¡Feliz Navidad!2015   

日西翻訳通訳研究塾で開講されている第7回 教養講座 「RTVEで追うスペインの民主化 」、年内最後の講義が終了した。

今回の講座は、スペインで実際に制作されたドキュメンタリー映像を見ながら塾頭先生が解説、講義してくださる。このドキュメンタリーが興味深い。当時のお宝的あるいは衝撃的ニュース映像、政界の大物たちへのインタビュー、時代を映したテレビ番組、コマーシャル、流行していた歌、街の人々の声etc。極めて貴重な、しかし、ある意味種々雑多な内容が、あまり整理整頓されることなくギュッと詰め込まれている。この混沌さ加減が親近感を誘う。そもそもこんな番組を作ってしまうところがスペインだなぁ、と、感心する。

新しい時代のシンボルといわれた歌手Cecilia。人気絶頂だった1976年、交通事故で急死した。
シンプルな歌詞が、実はなかなか意味深い。


さて数日前、駅前で偶然、知人を見かけた。「Hさん!」と呼びかけようとして思わず声を飲み込んだ。彼女が思いつめた様子で一点を見つめていたからだ。視線の先にあるのは、年末ジャンボ宝くじ売り場。買おうか買うまいか、あるいは、買うなら何枚にしようか、きっと考えているのだ。これまで見たことのない彼女の真剣なまなざし。とても声などかけられない。そっとその場を離れた。私自身は、そういうくじ運はゼロなので、買おうと考えたこともない。でもどうなのだろう?買わなければ当たる確率も発生しないわけだから、買おう!と考える方がより積極的生き方なのかしら???

2015クリスマスくじ物語~Jusutinoは、マネキン工場で働いています。


こちらは可愛い当選番号発表


そんなこんなで、今年も暮れていきます。残すところあと1週間。どうぞ皆様、穏やかな年の瀬をお過ごしください。¡Feliz Navidad!


[PR]

by Megumi_Tani | 2015-12-24 00:42 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

<< 満月のクリスマス ポルボロンとアヴェ・マリア >>