カテゴリ:ビバ!エスパーニャ!( 75 )   

フアナは loca だったのか?   

日西翻訳通訳研究塾にて開催の教養講座『スペイン史ma専科』第5回を受講した。古代アルタミラの洞窟から、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教の人々の共存共栄の時代、レコンキスタと称される時代、イサベルとフェルナンド、カトリック両王の時代、コロンブスの新大陸到達を経て、いよいよ「スペイン」が動き出す。

この時代のキーパーソンは、何といっても狂女王フアナ「Juana la Loca」だ。カトリック両王の次女として生まれ、17歳の時、神聖ローマ皇帝の長男であるハプスブルグ家のフェリペと結婚。美公の誉れ高きフェリペに、フアナはひと目で魂を奪われる。ところが、イケメン・フェリペは気が多く、あちらでもこちらでもモテモテだ。嫉妬、疑い、不安、寂しさ、そして何より、燃え上がる情熱、逃れられぬ愛着…。フアナはやがて正気を失ってしまう。愛するフェリペの子ども6人を産み、夫の死後、父王フェルナンドによって幽閉され、実に40年以上の年月を生き、満75歳で亡くなった。

恋に狂う女心。このストーリーは、ある意味ロマンティックで分かりやすい。夫フェリペの死後、彼の棺を引きずって荒野を彷徨った等々、奇行伝説が数多く残されている。しかしその一方で、幽閉の身ながら最後まで退位を拒み、ここぞ!という時には、息子であるカルロスⅠ世の統治を助けるべく行動した、という記録もある。息子との関係も良好だ。母思いの息子は、母の死後わずか2年でこの世を厭い、隠遁してしまう…。

そういえば、2008年の大河ドラマ『篤姫』では、堺雅人演じる徳川家定が「うつけ」のふりをしていた。またまたそういえば、スペインの前国王フアン・カルロスも、フランコ時代には「うつけ」の噂があった、と、どこかで読んだことがある。決して己の意思を示さず、常にフランコの後ろに突っ立っているだけだったから、と。しかしそのフアン・カルロス国王が、奇跡の民主化を成し遂げた。

どこまでが正気でどこからが狂気か???あるいは、どこまでかが正真正銘の狂気で、どこからかは狂気の振りだったのか???五百数十年の時を越えて、謎は深まるばかり…。

思えば、自分ってちょっと変…と怖くなること、私達でもありますものね025.gif

映画『Juana la Loca』

[PR]

by Megumi_Tani | 2017-01-31 00:20 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

東方の三賢王の日   

1月6日は「三賢王の日」です。東方から三人の賢王(メルキオール、バルタザール、カスパール) がベツレヘムにやって来て、お生まれになったばかりのイエス様に会い、乳香、没薬、黄金を捧げた日と言われます。
e0172134_20163724.jpg



前日1月5日の夜には、前夜祭として、スペイン各地で三賢王のパレードが行われます。子ども達にキャンディーが撒かれ、街中大興奮!大賑わい!今年2017年の様子がアップされていました。

バルセロナ


サラマンカ


マドリ―


セビリャ



この時期に食べるのが「ロスコン・デ・レジェス~王様の冠」  ⇒ e0172134_2016281.jpg
真ん丸で真ん中に穴が開いた、まさに王冠の形。
素朴なものから、中にクリームが入ったものまで様々。甘~い菓子パンです。
そして1月6日の朝、子ども達はプレゼントをもらいます。

12月の「クリスマス」から新春の「三賢王の日」まで、にぎやかに続く祭りの季節。

ふと、こんな歌詞が心をよぎりました。
「1月6日の朝、逆運の星がやって来て、猫が僕の靴を盗んでいった…」
ピアソラの歌曲『チキリン・デ・バチン』の一節です。真ん丸いパンどころか、食堂のゴミ箱を漁って命をつないでいる少年は、街中の子どもがプレゼントをもらうその朝、どこかから拾ってきた穴の開いた靴さえ失ってしまうのでした。。。

[PR]

by Megumi_Tani | 2017-01-06 20:30 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

イサベルとフェルナンドの時代   

日西翻訳通訳研究塾にて開催の教養講座『スペイン史ma専科』第4回を受講した。今回のテーマは、カトリック両王、スペイン史上最も有名なイサベルとフェルナンドの時代だ。

二人は大恋愛の末、両家の反対を押し切って結婚した、と、以前何かで読んだ記憶がある。日本の戦国時代同様、政略結婚が当たり前だった当時としては、かなり珍しいケースだ。1492年、イスラム最後の砦グラナダ王国の開城を経て、レコンキスタ(国土回復運動)完了。イサベルとフェルナンドは、イベリア史上模範とされる政策を遂行、統治を行う。このチャンスを逃すまいと再び己の大冒険のプレゼンに現れたコロンブスは、見事、両王から支援を取り付けた。新大陸への夢、勢いづくスペイン。

