オペラ・ブック・カフェ   

オペラ・キュレーター井内美香さん主催〈オペラ・ブック・カフェ〉にお邪魔した。井内さんとは、昨年暮れ〈カルメン勉強会〉でお目にかかったのがご縁。「スペインで何か面白い本はありませんか?オペラと関係なくても構いません」と、お誘いいただき、本好きの虫がウズウズ。無理やり時間を空け、参加させていただくことにした。

出席者各々が自分のお気に入りの本、お薦めの本1冊について自由に語る会。オペラ、クラシック音楽全般、オペラ日めくり事典から音楽家裏話、精神分析、ギリシャ神話、村上春樹まで、登場する本は様々。熱のこもった解説を含めてのご紹介はとても興味深い。オペラ原作本を読むお薦めも。本の話題の合間には、会を共催されている坂元勇仁氏の質問を通して、オペラ公演の舞台裏など、普段は聞けない話もあれこれ。オペラでもリサイタルでも、裏を固めるスタッフの強力なサポート無しに公演の成功はありえないことを、あらためて実感。 
e0172134_13230901.jpg

11月のリサイタルをご案内くださったので、オペラ《カルメン》のハバネラ〈恋は野の鳥〉と〈エル・アレグリート〉にまつわるエピソードを再度ご紹介させていただいた。
さすがオペラ通の皆様!〈エル・アレグリート〉に興味津々。《カルメン》といえば、先日ビクトリア・デ・ロス・アンへレスの復刻新盤が出たばかり。〈エル・アレグリート〉のおかげで、長年遠い親戚のように感じていたカルメンが、ごく親しい従妹?従姉?のような存在に変わった。秋に歌うのが楽しみ♫ オペラ好きの方々の中にも「スペイン歌曲をぜひ聴いてみたいです」「モンポウ、大好き!」と仰る方がいらっしゃったのは嬉しい限り。これを機に、ぜひスペインの魅力にも触れていただきたい。

第26回リサイタル
スペイン浪漫Ⅲ~グラナドス生誕150年、モンポウ没後30年に捧ぐ
2017年11月19日午後2時開演@Hakuju Hall(代々木八幡)
ご来聴をおまちしています♪

さて、リクエストにお応えして?私がご紹介した、オペラとも音楽とも関係のない本は,
イルデフォンソ・ファルコネス著〈海のカテドラル〉
中世バルセロナを舞台にした歴史エンターテイメント小説。バルセロナ・ファン必読の書!「ダウントン・アビー」風にドラマ化したら、きっと面白いのになぁ。。。
e0172134_13240450.jpg


[PR]

by Megumi_Tani | 2017-07-16 21:15 | 本の窓 | Comments(0)

<< 海のマリアちゃん グラナドスの合唱曲〈星の歌〉 >>