30周年エピローグ 1   

リサイタルが終わって一週間。メール、お手紙、FBメッセージ等々で、たくさんのご感想をお寄せいただいています。まだお返事出来ていない方、ごめんなさい。当日のアンケートのひとつひとつにも目を通させていただきました。終演後の慌ただしい時間に大急ぎで書いてくださったご感想は、貴重なナマの声です。人気曲のご紹介は日をあらためて♪♫♪

今回は早々にチケットが売り切れ、来たくても来られない方が続出しました。何とも申し訳ないことでした。次の機会にはぜひ!

毎回必ず来てくださるご常連のお客様、そのお客様のお友達でファンになってくださった方、HP、ブログ、「ぴあクラシック」等々を見て初めて来てくださった方、3月「カタルーニャの食と音楽を味わう会」でまだチラシもないのにチケットをご購入くださった方、「毎日メディアカフェ」でスペイン歌曲に興味を持ってくださった方、つい先日までバルセロナに住んでいらしたというご婦人、素敵なママになった教え子たち、滑り込みセーフでチケットをゲットされた方、私を驚かせようと、黙って上京し、最前列真ん中の席で笑顔で手を振ってくれた札幌の友人夫婦etc,etc。客席にはお客様ひとりひとりのドラマが潜んでいます。

一方で、この夏から秋にかけて、30年間ずっと応援してくださっていた方が次々と天国に旅立たれました。数年ぶりのご来聴をとても楽しみにしていたのに、当日急病で来られなかった方もいます。Hakujuホールの高く美しい天井に、お姿のない方々の笑顔が見えるようでした。

函館から朝一番で届いたサプライズの可愛い花かご、「クラベリートス」に寄せて贈られた真っ赤なカーネーションの花束…。

バックステージでは、心強いスタッフ、頼もしい友人が支えてくれていました。彼らの温かいサポート無くして公演の成功はありえません。

そんなあの人もこの人も、関わる人すべての心がスペインの歌でひとつに結ばれたような、素敵な時間でした。いつものリサイタルにも増してそんな幸せを感じました。Muchísimas gracias!
e0172134_0335527.jpg

e0172134_035398.jpg

e0172134_037269.jpg

                                  ⓒ藤本史昭
[PR]

by Megumi_Tani | 2015-10-24 00:38 | リサイタル | Comments(0)

<< 30周年エピローグ 2 終演御礼 >>