<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

楽譜を作る   

秋のプログラムが決まり、恒例の楽譜作りが始まった。

スペインものは楽譜が手に入りにくい。日本で注文を出しても、なかなか届かない。運よく何かの楽譜に遭遇したら、必ず買う。たとえその時に必要でなくても、いささか高価なお値段でも、とにかく買う。今、私の手元にある楽譜は、そうやって長い年月をかけて買い集めたものばかり。貴重な財産だ。

「コピー欲しいんですけど」いとも簡単に言う人がいる。「その楽譜、一ヶ月貸してくれません?」と言った人もいた。先日対談させていただいた濱田滋郎先生も同様の経験を話されていた。貸したまま帰ってこない楽譜が沢山あるそうだ。言語道断である。

失礼m(__)m つい話が横道にそれた。

プログラムの曲の中から、移調が必要なもの、手書きだったり古かったりして見にくいものをピックアップし、楽譜を作る。今はパソコンが作業の大部分を肩代わりしてくれるので楽になった。スペインの歌を始めた頃は、何種類もの太さの異なるペンを用意し、一音、一音、丁寧に五線紙に埋め込んでいったものだ。

シャープをナチュラルにしたり、フラットをダブルフラットにしたり、そうかと思えば、スペインの楽譜屋の棚の奥で数十年眠っていたであろうカビ臭い楽譜のかすれた文字を読み取ったり…。なかなか根気のいる作業である。パソコンで作った楽譜をプリントアウトし、今度は、入力しきれない文字や記号を手で書き込んでいく。最後にタイトルを確認、やっと完成である。出来上がった楽譜をピアニストに渡し、「さぁ、やるぞ!」と二人で自らにゴーサインを出す。

夜なべ仕事が続く。ひどく疲れるが嫌ではない。きれいで見やすい楽譜を作ることはもちろん大事だが、楽譜とジッと向き合うことで見えてくることが沢山あるのだ。たった一つの音符に作曲者の意図を感じることもある。見えない地道な作業の積み重ねが必ず歌に生きてくる。

とはいえ、これも程度問題である。ひたすらパソコンの画面に向い、楽譜の山と格闘していると、目も頭も入力する腕も限界に近づく。キャー!!と叫んで、外を走り回りたくなる。
[PR]

by Megumi_Tani | 2009-04-30 10:32 | エトセトラ | Comments(0)

ビクトリア・デ・ロス・アンヘレス   

久しぶりにビクトリア・デ・ロス・アンヘレスのCDを取り出した。何十回、何百回…数えきれないほど聴いた彼女の歌。年を経るごとに、その深さを感じるようになった。ソプラノ、声楽家という枠を越え、まさに「人間の魂」が歌っている。しかも極めて自然体で。

実は、リサイタルの再選曲中。悶々とした日々を送っている。しかし彼女の歌を聴いているうちに、心の霧が晴れた。強く信じて歌えばいい、そう思うと、力が湧く。

いろいろな場面で、いろいろな形で、歌う私にメッセージを与えてくれる。ビクトリア・デ・ロス・アンヘレスは、まさに私のDIVAなのだ。

youtubeでは、彼女がカタルーニャ音楽堂で歌う姿を見ることが出来る。
http://www.youtube.com/watch?v=FEy4OSaNHcI


私がバルセロナに渡って最初に住んだのは、この音楽堂から徒歩1分の場所だった。留学の日々を綴った歌修行日記「Hola!バルセロナ」バックナンバーをHPに掲載中。
http://www.e-yakushiyo.net/Hola_B.htm
[PR]

by Megumi_Tani | 2009-04-24 10:12 | スペイン歌曲 | Comments(6)

故郷に響け!心の歌コンサート   

今夏8月1日、念願叶い、故郷・余市でコンサートを開きます。スペインの歌、メキシコ民謡、ラテンの名曲、日本のメロディーetc。スペイン語あり、日本語あり、曲の合間のオシャベリあり…初めてのお客様にも大いにお楽しみいただけるプログラムを組みました。
地元の皆様、しばらくお目にかかっていない懐かしい方々、そして北海道・小樽方面への旅行を計画されていらっしゃる方…風爽やかな夏の余市でお目にかかりましょう!
ご来聴をお待ち申し上げております。詳細、お問合せは、HPをご覧ください。
http://www.e-yakushiyo.net/Tani_Recital_Yoichi.htm
e0172134_9435484.jpg

