カテゴリ:講座/セミナー( 79 )   

恋のアランフェス♫講座終了   

セルバンテス文化センター秋期講座『”恋のアランフェス”をスペイン語で歌おう! 』が終了しました。「待ってました!」「無理やり時間を空けました」「2回セットの1回しか出られないけれど、それでも!」「スペイン語初めてですけど、歌ってみたい」「中南米の歌ばかり歌って来ましたが、ぜひ!」etc。開講わずか4日前に広報開始\(◎o◎)/!というスリル満点の展開?にもかかわらず、熱心な受講生さんが集まられました。
講座よ開け!と、諸々ご協力くださった皆様、ありがとうございました。

言わずと知れた、ロドリーゴ作曲『アランフェス協奏曲』の第2楽章。メロディーだけでもうっとりですが、さらに、スペイン語の読み方練習からスペイン語談義に花が咲き、メロディーへの歌詞の載せ方には悪戦苦闘、ロマンティックな歌詞の意味に酔いしれ…。各90分のクラスはあっという間です。最後は恒例、オーディトリアムの舞台で客席に向かって「アランフェス~♫」皆さん、朗々と歌い上げました。Fantástico!!

12月には、セミナー『ビリャンシーコの楽しみ』を開講します。ビリャンシーコとは、スペインのクリスマスの歌。Youtubeをたっぷり楽しみ、有名なビリャンシーコを一緒に口ずさみましょう♫ お申込み受付中。詳しくは、下記をどうぞ。

e0172134_22033282.jpg
e0172134_21531545.pnge0172134_21533801.png




























第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!


[PR]

by Megumi_Tani | 2017-09-23 22:18 | 講座/セミナー | Comments(0)

『恋のアランフェスをスペイン語で歌おう!』   

本日やっとアップされました。
『恋のアランフェスをスペイン語で歌おう!』@セルバンテス文化センター
9月15日&22日(いずれも金曜日)19:00~20:30
なんと、わずか4日後\(◎o◎)/!
連休前、空いてるよ!という方、ぜひどうぞ♫

お申し込みは、こちらのサイトから。
セルバンテス文化センター秋期講座
e0172134_22062435.jpg
e0172134_22055194.jpg

『恋のアランフェス』この曲です♫

これまでの講座@セルバンテス文化センターは、こちら⇒セルバンテス文化センター

第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!






[PR]

by Megumi_Tani | 2017-09-11 22:09 | 講座/セミナー | Comments(0)

Barcelona~♫ Barcelona~♫   

毎日新聞東京版8月31日付朝刊に、先日の毎日メディアカフェの記事が掲載されました。
e0172134_19443910.jpg
当日お聴きいただいた音楽について、お問い合わせをいただきました。

●カニゴーの山々(M.ガルシア・モランテ編カタルーニャ民謡)
●ラ・パロマ(S.イラディエール)
●スペイン舞曲第5番アンダルーサ(E.グラナドス)
●内気なマホ(E.グラナドス)
●悲しみにくれるマハ(E.グラナドス)
●うぶな娘の私ゆえ(E.グラナドス)
●君の上にはただ花ばかり(F.モンポウ)
●黒人の子守り歌(X.モンサルバージェ)
●音戸の舟歌(M.ガルシア・モランテ編)etc.

モンポウの奥様に敬意を表して、ピアノ曲もひとつ
●秘密(F.モンポウ)

オープニングは楽しく!ルンバ・カタラナ!
1992年バルセロナ・オリンピックの開会式でも大盛り上がりでした。
「魅惑のバルセロナ」ペレ


そのオリンピック、締めは、やはりこの歌でした。
「鳥の歌」ビクトリア・デ・ロス・アンへレス


そして、オリンピックでの共演が叶わなかった幻のデュエット
「バルセロナ」モンセラート・カバリェ&フレディ―・マーキュリー

HPで、当日の詳しい内容をご紹介しています。
毎日メディアカフェ『歌曲でめぐる芸術の街バルセロナ

バルセロナゆかりの名歌曲の数々を今度はナマの声で!
第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!


[PR]

by Megumi_Tani | 2017-09-01 20:48 | 講座/セミナー | Comments(0)

毎日メディアカフェ『歌曲でめぐる芸術の街バルセロナ』   

毎日メディアカフェ『歌曲でめぐる芸術の街バルセロナ』大盛況で終了しました。
会場の毎日新聞東京本社内、MOTTAINAI STATIONには、いっぱいのお客様。「Mi querida Barcelona~愛しのバルセロナ」について、音と写真を交えて、たっぷり語らせていただきました。こんなに大好きな街に出会えたことを幸せに思います。
ご来場の皆様、スタッフの皆様、ご支援くださった皆様、ありがとうございました !

当日の様子をHPにまとめました。ぜひご訪問ください。
毎日メディアカフェ『歌曲でめぐる芸術の街バルセロナ』
e0172134_23212915.jpg
第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!


