『天国の囚人』   

内戦前後のバルセロナを舞台にした歴史エンターテイメント小説。『風の影』 『天使のゲーム』に続くシリーズで、最終的には、未発表の作品と併せ、4部作になるらしい。

『風の影』で少年だった主人公ダニエルは、美しい妻をもつ青年になっている。例によって、謎の人物が現れ、親友フェルミンの秘められた過去が歴史の暗部とともに明かされていく。時系列が行ったり来たりするややこしさは『風の影』と同じだが、それもまた著者の巧妙な演出であることに気付かされる。ダニエルとフェルミンを取り巻く人々が複雑に絡み合い、ストーリーは二転、三転。時に歴史小説、時にサスペンス、時にラブロマンス、時に生きる格言集…?随所にちりばめられた街の風情、通りやバル、レストラン、ブティックetc, が実名で登場するのも、バルセロナファンには嬉しいところ。挿絵などひとつもない文庫版だが、まさに「劇画」の味わいだ。
e0172134_1221421.jpg

『スペイン語の歌のクラス』セルバンテス文化センター ご受講受付中060.gif
詳細はこちら ⇒ 『スペイン語の歌のクラス

   
[PR]

by Megumi_Tani | 2016-05-12 12:39 | 本の窓 | Comments(0)

<< 始まります♫♫ セルバンテス文化センター講座:... >>