しかしこの国土回復運動と称されるものは、現代のスペインや中南米にも及ぶ大きな問題を孕んでいたらしい。更にこの時、キリスト教への改宗を拒否したユダヤ人20万人以上が国外に追放された。流浪の民となった彼らをセファルディーと呼ぶ。キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、三つの宗教の民が共に生き、共に栄えた中世スペインの奇跡。この妙なる奇跡の崩壊に、スペインの哀しみの萌芽が潜んでいたのかもしれない。

この時代を採り上げた新刊が出ました。王家の系図など、資料も豊富です。
西川和子著『スペインレコンキスタ時代の王たち: 中世800年の国盗り物語

今も中世そのままのスペイン語で歌い継がれるセファルディーの歌。
CD『谷めぐみが歌う 魅惑のスペイン』にも8曲収録されています。





[PR]

by Megumi_Tani | 2016-12-21 23:12 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

Saló de Cent~百人会議の間   

日西翻訳通訳研究塾にて開催の教養講座『スペイン史ma専科』第3回を受講した。第2回ローマ時代~イスラムが入り込んだ時代に続いて、今回のテーマは13世紀。スペイン語の基礎完成、サラマンカ大学設立、音楽の分野で名高い賢王アルフォンソ10世も登場した。

かえすがえすもスペインというのは不思議な国だ。元々バラバラだった国?地方?が、どの時点でどのようにまとまり「スペイン」という国になったのか。これはある意味、永遠の課題なのかもしれない。キリスト教、イスラム教、ユダヤ教各々の民が互いを理解、尊重し、ゆるやかに共存し、政治、経済、文化etc.の豊かな繁栄を築いた事実は、今のこの怪しくキナ臭い時代、刮目に値する。

今回の授業は、RTV制作の歴史ドラマを視聴しながら進められる。講義の途中で、バルセロナ市庁舎「百人会議の間」が映し出された。この時代、バルセロナでは、様々な制約はあるものの、身分の異なる人々が参加できる議会がすでに成立していた。その名の通り、この「百人会議の間」で議会が開かれていたのだ。バルセロナ好き必携の小説『海のカテドラル』にも、その記述が出てくる。中世の誇り高き都市バルセロナを象徴する部屋だ。
e0172134_2315017.jpg

鮮やかな赤と黄に彩られた部屋、輝くシャンデリア、素朴に並べられた木製のベンチ…。
あの日は、6月というのにものすごく暑かった。市のお偉方のセニョーラが汗をふきふき祝辞をくださった。歌ったのはあの正面。黒いグランドピアノが部屋中の赤と黄色によく映えていた。ベンチには、師のご家族をはじめいっぱいのお客様が座っていた。演奏終了後、いきなり「さくら」について質問されたっけ…。三十年前の思い出が蘇り、つい講義そっちのけで画面に見入ってしまった。
塾頭先生、ごめんなさい。  『バルセロナに響いた日本の歌

「百人会議の間」の中の様子です

[PR]

by Megumi_Tani | 2016-12-01 23:37 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

噂の「テ・コン・ミエル」   

コーヒーが好きだ。強めのロースト、芳しい香り、奥深い苦味…。くたびれた時、何かひと段落ついた時、ちょっと濃いめのコーヒーを飲むと、心底ホッとする。あぁ愛煙家は、こんな時に一本吸いたくなるのだろうな、と、思う。

そんなコーヒー党の私が、時々、無性に恋しくなる紅茶がある。「テ・コン・ミエル」
e0172134_2124755.jpg

「Té:茶」+「con:with」+「miel:ハチミツ」=「ハチミツ入り紅茶」だ。スペインの老舗蜂蜜メーカーが作ったこの紅茶、ずい分前にドスガトスの高森シェフに奨められ、以来、常備、愛飲している。

ところが最近、事件が起きた。とある人気ブロガーさんが「テ・コン・ミエル」に魅せられ、ご自分のブログにアップ。その途端、発売元のGRANJAPONさんに注文が殺到。取扱い通販サイト諸々を含め、どこもかしこも完売、品切れ状態になってしまったのだ。SNSの力は凄まじい。

無い、となれば、ますます飲みたくなるのが人情というもの(笑)。ネットを諦め、普段からテ・コン・ミエルを置いているお店にいってみた。ワンダーランドのような楽しいお店、知恵蔵さん。棚に、ありました!テ・コン・ミエル。ご主人の話では、その日だけでも、朝からお客様が20人以上買いにいらしたとか。「今、慌てて、商品を補充したところです」と、嬉しい悲鳴のご様子。

