに飛び越え、粋に、鮮やかに、スペインを「魅せて」くれた。

ギタリストはギターで、アスリートはスポーツで、画家は絵筆で、シェフは料理で、作家はペンで、華道家は生け花で、ファッションデザイナーは洋服で、ピアニストはピアノで、チェロ弾きはチェロで、陶芸家は焼き物で、歌い手は歌で…etc。己の魂の絵を描く。どうしても描かずにはいられない絵を描く。その絵を真摯に探求し、その絵をこの世に具現化すべく、真摯に努力、格闘する。それが芸術家。純粋に、嘘なく。だから人の心に響く。

その「絵」を支持する人もいる。支持しない人もいる。まぁそれは仕方がない。その「絵」が彼や彼女にとって唯一無二の絵なのだから。その「絵」を描くために生まれてきたのだから。

『Friday Night in San Francisco』 より 『地中海の舞踏』


私達に、たくさんの色鮮やかな「魂の絵」を残してくれたパコ。
ありがとう。
[PR]

by Megumi_Tani | 2014-02-28 00:01 | スペイン音楽 | Comments(0)

<< 『Friday Night i... 『カザルスと国際政治』 >>