[PR]

by Megumi_Tani | 2009-04-17 09:44 | リサイタル | Comments(2)

『スーパー・ギター・トリオ』   

1980年、まだスペイン音楽と出会う前だった。ある日ラジオから流れてきたギターの音に、私の耳は釘付けになった。炎のような掛け合い、弾けるリズム、熱狂する観客…。音の主は『スーパー・ギター・トリオ』パコ・デ・ルシア、アル・ディ・メオラ、ジョン・マクラフリンの三人がサンフランシスコで開いたコンサートのライブ、と、紹介があった。

番組終了後、すぐにレコード店へ走り、黒いジャケットがお洒落なLP『スーパー・ギター・トリオ・ライブ』を購入。聴いて、聴いて、また聴いた。目眩を覚えるほどの衝撃、魔力に心奪われた、そんな感じだった。

数年後バルセロナへ渡ることになった時、留守中の荷物の段取りのため、声楽以外のレコードすべてを手放さなければならなくなった。『スーパー・ギター・トリオ・ライブ』は友人に引き取られていった。その後の消息は分からない。以来ずっと、彼らの演奏は私の心の奥深くに住み着いていた。今ならネットで探せば見つかるかもしれない。しかしそれは、何かが違う気がした。いつかどこかでめぐり会える、そんな根拠の無い確信があった。

数日前、仕事先の駅ビルにある中古CD店の前で、ふと足が止まった。いつもはただ通り過ぎるのだが、何故か、どうしても入らねば、と思う。クラシック、ポップス、ロック…耳をつんざくような大音響の中で、棚のCDをゆっくりと見て行った。

小一時間も過ぎただろうか。ジャズ・コーナーの片隅に一枚のCDを見つけた。黒いジャケットは、忘れもしない、あの遠い日の記憶のLPによく似ている。まさか……半信半疑で手に取ってみた。『スーパー・ギター・トリオ』だ!状態は悪くない。しかも、お値段は800円。

艶のある音色、粋なリズム、躍動感、そして切なさ…。四半世紀前のトキメキが蘇る。
秘かな憧れ、秘かな願い。神様が、叶えてくださったに違いない!
e0172134_22571048.jpg

[PR]

by Megumi_Tani | 2009-04-08 09:53 | スペイン音楽 | Comments(2)

一日講座にぎやかに終了!   

3月30日、「スペイン・ラテンの名曲を歌おう」一日講座が開かれた(於:NHK文化センター八王子教室)。

現受講生とそれを上回る数の体験参加者。教室はずい分早い時間から賑わっていた。オープニングのミニ・コンサートでは「ラ・パロマ」「アマポーラ」など皆様よくご存知の曲をご披露。歌あり、ハプニングあり?で、大笑いしながら演奏を終える。レッスン曲は「La cucaracha」。この日のために、私が楽譜を作成したスペシャル・バージョンである。手拍子でリズムをとりながら、スペイン語の読み方を練習する。今回の体験参加の方々はノリがいい。「ラクカラーチャって、何ですか?」などとポンポン質問も飛び出し、皆さん、アッという間に歌えるようになった。最後は、現受講生の発表演奏である。「アドロ」「ある恋の物語」などラテンの名曲ばかり4曲を熱唱。「ブラボー!」の声もあがり、大いに盛り上がった。

この講座が始まって丸三年。コツコツとお稽古を重ねて来られた受講生の皆さんに、心から拍手を送りたい。折々には、何気ない言葉で、私のほうが慰められ、勇気をいただいた。また4月から、新しいお仲間もご一緒に!スペイン・ラテンの歌を楽しみましょう。
[PR]

by Megumi_Tani | 2009-04-01 05:45 | エトセトラ | Comments(0)