楽譜と同じで、最後はアナログ、自分の足で探すことだなぁ、と、ひとりニンマリ。めでたく手に入れたテ・コン・ミエルを抱えて、帰宅した。

****************************************

船便が今、日本に向かっているとのこと。12月末~新年には、販売が再開されるようです。
『GRANJAPON』
そして、念のためチェックしてみたところ、なんと!11月15日夕方現在、知恵蔵さんのサイトで買えます。『知恵蔵さん』

姉妹品のカモミール・ティー「Manzanilla con miel」、ミント・ティー「Menta-Pleo con miel」もお奨め。これからの季節、寒い夜、ほんのりした甘さに癒されます。
e0172134_2172483.jpg

[PR]

by Megumi_Tani | 2016-11-15 21:16 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

『イシイタカシ情景画展』2016   

石井崇先生の個展『海と畑の叙事詩』オープニングパーティーにお邪魔した。昨年、『イシイタカシ情景画展』2015最終日に伺った折はポカポカ陽気だったが、、昨日は、朝から冷たい小雨模様。それでも、夕暮れのギャラリーには沢山のお客様が集まられていた。

パーティー開始の前に、「地中海の食紀行」と題して、石井先生がお話しくださった。美味しいものは糖質と脂肪にあり!と、メタボまっしぐら(笑)の演題が楽しい。奇しくも、昨日11月11日は「生ハムの日」!ワインをいただきながら、セニョールS氏が目の前でカットしてくださる生ハムに舌鼓をうった。

スペインの鄙びた村々、そこで暮らす人々の日常、パン、オリーブ、ワイン等々、スペインならではの食べ物…。素朴なスペイン、飾らないスペインが描かれた絵の数々は心をホッコリ和ませてくれます。11月16日(水)まで。会場は、東京メトロ・表参道駅徒歩3分。
海と畑の叙事詩『イシイタカシ情景画展』
e0172134_2283689.jpg

[PR]

by Megumi_Tani | 2016-11-12 22:17 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

バルセロナから30年   

このブログでもお馴染み、東京・吉祥寺にあるスペイン料理店『ドスガトス』が開店30周年を迎え、先週末、お祝いの食事会が開かれた。カバ、赤ワイン、白ワイン、そして、色とりどり盛り沢山のタパス、生ハム、ガスパチョ、パエリャ、炭火焼のお肉、チーズ、特製デザートetc。高森敏明シェフの想い溢れる一皿、一皿を、長年のドス・ファン一同、夜が更けるのも忘れて楽しませていただいた。祝!

読者の皆さんの中には、30周年?あれ?と思われた方もいらっしゃるかもしれない。そう、私も昨年30周年を迎え、『記念リサイタル』を開かせていただいた。つまりシェフと私は一年違いの帰国。まったく見知らぬ仲ながら、偶然、同じ時期をバルセロナで過ごしている。もしかすると「お互いよく歩き回っていたゴシック地区ですれ違っていたかもしれませんね」というわけだ。

1992年オリンピックを境にバルセロナは大きく変貌したが、1980年代半ばのバルセロナには、子どもの頃の記憶~古きよき昭和を髣髴とさせる、のどかな雰囲気が漂っていた。かの聖家族教会の建設は資金難から遅々として進まず、完成は無理とさえ言われていた。現在の隆盛ぶりにはガウディもビックリだろう。カテドラル、海の聖母教会、ランブラス、ボケリア市場、カタルーニャ音楽堂、リセウ劇場、カタルーニャ美術館、ピカソ美術館…。私にとって、そしておそらく高森シェフにとっても、バルセロナは今が在る原点、懐かしい青春の修業の街だ。 『歌修業日記¡Hola!バルセロナ』

くたびれると、ドスガトスに駆け込む。美味しいエネルギーチャージの時間だ。それにしても、ハッと気づけば30年。30年後に自分が歌っているかどうかなんて、あの頃、考えもしなかったなぁ。。。

****************************************

お祝いの会の夜、高森シェフご夫妻とソムリエ菊池貴行氏@ドスガトスのお写真です。
菊池氏は、シェフのご紹介で、先日の『スペイン浪漫Ⅱ』をご来聴くださいました。
e0172134_0134650.jpg

[PR]

by Megumi_Tani | 2016-10-05 00:27 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(2)

キーワードはスペイン語   

私も末席を汚している日西翻訳通訳研究塾の年に一度のパーティーに出席した。年に一度、この時にしかお目にかからない方も多いが、それでも回を重ねるうちにお知り合いが増えて来る。お名前は存じ上げないけれど、あぁ!毎年お目にかかりますね!という方もいる。

今回は、受付の後、ひとりの女性と目が合った。誰だっけ……?間違いなくどこかで会ったことがある……。しかもとても親しく……。ア~ッ!な、なんと!以前バルセロナでお会いし、夕食をご一緒した方だった。まさか東京で、しかも塾のパーティーで再会するなんて!

