カテゴリ:講座/セミナー( 67 )   

Amapola~♪Amapola~♪   

セルバンテス文化センター春期講座第一弾、『”アマポーラ”をスペイン語で歌おう♪』が終了しました。金曜夜7時開始。仕事を終えて、駆けつける受講生の皆さん。音楽、語学、サッカーetc。動機はいろいろでも、全員そろってスペイン大好き!やる気満々です。

前週第一回レッスンの記憶がまだ新しく、読み方は皆さん、イイ感じです。とろとろに甘い歌詞の中身には、「あらぁ!こんなこと、絶対に日本語じゃ言えないわね」と、ひとしきり恋歌談義に花。最後は恒例、オーディートリアムの舞台から客席に向かって熱唱!あっという間の楽しい90分でした。Muy bien!

春期講座第二弾は『魅惑のスペイン歌曲Ⅲ』
今回はリクエストにお応えしての入門編。歴史、ジャンル、作曲家etc。様々な角度から、スペイン歌曲の世界へご案内します。お話と併せて、Youtubeで、選りすぐりの音と映像をお楽しみください。
●6月9日、23日(いずれも金曜日)19:00~20:30
●参加費(2回セット):6,000円
詳細はこちらをどうぞ 
⇒ セルバンテス文化センター春期講座
e0172134_00430988.jpg


★Amapola受講生YさんがFacebookに投稿された文章とお写真をご紹介します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『”アマポーラ”をスペイン語で歌おう♪』@セルバンテス文化センター に参加してきました💕 はじめは堅苦しかったメンバーも最後は気持ちよーく歌い上げ、ご覧よのうにミニ合唱団(今日はじめてお目にかかった方もいます(笑))結成。 谷めぐみ先生、ありがとうございましたそしてスペイン語と歌を同時に学べるこんな素敵な機会、皆さんも是非!
e0172134_00164360.jpg





[PR]

by Megumi_Tani | 2017-05-21 00:54 | 講座/セミナー | Comments(0)

〈アマポーラ〉今週です♪   

ゴールデンウィークもも今日でおしまい。中には、9連休の方もいらしたようですが、明日から現実に戻るのがちょっぴり大変…かな(^^;;

『”アマポーラ”をスペイン語で歌おう』@セルバンテス文化センター
今週と来週の金曜日、12日&19日に開講です。生徒さんからの情報によると、連休中は、受講申込受付もお休みだったようです。週明け、お申し込みをお忘れなく!
Amapola~♪ Amapola~♪
Vamos a cantar juntos!

詳細お申し込みはこちら
 ⇒ 
セルバンテス文化センター春期講座
e0172134_20414000.jpg


[PR]

by Megumi_Tani | 2017-05-07 20:44 | 講座/セミナー | Comments(0)

競演〈アマポーラ〉その2   

世は連休真っただ中。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
競演〈アマポーラ〉その2をお届けします。昨日の男声編に続き、今日は女声+α編。


しっとりと歌い上げるナナ・ムスクーリ


ちょっと英語なまり?ナタリー・コール


メキシコの音楽大使マリア・デ・ルルデス


女性の歌い手による演奏は男性に較べて少なめです。カレラス、ドミンゴ、クラウスら、クラシックの名テナーがこぞって歌っているのに、女性の声楽家による演奏は見当たりません。男性が女性に歌いかけるラブソングだからかな?でもこんな素敵な曲を歌わないなんてもったいない!Amapola~♪Amapola~♪ 男性はもちろん、女性の方も、ぜひ5月の講座でマスターしましょう!


『”アマポーラ”をスペイン語で歌おう♪』

日時:2017512日、19日(いずれも金曜日)19:0020:30

会場:セルバンテス文化センター東京
受講料:6,000円(2回セット)
『魅惑のスペイン歌曲Ⅲ』

日時:201769日、23日(いずれも金曜日)19:0020:30
会場:セルバンテス文化センター東京

詳細お申し込みはこちら ⇒ セルバンテス文化センター春期講座


競演〈アマポーラ〉CM・映画編 ⇒ 「”アマポーラ”をスペイン語で歌おう♪」
競演〈アマポーラ〉男性編 ⇒ 「競演〈アマポーラ〉その1」


締めは、カウンターテナー、ヌーノ・ゲレイロでどうぞ





                          

 









[PR]

by Megumi_Tani | 2017-05-02 21:39 | 講座/セミナー | Comments(0)

競演〈アマポーラ〉その1   

風薫る五月、やっとヒノキの花粉も収束の気配?気持ちのよい季節になりました。

セルバンテス文化センター春期講座「”アマポーラ”をスペイン語で歌おう♪」
5月12日&19日に開催です。地下オーディトリアムを貸し切り、グランドピアノ伴奏で歌う贅沢なクラス。スペイン語初心者の方も大歓迎。読み方から丁寧にご指導します。ぜひ皆様、ご参加ください。Vamos a cantar juntos!!

