カテゴリ:ビバ!エスパーニャ!( 75 )   

2017秋、切なる祈り   

東京は台風接近中。朝から断続的に大雨が降り続いている。よりによってこの悪天候下の選挙投票日。昨日の期日前投票には長い列が出来ていたそうだ。

そして、スペインでは、カタルーニャが揺れに揺れている。事態は収束どころか、より対立が激化。刻々と変わる情勢に緊張が続いている。日本でも、カタルーニャにご縁のあった人は皆、胸を痛めているだろう。『カタルーニャ独立派が大規模デモ

スペインは複雑な国だ。いつの時代にも、広く人々の間で、スペイン人とは?カタルーニャ人とは?の問いかけがなされてきた。『1119♪ カタルーニャの歌たち

音楽家も例外ではない。グラナドスは書簡のなかで、『ある人は「君はスペイン人なのだから、もっとスペインらしい曲を書け」と言い、ある人は「君はカタルーニャ人なのだから、もっとカタルーニャらしい曲をかけ」と言う。腹立たしい。スペインでもカタルーニャでもない。私の音楽は私自身の中から生まれるのだ』と、書き残している。実際、今年リサイタルで歌う曲のうち、〈悲しみにくれるマハⅡ・Ⅲ〉は、マドリードの下町の粋な女性の歌、〈ヒターノの唄〉はアンダルシア風のリズムと旋律、そして〈愛の歌〉は世紀末カタルーニャをイメージさせる作品、と、グラナドスの作風は多彩だ。

「貴方の音楽はカタルーニャ的ではないが?」とインタビューアーに問われたモンポウ は、「違う。私のカタルーニャ的特性は、すでに新しいものに進化しているのだ」と答えた。たしかに名歌〈君の上には花ばかり〉や〈〉は、カタルーニャうんぬんを超越したもっと普遍的な美に到達している。そして、モンポウが深く心の拠りどころにしたのは、16世紀スペインの神秘主義の巨人、十字架のヨハネの世界だった。〈魂の歌

国連で「カタルーニャの鳥はピース、ピースと啼くのです」と語り〈鳥の歌 〉を奏でたカザルスも、少年時代には、スペイン王室の庇護のもとで音楽を学んだ。スペイン共和政府下ではマドリードの名誉市民にもなっている。内戦勃発後はフランスに亡命。フランコ政権の独裁に断固抗議し、終生反ファシズムを貫いた。カザルスが故郷の聖地モンセラートの修道院聖歌隊に捧げた曲は、カタルーニャ語が禁止されていた時代も、今も、大切に歌われてる。



長い歴史の中で、真剣に、愚直に、時に命をかけた問いを繰り返し、道を見出してきたスペイン、カタルーニャ、そして愛するバルセロナ。2017年の今、平和裏に、賢明に、再び道が見い出されることを、切に、切に、祈る。

第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!

90年代バルセロナ


こんな明るいカタルーニャ・ルンバがまた流れる日を。。。。。



[PR]

by Megumi_Tani | 2017-10-22 21:23 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

もう大丈夫   

バルセロナの友人からメールが入った。「恐ろしい出来事でした。でも世界中に励ましてもらって、私達、すっかり元気になりました。みんな、いつも通り。街もバルもにぎやかよ。もう大丈夫。メグミ、安心してね」

そう、この前を向く強さ、今を生きる逞しさ、そして、どこか底抜けの解放性…。
大好きなバルセロナがますます好きになりました。
Visca! Barcelona!No tinc por - 私は恐れない!
e0172134_23074816.jpg
こうなると、私もションボリしてはいられません。
8月30日(水)開催、毎日メディアカフェ『歌曲でめぐる芸術の街バルセロナ』
ゆかりの歌曲とともに、魅惑の街を存分にご紹介させていただきます。
入場無料。要お申込み。
ご来場をお待ちしています!

8月26日に行われたテロに反対するデモ「No tinc por - 私は恐れない」
最後に舞台で「鳥の歌」が演奏されています。

2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!


[PR]

by Megumi_Tani | 2017-08-24 23:22 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

Visca! Barcelona!   

