<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

イサーク・アルベニス百周年記念(その2)   

アルベニス没後百年記念イベント、22日は、カルロス・サウラ監督作品『イベリア』(2005)がスペイン大使館で上映された。
パンフレットには「この映画はアルベニスの音楽とフラメンコ、スペインのクラシック・ダンス、コンテンポラリー・ダンスの融合を集結したもの」とある。ポップ・クラシック、ジャズ、フラメンコetc、様々なスタイルにアレンジされたアルベニスの曲にのせて、男女の激しくも繊細で美しいダンス映像が繰り広げられた。

カルロス・サウラの名前は『カルメン』(1983)で初めて知った。今は亡きアントニオ・ガデスが舞い、パコ・デ・ルシアがギターを奏でる贅沢な作品。スペイン狂ホヤホヤの私は夢中になり、映画館に何度も足を運んだものだ。

「熱くて強い」これがスペインの大きな魅力だとあらためて感じた。泣いても笑っても、もちろん!怒っても、いつも強い。確固たる凛々しさがある。それでいて、実はその奥には、深い優しさ、繊細さが秘められている。同じ種類の魂をもつ者同士なら、一瞬で通じ合えるような…。

しかし、この強さは、やはり尋常ではないかもしれない。以前、リサイタルのアンケートにこんな記述があった。「初めてスペインの歌を聴き、感動しました。でも、あまりの情熱に怖くなりました。あんなに激しい思いをぶつけられたら、僕はどうすればいいのか分かりません」……光栄である。
[PR]

by Megumi_Tani | 2009-05-24 07:50 | スペイン音楽 | Comments(0)

イサーク・アルベニス百周年記念   

今年は、スペインの作曲家イサーク・アルベニスの没後百年にあたる。昨夜は、「音楽史の中のイサーク・アルベニス-その独創性と重要性」と題して、濱田滋郎先生の講演会が開かれた。会場はスペイン大使館。六本木にあるモダンな建物である。2006年、この同じホールで歌わせていただく機会があった。私とピアニストにとっては懐かしい場所でもある。

アルベニスは、1860年5月、カタルーニャ地方北部・カンプロドンに生まれた。4歳にしてピアノの公開演奏を行うなど、早くから天才的なピアノの才能を発揮。演奏活動の一方で、民族主義的作品から、アカデミックあるいはサロン風のものまで、ピアノ曲を中心に多数の作品を発表。バルセロナ、マドリード、ロンドン、パリ・・・各地で活躍した後、1909年5月、病によりこの世を去った。

彼の愛すべき温かい人柄、他の作曲家たちとの交流、作品にまつわるエピソードetc、多彩な内容が濱田先生ならではの切り口、語り口で紹介され、2時間の講演はアッという間に終了。明解な通訳がまた、心地よかった。

濱田先生の楽しそうな様子。本当にスペイン音楽がお好きなのだなぁ…と、こちらまで嬉しくなる。私がスペインの歌と出会った時、すでに先生はスペイン音楽研究の大家だった。我が身を振り返れば、あまり陽のあたらない分野をひとすじに歩み続けるには、語れぬご苦労が多々おありだったことが十分察せられる。しかしお目にかかってお話すれば、そんなことはどこ吹く風、スペインへの素朴な情熱がただ熱くひたすらに燃えている、そんな先生だ。私自身はもちろん、ジャンルを越えて、スペイン音楽に関わっている者は皆、濱田先生の存在に励まされ、勇気をいただいてきたと思う。いつまでもお元気で!!と、あらためて願った夜だった。

百周年に敬意を表し、秋のリサイタルでは、アルベニス作品の中からスペイン色鮮やかな二曲を歌う。
[PR]

by Megumi_Tani | 2009-05-20 19:34 | スペイン音楽 | Comments(0)

分身の術?   

夏と秋のコンサート。この二つのプログラムは似て非なるものなので、準備する曲の数がかなり多い。故郷・北海道では「もののけ姫」「いつも何度でも」「遠くへ行きたい」など日本の曲も歌う。東京のプログラムは選りすぐりのスペイン歌曲を集めた。練習、また練習である。

加えてコンサートの準備には、際限の無い雑用がつきものである。イルカ(あの”なごり雪”で有名な)の亡くなったご主人は、「歌い手は歌に専念しなさい」と言って、音楽以外の事は一切彼女にさせなかったとのこと。うらやましい!

もちろん通常の仕事もある。クラスで歌う新しい曲の楽譜を作らねば。退院したばかりのあの生徒さんの具合はどうだろう?そういえば伴奏を考えなければならない曲がある。なぜ今?という人から手紙が届く。急に暑くなった。衣替えは済んでいただろうか?約束の原稿を今日中に書き終えねば。明日は誰と会うことになっていたっけ…etc。

「好きなことが仕事で幸せですね」と、よく言われる。確かにその通り、その通りなのだが…あぁ”私”が5人くらいほしい!
[PR]

by Megumi_Tani | 2009-05-12 08:39 | エトセトラ | Comments(0)