『”アマポーラ”をスペイン語で歌おう♪』

日時:2017512日、19日(いずれも金曜日)19:0020:30

会場:セルバンテス文化センター東京
受講料:6,000円(2回セット)
『魅惑のスペイン歌曲Ⅲ』
日時:201769日、23日(いずれも金曜日)19:0020:30
会場:セルバンテス文化センター東京
受講料:6,000円(2回セット)
詳細・お申し込みはこちら ⇒ 『セルバンテス文化センター春期講座』

世界に名高いラブソング。クラシック、ポピュラーのジャンルを超えて、実に多くの歌い手が演奏しています。歌詞も各国語に翻訳されました。英語バージョン、イタリア語バージョン、日本語バージョンには、若き日の雪村いづみ、沢田研二の名も…。でもお忘れなく。この歌のオリジナルはスペイン語です。

アマポーラ講座を祝し、2回に分けて、名歌手名演をお届けします。
今回は男声編。スターそろい踏み。いずれ劣らぬ名演!






懐かしの3大テノール


こちらはまた端正で素晴らしい。


1925年にこの曲をレコーディングしたミゲル・フレータ


CM・映画競演はこちら ⇒ 『”アマポーラ”をスペイン語で歌おう♪』




[PR]

by Megumi_Tani | 2017-05-01 12:50 | 講座/セミナー | Comments(0)

ス、といえば…   

今月初め、スペイン国王ご夫妻が来日された。
『宮中晩餐会、到着時
『来日中のスペイン国王、「フクシマの英雄」と再会』
『両陛下、スペイン国王夫妻と静岡訪問』

ご来日中のこと。とあるラジオ番組で、男性コメンテーターがスペインの車産業について話し始めた。すると、アシスタントの女性が間髪を入れずに突っ込んだ。「スペイン?車?アハハ!イメージ湧かないですよ。スペインって、とにかく朝から晩までずっとフラメンコを踊っている国って感じですよね」またこれか、と、ガッカリ (>_<) このアシスタントさん、なかなか好感度の高い女優さんだっただけに、ますますガッカリ (>_<) (>_<)

初対面の方に、「スペイン歌曲を歌っている…」と自己紹介しかけると、「あら!谷さんって歌う人かと思っていたら踊る人だったんですか?」と驚きの表情\(◎o◎)/!「いいえ、歌い手です」とあらためてお答えすると「エッ!その声であのド迫力の歌を歌うんですか?」と、ますます驚きの表情\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!

スペイン、スペインと人気があるようでも、日本での一般的な知られ方は、ラジオのアシスタント女優さんの言葉に代表されるものだろう。「脱スペイン版フジヤマ・ゲイシャ」を願うも、長い年月焼き付いてしまったイメージは、そう簡単には崩れない。スペインのス、と聞いただけでフラメンコ¡Ole! しかし、スペインの音楽はフラメンコだけではない。スペインの人々が朝から晩までフラメンコを踊っているはずもない。さらに言えば、フラメンコの歌-カンテ-は、ただ単に迫力だけのものではない。人の世に在り、人の世を生きる悲嘆、歓喜、慟哭、諦観…。熱く、感じやすく、切ない、魂の叫びだ。

熱く、感じやすく、切ない、魂の叫び。この独特の個性は、スペイン歌曲にも共通している。フラメンコで言われる「ドゥエンデ-魔力-」は、スペイン歌曲の根底にも深く息づいている。歌う者も聴く者も思わず心揺すぶられる不思議な力だ。

スペイン音楽のなかでも、日本人はもとよりスペイン人にさえあまり知られていないクラシック歌曲、そのご紹介、となると、もう至難の業(^^;; しかし、それでも、きっと何か道はある!6月開催のセミナー『魅惑のスペイン歌曲Ⅲ』は入門編。音と映像を楽しみながら、さっくり分かり易くお話ししてみたい。

ご参加をお待ちしています!
『魅惑のスペイン歌曲Ⅲ』
日時:2017年6月9日、23日(いずれも金曜日)19:00~20:30
会場:セルバンテス文化センター東京
受講料:6,000円(2回セット)
詳細・お申し込みはこちら ⇒ 『セルバンテス文化センター春期講座』

e0172134_1902712.jpg


[PR]

by Megumi_Tani | 2017-04-15 22:27 | 講座/セミナー | Comments(0)

スペイン語で〈アマポーラ〉を歌おう♪   

セルバンテス文化センター春期講座、5月はスペイン語を「歌って楽しむ」クラス。レッスン曲は、人気の〈アマポーラ〉です。この曲、数あるスペイン・ラテンの歌のなかでも、日本での知名度はナンバーワンかもしれません。旅行、住宅、書籍、車etc、いつもどこかの何かのCMに使われています。