8月17日深夜、ふとフェイスブックを開くと、いきなり緊迫したライブ映像が目に飛び込んできた。スペイン、しかもバルセロナ、しかもあの見慣れたランブラス通り…。異様な静寂、建物の陰に隠れる人々、キャスターが引きつった顔で「ミニバンが突っ込んだ」と、伝えている。

翌朝、起きると、「スペイン第二の都市バルセロナでテロ」のニュースが一斉に流れていた。繰り返し映し出されるランブラス通り。親しく懐かしい街をこんなニュースで何度も何度も視なければならない悲しさ。

「バルセロナがやられた」夜中のうちに、現地の友人からメールが入っていた。親友からは「大丈夫!みんな無事です!」の知らせ。よかった。カタルーニャ広場から真っ直ぐに続くランブラス通り。いつも観光客であふれているが、地元の人も、いつだれが歩いていてもおかしくない場所なのだ。

しばらくすると、親友から2通目のメールが入った。「安心してください。少し落ち着いてきた今、心温まる話が続々と伝えられています。五つ星のホテルの会長がランブラス通りのホテルに帰れなくなった旅行者たちに無料で自分のホテルを提供したり、タクシー協会が無料で怪我人を運んだり…。以前にも増して、私はバルセロナが好きです!」ふいに涙が溢れた。

18日、カタルーニャ広場で開かれた追悼集会では、長い黙祷のあと、広場を埋め尽くした人々が「私達は恐れない!」と高く声をあげていた。一斉に手拍子をしながら、ランブラス通りを歩く人々の姿もあった。愛しいバルセロナ。頑張れバルセロナ。

e0172134_23521828.jpg









[PR]

by Megumi_Tani | 2017-08-19 00:04 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

海のマリアちゃん   

知人の紹介?で、突然、とある母娘のご訪問を受けた。バルセロナ近郊在住、日本への里帰りを終えて間もなく帰国されるという。私がスペイン歌曲を歌っていると知り、嬉しいことに!わざわざ会いに来てくださったのだ。お母さんの隣りには、音楽院でピアノを勉強しているという娘さんがニコニコして立っている。ピアノはピアノでも伴奏が大好き、とのこと。「歌はね、伴奏が上手いと、100万倍上手に歌えるの。ガンバってね!」と、力を込めてエールを送った。こんなに若い時からアンサンブルが好きとは頼もしい。

「11月に日本にいれば、何が何でもリサイタルをお聴きしたいのに…。残念です」と、お母さん。そういえば、昨年のリサイタル終演後、見ず知らずの女性から声をかけられた。バルセロナで長く暮らして帰国。日本での暮らしは落ち着いたけれど、バルセロナが恋しくて仕方がない。何か、何か、、、と情報を探しているうちに、私のリサイタルを見つけられたとのこと。「今日は聴かせていただいて本当によかったです」満面の笑みを浮かべて仰る言葉を聞き、私も嬉しくなった。

昨夜は、日本・カタルーニャ友好親善協会のテルトゥーリアに参加した。吉祥寺のスペイン料理店ドス・ガトスのオーナーシェフ、高森敏明さんの講演の後、カバとワインとお料理でワイワイガヤガヤ。会の名称の通り、このイベントに集まる人はカタルーニャ好き、バルセロナ好きが多い。外国とご縁が出来る際、それがどの国になるか。スペインの場合は特に、スペインのどの街と、どの地方とご縁が出来るか、によって、まるで様相が変わってくる。「偶然はありません。あなたが私達の国に来たのは必然だったのです」と、昨夜初めてお目にかかった紳士は、どこかの国の人に言われたそうだ。

さて、突然訪ねて来てくれたお母さんと娘さん。別れ際に、娘さんのお名前を聞いた。
「マリア・デル・マールです」
「え?マリア・デル・マールって…。知っている?あの…」
「はい!あの教会、あの本ですよね。分厚くて日本には持ってこられなかったけれど、夢中で読んでいます」
驚いた。つい二日前、オペラ・ブック・カフェで、その分厚い本、〈海のカテドラル〉をご紹介したばかり。ピアノ好きの可愛いお嬢さんのお名前は、その小説の舞台、海の聖母教会~サンタ・マリア・デル・マールに由来するマリア・デル・マール~海のマリアちゃん、だったのだ。

蒸し暑い日本の風に紛れて、かすかに、でも、確かに、バルセロナの風が吹いている。
五感を研ぎ澄ませて、佳い歌を歌いたい。

第26回リサイタル
スペイン浪漫Ⅲ~グラナドス生誕150年、モンポウ没後30年に捧ぐ
2017年11月19日午後2時開演@Hakuju Hall(代々木八幡)
ご来聴をおまちしています♪

海の聖母教会


[PR]

by Megumi_Tani | 2017-07-19 23:41 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

18世紀~ゴヤの時代   

日西翻訳通訳研究塾にて教養講座『スペイン史ma専科』第9回を受講した。ガラガラと崩壊の足音が聞こえ始めた前回18世紀前半に続き、今回は18世紀後半がテーマだ。

まず、近代スペイン生みの親として、今もスペイン人に敬愛されているカルロス3世登場。この王様は、啓蒙専制君主として、マドリードをはじめ各地のインフラを整備し、植民地政府内の腐敗を正し、スペインの近代化を推し進めた。

