『プラテーロとわたし』   

師走とは思えないポカポカ陽気の午後、南青山のギャラリーに出かけた。華やかな表参道、青山通りを一歩入ると、街は急に閑静なたたずまいに変わる。目指すは『イシイタカシ情景画家展』最終日にやっと駆けこんだ。

石井先生との出会いは1987年に遡る。ある日偶然、本屋さんで、出版されたばかりの詩画集『プラテーロとわたし』を見つけた。J.R.ヒメネスの名高い詩『プラテーロとわたし』にほのぼのとした絵と日本語訳が添えられている。どこまでも続く山並み、教会の鐘、夜空の月、小さなロバ、優しく心丈夫な人々…。情熱の国!だけではない、素朴で温かいスペインが淡々と描き出されていた。いいなぁ…。購入した。
e0172134_2152134.jpg

翌1988年、CD『プラテーロとわたし』の中の「子守歌」を歌う話が舞い込んだ。いろいろと課題があったが、上記『プラテーロとわたし』の絵がCDの表紙絵・挿絵に使われると聞いて心が動き、お受けした。

時は流れて今年、2015年。ある日偶然、Facebookで石井先生のお名前に遭遇した。アッ!記憶の彼方に消え去っていたCD『プラテーロとわたし』のこと、そしてそれよりもっと前の詩画集との出会いが蘇った。さっそくFBで繋がり、「あの子守歌の谷めぐみです」とお伝えすると、先生も驚かれていた。

そしてこの度の個展開催。実に28年の時を経て、初めて石井先生ご本人にお目にかかることが出来た。ギャラリーいっぱいに展示された作品。大いなる自然に抱かれた、ちっぽけな、でも、たくましい人間の姿が描かれている。個展最終日、搬出の作業が始まるギリギリまで、スペインよもやま話に花が咲いた。偶然に偶然が重なって訪れた嬉しい出会いの時間だった。 

画集『LA FELICIDAD DE CADA DÍA』~絵、タイトル、メッセージが心に響きます。タイトルのスペイン語訳が素晴らしい! HPはこちら ⇒ 『イシイタカシの情景美術館
e0172134_21493886.jpg

このCD、今はもう手に入らない。ところがFBで話題が出ると、「僕、持っています」「以前ヤフオクで手に入れました」などと書き込む方が現れた。さすがSNS!びっくり!
e0172134_21501174.jpg


[PR]

by Megumi_Tani | 2015-12-03 21:52 | スペイン音楽 | Comments(2)

Commented by 野々山久夫 at 2015-12-04 01:53 x
私も同じような経緯を経て、この店をやってます。
もちろん、CDに歌声が入ってる、など大それたことはできませんが、本とCDの購入、夢中になって読んだり聞いたりしてから、店を作る構想を練るまで、25年ぐらいはあったでしょうか。おかげさまで、「スペイン料理プラテロ」、もうすぐ8年になります。
石井先生、ありがとうございます。
Commented by Megumi Tani at 2015-12-04 18:55 x
野々山様
そうでしたか!ヒメネスの詩が絵と音楽とお料理のコラボを実現してくれましたね。時空を越えて、プラテーロが微笑んでいる気がします。いつか「スペイン料理プラテロ」にうかがってみたいです。

<< Hasta la vista! スペイン歌曲を語る@銀座 >>