作曲者ラカージェは、カディス生まれのスペイン人。若い頃にキューバに渡り、後に、アメリカで音楽活動を展開したようです。〈アマポーラ〉が発表された年は、1922年?1924年? いずれにせよ、日本では大正時代の終わり頃です。英語ではポピー、日本語では、雛罌粟 (ひなげし)、雛芥子(ひなげし)、虞美人草(ぐびじんそう)。そういえば、夏目漱石の〈虞美人草〉という小説がありました。大正浪漫の香りが漂いますね。



「アマポーラ、とびきり美しいアマポーラ…」と、恋人にささやく甘い歌。
5月のクラスで、ぜひ!マスターしてください。ご参加をお待ちしています!

『スペイン語でアマポーラを歌おう♪』
日時:2017年5月12日、19日(金)19:00~20:30
会場:セルバンテス文化センター東京
受講料:6,000円(2回セット)
詳細・お申し込みはこちら ⇒ セルバンテス文化センター春期講座

e0172134_1284664.jpg

[PR]

by Megumi_Tani | 2017-04-09 12:21 | 講座/セミナー | Comments(0)

セルバンテス文化センター春講座のお知らせ   

セルバンテス文化センターにて、2017年春期の歌クラスを開講します。

5月12日、19日(金19:00~20:30)『アマポーラをスペイン語で歌おう♪』
6月9日、23日(金19:00~20:30)『魅惑のスペイン歌曲Ⅲ』
いずれも2回セット 受講料6,000円

詳細HPをご覧ください。ご参加をお待ちしています!
スペイン語の歌のクラス』@セルバンテス文化センター
e0172134_13454730.jpg

[PR]

by Megumi_Tani | 2017-04-05 13:51 | 講座/セミナー | Comments(0)

名歌曲三昧♪テルトゥーリア   

2月3日(金)、節分の夜、日本・カタルーニャ友好親善協会テルトゥーリア『カタルーニャから生まれた名歌曲』が開催されました。会場には、講師の私の目の前の机まで、いっぱいのお客様。選りすぐりのCD音源、作曲家にまつわる映像、エピソード等々をギュッと詰め込み、「カタルーニャから生まれた名歌曲をカタルーニャから生まれた名歌手の演奏で」お楽しみいただきました。
e0172134_21551743.jpg


終了後は、お部屋を移動して、懇親パーティー。皆様、弾む声で、感想を伝えてくださいました。
「こんなに色々な歌曲があるとは驚きました」「『鳥の歌』って、チェロの曲かと思っていたら、歌詞があるんですね」「グラナドスやファリャは知っていたけれど、ペドレルという人の名前は初めて聞きました」「私もカンプロドンに行ったことがあります!」「これを機に、カタルーニャやスペインの歌曲をもっと聴いてみたい」etc。

ひとりのセニョールが、いかにも恐縮した様子で仰いました。「スミマセン、今までスペイン歌曲のことを全く知りませんでした…」と。ここで声を大にして申し上げます!ちっともスマナイことなどありません!ご存知ないのはあなただけではありませんよ~!

かなり熱烈なスペイン・ファンでも、「スペイン歌曲」については、ほとんど「知らない」。残念ながら、これが現実です。触れる機会も少ないですしね…。でも、佳き出会いに恵まれれば、きっと親しんでいただける!きっと好きになっていただける!昨夜あらためて実感しました。

パーティーでも話題。情報満載の拙HPはこちらです→『谷めぐみの部屋』

楽しい時間でした。冷たい風のなか、駆けつけてくださった皆様、ありがとうございました。
またお目にかかる日まで060.gif

昨夜の締め

[PR]

by Megumi_Tani | 2017-02-04 21:57 | 講座/セミナー | Comments(0)

テルトゥーリア、来週です。   

日本・カタルーニャ友好親善協会開催テルトゥーリア『カタルーニャから生まれた名歌曲』が来週に迫りました。

今年、2017年は、エンリケ・グラナドス生誕150年、フェデリコ・モンポウ没後30年、各々記念の年に当たります。独自の魅力あふれる世界を通して、生地カタルーニャのみならず、スペインを代表する作曲家として音楽史に名を刻んだグラナドスとモンポウ。マエストロ二人をはじめ、カタルーニャゆかりの作曲家による名歌曲の数々を、選りすぐりのCD音源でお楽しみいただきます。今回は会場の都合でYoutubeを使えません。逆にその分、じっくりじっくり耳に集中して演奏をお味わいいただけると思います。

ビクトリア・デ・ロス・アンへレス、モンセラート・カバリェ、ホセ・カレラス…。カタルーニャからは、多くの世界的名歌手が生まれています。絶好の機会!今回は、彼らカタルーニャゆかりの歌い手による音源のみを集めました。もちろん、合間には、楽曲や作曲者に関するエピソードもご紹介。「カタルーニャから生まれた名歌曲の数々をカタルーニャから生まれた名歌手の名演で楽しむ」スペシャルなCDコンサートです。終了後は、懇親パーティで Salud!!