1787年、フランス革命勃発。スペインではカルロス3世が没し、次男カルロス4世が即位した。カルロス4世の妻が、スペイン史上最悪の女性?の異名をとるマリア・ルイサ・デ・ボルボン=パルマだ。彼女は夫を完全に支配し、14人の子供を産み、寵臣ゴドイと組んで権勢をふるった。わずか25歳の若さで宰相に就任したゴドイ。何が本当で何が嘘か分からない闇の時代…。

この情けない王様?カルロス4世に見出され、宮廷画家になったのがゴヤだ。


ゴヤは、今で言う報道カメラマンの役割を担い、カルロス4世~フェルナンド7世の時代のスペインを絵筆で記していった。


さて、ここからは講義の外のお話。
ゴヤ、の名が出ると、素通りできない。上記の通り、ゴヤは歴史的、政治的に貴重な作品を残しているが、彼が描いたのはそれだけではない。沢山の美しく粋な女:マハの絵姿がある。
e0172134_23062452.jpg
ゴヤが描いたマハに心奪われ、マハと伊達男マホの恋に胸ときめかせ、男女のほの暗い運命を音で描き、あたかもその運命に飲み込まれたかのごとく、英仏海峡に消えた人…グラナドス。グラナドスの遺作となったオペラ《Goyescas》は、スペルからも分かるように《ゴヤ風に》の意。代表的歌曲集《Tonadillas~昔風の粋な歌曲集》では、マハとマホの恋物語が、ショート・ストーリー風に綴られている。

今秋リサイタルでは、《Tonadillas~昔風の粋な歌曲集》の中から〈La maja dolorosa~悲しみにくれるマハ〉を演奏する。アンケートでいつも沢山のリクエストをいただく人気曲だ。歌っても、歌っても、歌うごとに悲しみが胸に迫る。大切に歌いたい。

第26回リサイタル
スペイン浪漫Ⅲ~E.グラナドス生誕150年、F.モンポウ没後30年に捧ぐ
2017年11月19日午後2時開演@Hakuju Hall(代々木八幡)
ご来聴をおまちしています♪

ゴヤが描いたマハの絵姿
~グラナドス《ゴイエスカス》より〈嘆き、または、マハと夜鶯〉










[PR]

by Megumi_Tani | 2017-06-27 23:16 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

タパスで一杯!   

このブログでもお馴染みのスペイン料理店ドスガトスが新しいメニューを始めました。
平日夜、仕事帰りに、上質のタパスとワインでお疲れを癒していただこう、という企画、名付けて「猫呑みセット」です。猫呑み??これは、店名:ドスガトス(二匹の猫)由来。シェフは無類の猫好きです(^^) 夜遅くにコース料理はちょっと重いかな、、、という方にお薦め。気軽に美味しいワインとタパスが楽しめます。
吉祥寺ドスガトス
e0172134_23371933.jpg
e0172134_23384243.jpg


e0172134_23381427.jpg

e0172134_23391756.jpg
他にも、ア・ラ・カルト、あれこれあります。こちらはムール貝のお料理
e0172134_23394284.jpg
パエリャとcamareroのダニエル君
e0172134_23400768.jpg


[PR]

by Megumi_Tani | 2017-06-15 00:00 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

18世紀~外タレ時代   

日西翻訳通訳研究塾にて教養講座『スペイン史ma専科』8回を受講した。今回からいよいよ18世紀。いよいよ、と言うべきか、遂に、と言うべきか…。


カルロス2世には嗣子がなかった。自らの死後を案じた王は、フランス国王ルイ14世に相談をもちかける。ハプスブルグ家のカルロス2世がボルボン家のルイ14世に相談。結果的に、ここでひとつ潮目が変わった。カルロス2世は自ら、スペインにおけるハプスブルグ家終焉の道筋をつけてしまったことになる。

太陽王ルイ14世は、スペインの王位継承者として、孫フィリップ・ドゥ・アンジューを指名。そうなると、ハプスブルグ家も黙っていない。神聖ローマ皇帝レオポルト1世は次男カール大公を擁立する。更に、スペインとフランスが手を組み強大化することを危惧したイギリスとオランダが宣戦布告し、ヨーロッパはスペイン王位継承戦争(17011714)に陥る。1713年、ユトレヒト条約が締結され戦いは収束するが、スペインはこの条約によって、富の権限、領土など、多くのものを失った。