[PR]

by Megumi_Tani | 2017-08-31 23:27 | 講座/セミナー | Comments(0)

満員御礼『毎日メディアカフェ』   

毎日メディアカフェ『歌曲でめぐる芸術の街バルセロナ』応募の受け付けを締め切りました。お申し込みの皆様、お目にかかるのを楽しみにしています♫♫

[PR]

by Megumi_Tani | 2017-08-29 21:23 | 講座/セミナー | Comments(0)

Barcelona バルセロナ Barcelona   

「智恵子は東京に空が無いという」…。
ふとそんな詩が心に浮かぶほど、今夏の東京には「青空が無い」。8月になって連続17日の雨。こんなお天気は実に40年ぶりだそうだ。「今年の夏は暑い!スーパー猛暑!」たしか季節前にはそんな予報が出ていたような…。

夏になると思い出す、さかさまの想い出がある。昔、バルセロナの夏の音楽祭『Grec』に招かれて歌いに行った時のこと。会場はゴシック地区の野外舞台。周りが石造りの建物に囲まれているから、私の歌も師のピアノもよく響く。しかし野外舞台ゆえ、当然のことながらステージにも客席にも屋根は無い。リハーサル後、ふと師に聞いてみた。「もしも雨が降ったら、演奏会はどうなるの?」「何の心配もない。裏手に屋根がついた舞台があるから」ふ~ん、と、その裏手に行ってみると、屋根のついた舞台?は完全に物置と化し、蜘蛛の巣がはっていた。とても演奏会を開けるような場所ではない。ニコニコと何のくったくもなく微笑んでいる師。そうか…。8月のバルセロナで雨が降る、なんてことは、そもそもありえないことなのだ…。

そんな愉快、痛快、時にはほっこり涙の想い出も交えつつ、芸術の街バルセロナをご案内する『毎日メディアカフェ』。歌い手の私がナビゲーターを務めるからには、よくある巷の観光案内ではございません(^_-)-☆ 歴史あふれる街ゆかりの、そして今年のテーマ人、グラナドスとモンポウゆかりの音楽と写真をたっぷりご用意して、皆様をお待ちしております。お申し込みは下記サイトから、どうぞ!

入場無料。要お申込み。
ご来場をお待ちしています!
e0172134_13081849.jpg

今年はバルセロナが生んだ偉大な作曲家、グラナドスとモンポウの記念の年です。
毎日メディアカフェで二人が生きた街並みに触れ、11月リサイタルで、二人とその周辺の音楽家による多彩な歌曲をご堪能ください。

第26回リサイタル
スペイン浪漫Ⅲ~グラナドス生誕150年、モンポウ没後30年に捧ぐ
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています♪

e0172134_13182346.jpg












[PR]

by Megumi_Tani | 2017-08-17 13:27 | 講座/セミナー | Comments(0)

愛しのバルセロナ2017   

台風が長逗留して、あちらこちらに大きな被害をもたらしている。東京は梅雨の戻りのような蒸し暑さ。今年の梅雨はあまり雨が降らなかった。晴天が続き猛暑襲来。遅ればせながら…の態で梅雨明け宣言が出た途端、曇天、雨天、うっとうしい空模様が続くようになった。どんなに人知を尽くしても、やはり自然には敵わない。予測不能なお天気。

確実に言えることは、「昔より、そして年々、暑くなっている」ことだろう。今さらながら、だが、2020年のオリンピックは本当に大丈夫なのだろうか???バルセロナでオリンピックが開かれたのはちょうど四半世紀前、1992年の夏だが、同じ夏でも、当時は世界中、こんなに暑くはなかったはず。。。。。

バルセロナオリンピックに先立つ1988年、こんなビックリ\(◎o◎)/!の曲が発表されました。モンジュイックの丘でのライブ映像。


バルセロナの名所満載!第22回リサイタル『愛しのバルセロナ』のパンフレット。
上のライブ映像のなかのカタルーニャ美術館、見つけられますか?
e0172134_22580329.jpg
今回の『毎日メディアカフェ』は、まさに『愛しのバルセロナ2017』162.png
バルセロナ通の方も、バルセロナ未経験の方も!ご一緒するのを楽しみにしています。
入場無料。要お申込み。

ご来場をお待ちしています!

先日のブログ毎日メディアカフェのお知らせでご紹介したとおり、今年はバルセロナが生んだ偉大な作曲家、グラナドスとモンポウの記念の年です。毎日メディアカフェで二人が生きた街並みに触れ、11月リサイタルでは、ぜひ二人の音楽をご堪能ください。
第26回リサイタル
スペイン浪漫Ⅲ~グラナドス生誕150年、モンポウ没後30年に捧ぐ
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています♪

バルセロナご案内


もう少しゆっくり時間がある方は、こちらもどうぞ!