日本・カタルーニャ友好親善協会テルトゥーリア
『グラナドス生誕150年、モンポウ没後30年-カタルーニャから生まれた名歌曲』
日時:2017年2月3日(金)18時30分~19時40分 終了後、懇親パーティー
会場:霞会館 麻布かすみ1Fサロン(港区西麻布3-2-32)
会費:会員3,500円 ビジター4,500円
e0172134_22284516.jpg
 
ビジター大歓迎!ただし、事前のお申し込みが必要です。お名前に電話番号を添えて、日本・カタルーニャ友好親善協会までお申し込みください。アドレス:info@ajac.ne.jp
締め切り:1月30日(月) 

こちらに関連ブログをまとめてあります。⇒ Tertulia 『カタルーニャから生まれた名歌曲』
e0172134_22274635.jpg

[PR]

by Megumi_Tani | 2017-01-27 22:32 | 講座/セミナー | Comments(0)

『カタルーニャから生まれた名歌曲』   

2017年2月3日(金)日本・カタルーニャ友好親善協会のテルトゥーリアで講演します。
題して『カタルーニャから生まれた名歌曲』

来たる2017年は、F.モンポウ没後30年、E.グラナドス生誕150年、記念の年です。「あれ?グラナドスって今年、何かあったような…?」と思われた方、その通り!2016年はグラナドス没後100年の年でした。そして来年は、生誕150年に当たります。1867年7月27日に生まれ、1916年3月24日に命を落としたグラナドス。決して長いとはいえない人生のなかで描き出されたロマンティシズムは、優美に、粋に、どこまでも私達を魅了します。

モンポウは94歳とご長寿でした。静謐、寡黙、内気…。モンポウの音楽は、おそらくは彼のお人柄そのままに、黙して多くを語らず、己の内へ、内へと向かっていきます。独り言、ひそひそ話、ため息、時に情熱、そして諦め…。どこまでもシンプルで繊細な音楽は、まさにモンポウ独自の世界。夢かうつつか、聴く者を無限の彼方へ誘います。バルセロナ留学時代、ご自宅に伺い、あの美しい歌曲集『夢のたたかい』の演奏をマエストロご本人に聴いていただいたことは、生涯忘れられない思い出です。

グラナドス、モンポウのほかにも、カタルーニャからは、アルベニス、カザルスなど偉大な音楽家が生まれています。テルトゥーリアでは、彼らが残した名歌曲の数々をCD音源とエピソードでご紹介します。
e0172134_22534242.jpg

以下、日本・カタルーニャ友好親善協会からのご案内です。会員以外のビジターも参加OK!
要項をご覧の上、直接協会にお申し込みください。講演終了後は、ワインで乾杯しましょう。
皆様のご参加をお待ちしています。

***************************************

来年2月に当協会の講演会とパーティーが開かれます。
今回は、スペイン歌曲を専門にする谷さんより、カタルーニャを代表する作曲家たちの名曲の数々をご紹介くださいます。モンセラート修道院に伝承される歌曲集「モンセラートの朱い本」、2017年に記念の年を迎えるグラナドス、モンポウの代表曲、アルベニス、カザルス、トルドラらによる作品など、カタルーニャから生まれた名歌曲の数々を名演CDとエピソードでお楽しみいただきます。

●日時: 2017年2月3日 (金) 18:00 受付開始  18:30開始
●会場:霞会館 麻布かすみ1F サロン (住所:東京都港区西麻布3-2-32)
   地下鉄 日比谷線 六本木駅 1番出口 徒歩9分/ 地下鉄都営大江戸線 六本木駅 徒歩9分
●プログラム
講演会18:30~19:40 
   「グラナドス生誕150年、モンポウ没後30年―カタルーニャから生まれた名歌曲」
   講師:谷 めぐみさん(ソプラノ歌手)
懇親パーティー*立食スタイル19:40~21:30
   (料理、ワイン・カバ・ソフトドリンクなどフリードリンク)
●参加費 : 会員 3,500円  ビジター 4,500円 当日受付でお支払い
   申込みはinfo@ajac.ne.jpまで ご氏名、電話番号を明記のうえ。
*当日のキャンセルはできませんのでご了承ください
*定員がありますので、先着順の受付とさせていただきます
*申込み締切1月30日
[PR]

by Megumi_Tani | 2016-12-28 23:04 | 講座/セミナー | Comments(0)