17
歳の若者、フィリップ・ドゥ・アンジューは、1701年、フェリーペ5世としてマドリードに入城している。1746年、63歳で亡くなるまで、スペイン史上最長の46年間、国王の地位にあった。フェリーペ5世没後は、息子フェルナンド6世が即位。有能な家臣に恵まれ、政治面、文化面で成果を上げたが、妻、バルバラ・デ・ブラガンサの死を嘆き、悲しみのあまり精神を病み、1759年、43歳の若さで死去。異母弟であるカルロス3世が王位を継承した。

さて、ここからは、当時の音楽のお話。
カルロス3世の時代に、皆様よくご存知のイタリア人チェリスト、ルイジ・ボッケーリニが登場する。彼はたまたま訪れたマドリードが気に入り定住、チェリスト、作曲家、指揮者として活躍した。一代前のフェルナンド6世の時代には、鍵盤楽器の父として名高いドメニコ・スカルラッティがポルトガルからやって来た。彼は、ポルトガルのお姫様だったバルバラ・デ・ブラガンサの音楽教師であり、彼女がフェルナンド6世に嫁ぐ際、ともにスペイン入りした。スカルラッティの多くの作品はスペインで書かれている。

歌はどうだろう?この時代、サルスエラ・アレグレやトナディーリャなど、スペインならではの舞台音楽が生まれてはいたが、そもそも、フェリーペ5世はフランスから来た王様だ。最初の妃マリア・ルイサはサヴォイ出身、2番目の妃はイタリア出身。彼らにとって、舞台音楽といえばイタリア・オペラ!!スペイン生まれの作品になど目もくれず、劇場は絢爛豪華なイタリア・オペラ一色に染まった。そこに登場するのが、イタリア人カストラート歌手、ファリネッリだ。マドリードでフェリーペ5世お抱えの歌手になった彼は、その歌声で王の無気力症を治し、王室に重用され、要職に就き、スペインにおけるイタリア趣味台頭を牽引した。

かつての栄光が、ガタガタと音を立てて崩れ落ちる18世紀スペイン。ボッケリーニ、スカルラッティ、ファリネッリ…。音楽もまたすっかり外タレ時代の感がある。哀しいかな。

映画『ファリネッリ』より



『魅惑のスペイン歌曲Ⅲ』
●6月9日、23日(いずれも金曜日)19:00~20:30
●参加費(2回セット):6,000円
詳細はこちらをどうぞ 
⇒ セルバンテス文化センター春期講座



[PR]

by Megumi_Tani | 2017-06-01 00:48 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

黄金世紀の衰退   

日西翻訳通訳研究塾にて開催中の教養講座『スペイン史ma専科』8回を受講した。

今回のテーマは「La decadencia en el Sigro de Oro~黄金世紀の衰退」フェリーペ3世からフェリーペ4世、そしてハプスブルグ家最後の王カルロス2世の時代だ。


「太陽の沈まない帝国」の名をほしいままにした黄金世紀のスペイン。地球規模の支配権を確立し、人類史上初のグローバル化を成し遂げた。セルバンテス、ベラスケス、音楽ではビクトリアに代表される宗教音楽、「王宮の歌曲集」「ウプサラの歌曲集」等の世俗歌曲、スペイン独自の発展をみせたオルガン、隆盛を極め忽然と姿を消した謎の楽器ビウエラ…。芸術の面でもまさに百花繚乱、誇り高き黄金の時代だ。


しかし、あまりにも極端な「一強多弱」が反発を買う。イギリスとオランダが打倒スペインで手を組み、ヨーロッパではスペインに関する様々に歪曲された黒伝説が流布。国内では寵臣政治がはびこり、財政が悪化。イサベル女王の時代から脈々と続く厳格なカトリックの精神は極端に突き詰められ、ついに30万人ものイスラム教徒、ユダヤ教徒を国外に追放するに至る。三つの宗教がともに生き、ともに栄えた、あの美しい時代はどこへ消えてしまったのだろう。

追放されたユダヤ人:セファルディーの歌


商業と生産業の重要な担い手を失ったスペインの経済は、ますます疲弊する。膨れ上がる借金、たび重なる国家破産宣言…。崩壊への足音はひたひたと忍び寄っていた。17世紀の締めくくり、ハプスブルグ家最後の王カルロス2世は、あたかも次なる時代を予感させるかのような悲惨な生涯を送る。


Decadencia~衰退」とは、哀しい言葉だ。ふとみれば、「衰」と「哀」は字面が似ている。

e0172134_22111379.jpg
ハプスブルグ家最後の王カルロス2世

                                                     