[PR]

by Megumi_Tani | 2017-08-06 00:16 | 講座/セミナー | Comments(0)

『毎日メディアカフェ』のお知らせ   

時には学び、時には考え、時には語り合い…。
様々なテーマのもと、リラックスしたサロンで親しく交流する『毎日メディアカフェ』。
昨年、一昨年と登壇の機会をいただき、いずれも大好評!でした。

スペインという国は、どの地方、どの街とご縁があったかによって、印象が大きく異なります。そして興味深いことに、自分と縁があった土地について、誰もが誇りを持っています。「仕事でマドリードにしばらく住んでいてね」「サラマンカで勉強しました」「サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の道を歩きましたよ」という具合に。私にとってのその誇り高き街が、バルセロナです。初めての外国、右も左も分からず、知人もいない街での冒険留学は、長い年月を経た今も、歌う私の原点、大きな支えになっています。

そのバルセロナが生んだ音楽家、グラナドスとモンポウの各々生誕150年、没後30年に当たる今年、毎日メディアカフェで嬉しい企画が実現しました。題して歌曲でめぐる芸術の街バルセロナ』。記念の年を迎えた二人のマエストロに敬意を表し、ゆかりの歌曲とともに、通常の観光案内とはひと味違うバルセロナをたっぷり味わっていただきます。
多彩な角度から親しく分かりやすくアプローチする毎日メディアカフェならではの企画!ぜひ皆様、お出かけくださいませ。

入場無料。要お申込み。
2017年8月30日(水)18:30~20:00
ご来場をお待ちしています!
e0172134_21110013.jpg


[PR]

by Megumi_Tani | 2017-07-29 23:46 | 講座/セミナー | Comments(0)

名歌曲の花束♪   

セミナー《魅惑のスペイン歌曲Ⅲ》@セルバンテス文化センターの第2回目が終了しました。
e0172134_23221791.jpg
昼間の暑さの余韻がまだ残る午後7時、受講生の皆さん、全員集合。作品や作曲家にまつわる歴史、解説、エピソード等々をご紹介しながら、スペインの名歌曲の数々をお楽しみいただきました。作品の背景を知り、スペイン以外の国々の歴史や文化と比較、対照することで、スペインの文化そのものにより深くアプローチできます。知れば知るほど、“知らないことだらけ”を痛感させられる異国の文化。いつも謙虚に、丁寧に、学び続けたいものです。受講生の皆さん、熱心なご参加ありがとうございました。またお目にかかる機会を楽しみに!

《悲しみにくれるマハ Nº2》グラナドス〈Tonadillas~昔風の粋な歌曲集〉より


受講生の皆さん、思わず釘づけ!
ファリャ《はかなき人生》より、スペイン舞曲&サルーのアリア


第26回リサイタル
スペイン浪漫Ⅲ~E.グラナドス生誕150年、F.モンポウ没後30年に捧ぐ
2017年11月19日午後2時開演@Hakuju Hall(代々木八幡)
ご来聴をおまちしています♪







[PR]

by Megumi_Tani | 2017-06-24 23:39 | 講座/セミナー | Comments(0)

聴き較べの妙♪   

『魅惑のスペイン歌曲Ⅲ』@セルバンテス文化センター、第1回めが終了しました。
e0172134_23534097.jpg

スペイン歌曲の大いなる魅力のひとつは、とかくお堅いイメージがある〈クラシック〉にもかかわらず、親しみやすいことだろう。どことなく哀愁を秘めた響き、胸に真っ直ぐに迫る情感は、なぜか他人事と思えない。

この背景には、古謡、民謡、民衆の歌etc.がアレンジされた作品の存在がある。借り物ではない、作りものではない、人間の心の機微を素直に、率直に吐露する歌の数々が、名作曲家達の手により、多彩にアレンジされ歌曲に姿を変えた、そんな作品が数多くある。

セミナー第1回めは、黄金世紀の歌、セファルディーの歌、宗教歌etc.を題材に、よりオリジナルに近い演奏とアレンジされた作品を聴き較べた。ファリャ〈七つのスペイン民謡〉は、民謡と名付けられてはいるものの、具体的な元歌があるわけではない。多様なスペイン音楽のエッセンスを凝縮、昇華させ、新たな次元で創作された作品。まさに、民謡の名を纏った名歌曲だ。

受講生の皆さん各々、音楽経験、スペイン経験をお持ちなので、会話もとても楽しく、興味深い。
毎回熱心に受講される方々に加えて、今回は新しいメンバーも加わり、嬉しい限り!こうして、本当に少しずつでも、スペイン歌曲の魅力に触れてくださる方が増えてくれるといいなぁ。。。
次回は6月23日です。Hasta la próxima!


『魅惑のスペイン歌曲Ⅲ』
●6月9日、23日(いずれも金曜日)19:00~20:30
●参加費(2回セット):6,000円
詳細はこちらをどうぞ 
 セルバンテス文化センター春期講座

本日聴き較べの1曲〈De los álamos vengo, madre〉








[PR]

by Megumi_Tani | 2017-06-10 00:02 | 講座/セミナー | Comments(0)