もうひとつの嬉しい出会い。「アルフォンシーナと海」という曲をご存知だろうか。この曲に詠われているアルゼンチンの女流詩人、アルフォンシーナ・ストルニについて、日本でただ一人研究をされている先生にお話を伺うことが出来た。どんな歌にも背景があり、ドラマがある。それはクラシックもフォルクローレも変わらない。ひとつの楽曲の命を感じ取るには、その曲に秘められた歴史、ドラマを知ることがとても大きな力になる。

年齢も職業も経歴もバラバラ。しかし和気あいあい、どのテーブルもお喋りに余念がない。キーワードはスペイン語、そして向上心。皆さん、充分高いレベルにいるのに、黙々と勉強を続けている。スペイン語で歌う誰かさんも頑張らなきゃ、と、あらためてエンジンがかかる。

第25回リサイタルスペイン浪漫Ⅱ~エンリケ・グラナドス没後100年に捧ぐ
ご来聴をお待ちしています060.gif

「アルフォンシーナと海」メルセデス・ソーサ

[PR]

by Megumi_Tani | 2016-09-04 00:35 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

カサ・ミラ 四景   

「夜ごと窓辺にやって来て、ため息だけで帰るマホ。恋する窓辺があたしは憎い」9月リサイタルで演奏する、グラナドス『内気なマホ』の一節だ。

今年のフライヤーのテーマは「恋する窓辺」。黄昏時、窓辺で思いにふけるマハの心が映されている。グラナドスの歌を知ってか知らぬか、デザイナーさんが、粋でエレガントな窓辺を演出してくれた。「窓から見えるのは、グラナドスも谷さんも歩いた、バルセロナの街です」なんて、お洒落なコメントも!ニクイなぁ。
第25回リサイタルスペイン浪漫Ⅱ~エンリケ・グラナドス没後100年に捧ぐ
ご来聴をお待ちしています060.gif

さて、そのバルセロナには、サグラダ・ファミリア、グエル邸、グエル公園、カサ・バトリョ…ガウディの建築が溢れている。しかも、ごく普通に。カテドラルの向かい側、建築協会の壁のピカソの絵を見て、「あ!ピカソが雨ざらしになっている!」と叫んだ人がいたけれど、そんなもの凄い芸術作品がごく普通にゴロゴロ転がっている?のが、バルセロナという街の大きな魅力のひとつだ。

丹下敏明著『バルセロナのガウディ建築案内』 を、以前ご紹介した。丹下敏明氏は、バルセロナ在住40年を越える建築家、そして、ガウディ研究の大家。この本では、ガウディの生涯、業績、作品群、様々なエピソードが、美しい写真の数々とともに、詳しく解説されている。

今日ご紹介するのは、数日前に丹下敏明氏が撮影してくれた、カサ・ミラ(ラ・ペドレラ)四景。時間帯を変えての撮影は、現地にお住まいの方ならでは!氏のお許しをいただいたので、ブログ読者の方にもぜひご覧いただきたい。

夕陽にわずかに染まる日没前
e0172134_13495073.jpg

日没寸前。
e0172134_13501349.jpg

夜明け前
e0172134_1350406.jpg

青空に映える。
e0172134_1351671.jpg

こんな不思議な建物が、ごく普通に、ゆったりと存在する街バルセロナ。大好きです。
[PR]

by Megumi_Tani | 2016-07-15 13:55 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

東方の三賢王の日   

昨日1月6日は、キリスト教の国々における「東方の三賢王の日」。夜空の星を見て幼子イエスの誕生を知った東方の三賢王がはるばる駆けつけ贈り物を捧げた、とされる、大切な祝日です。この伝承にちなんで、12月24日ではなく、1月6日にプレゼントを交換します。プレゼントを持って来てくれるのは、サンタクロースではなく三賢王、というわけです。

三賢王のストーリーがちょっぴり今風の味わいも加えて紹介されています。


こちらは、可愛い三賢王の歌


アルゼンチンの歌の女王、メルセデス・ソーサのこんな歌もありました。


1月6日の朝に食べるパンを「ロスコン・デ・レイェス」、略して「ロスコン」と呼びます。中に入っている小さなお人形が当たれば、その日は王様!長い長いクリスマスを締めくくる甘い甘いパン。腕に覚えのある方は、こちらのレシピでぜひどうぞ。

[PR]

by Megumi_Tani | 2016-01-07 00:24 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)