  


[PR]

by Megumi_Tani | 2017-04-27 22:25 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

ミツバチのささやき / エル・スール   

ビクトル・エリセ監督『ミツバチのささやき』『 エル・スール』のデジタルリマスター版が劇場初公開されている。

ミツバチのささやき』は、とある小さな村で暮らす幼い姉妹と両親の物語。主人公の少女をはじめ、登場人物ひとりひとりの心の迷宮が、静かに、丁寧に描かれていく。原題は『El espíritu de la colmena~ミツバチの精霊』。フランコ政権下で制作、沈黙のメッセージが込められた、といわれる作品だ。



エル・スール』の「スール~sur」とは「南」の意。心に秘密を潜めた家族の年月が、娘の語りで明かされていく。家族が住む「北」と父のルーツであるらしい「南」、父と父を大好きな娘の葛藤、母の苦しみ、父の乳母が語る内戦前と内戦後の矛盾、相克…。

音楽も耳を惹きつける。「南」のテーマとして、グラナドス『スペイン舞曲第5番アンダルーサ』が繰り返し流れ、父がカフェで秘密の手紙を書く場面では、同じくグラナドス『オリエンタル』が響く。カフェの店名が「オリエンタル」という設定だ。初聖体拝受式後の宴で、父と娘がパソ・ドブレを踊る。同じパソ・ドブレが父と娘の最後の別れの場面でも象徴的に使われている。そうそう、ホテルの結婚式では、「ラ・クンパルシータ」も聞こえていた。

そして、主人公エストレリャの小さな星形の指輪。「エストレリャ~Estrella」とは「星」の意。「私はエストレリャよ」星形の指輪は、そんな少女の強い意思にも感じられる。

初聖体拝受式の後、父と娘がパソ・ドブレを踊る場面


「南」のテーマ「スペイン舞曲第5番アンダルーサ」


とにかく映像が美しい。ひとつひとつの場面があたかも柔らかく繊細な絵画のよう。全体を深く支配する漆黒の闇、沈黙、秘密、哀しみ、悼み…。いつの間にか、こちらも迷宮に誘い込まれてしまいます。

3月25日に公開されたばかり。昔ご覧になった方も、もう一度いかがですか?
ユーロスペース
e0172134_23583070.jpg

[PR]

by Megumi_Tani | 2017-03-31 00:00 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

フェリーぺⅡ世の時代   

日西翻訳通訳研究塾にて開催の教養講座『スペイン史ma専科』第6回を受講した。
今回のテーマは、フェリーペⅡ世の時代。16世紀、いわゆる黄金世紀のスペインだ。

フェリーペⅡ世は生涯に4回結婚している。王妃がお産で命を落とし、やむなく次の王妃を迎え入れる。その王妃がまたお産で命を落とし、再び王妃を迎え入れる…。その繰り返しだ。信仰深く、人格者であったフェリーペⅡ世は、どの結婚でも、王妃を大切に愛した。

しかし、その結婚諸々に絡む姻戚関係が、どうしようもなくややこしい。誰かが誰かに嫁ぎ、その子が誰で、その誰かの妹がどこかへ嫁に行って産んだ子が誰で、その誰かが成長して誰かの嫁になり…。ハァ、頭がジーンと痺れて来る。そう、昔、この蜘蛛の糸のごとく絡み合う相関図を覚えるのが面倒で、世界史嫌いになったのだ 008.gif

あの『ドン・キホーテ』のミゲル・デ・セルバンテス、神秘主義・神秘文学者の聖女テレサ、十字架のヨハネ、画家エル・グレコ…。黄金世紀スペインには輝かしい文化が花開いた。音楽も例外ではない。宗教音楽の作曲に生涯を捧げたトマス・ルイス・デ・ビクトリア、『ウプサラの歌曲集』ほかの世俗歌曲、独自の発展を遂げたオルガン、7人衆で知られるビウエラ…。村人の歌:ビリャンシーコ、ビリャンシーコを採り入れた村人劇、物語り歌、恋の歌、日常の人情の機微を折り込んだ歌等々、庶民の歌も大いに発達した。

太陽の沈まない帝国スペイン、黄金世紀スペイン、燦然と輝く世界の超大国スペイン。
実はすぐ後に、次なる時代が息を詰めて待ち構えているのだけれど…。

『ウプサラの歌曲集』より「何で洗いましょう?」


フェリーペⅡ世の命によって建造されたエル・エスコリアル修道院(宮殿)

[PR]

by Megumi_Tani | 2017-03-09 00:16 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)