<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

ヴォカリーズによる~わが心のアランフェス   

ピアノ、ギターなどの器楽曲に歌詞が付けられた作品がある。いかにも後付け、という感じのやや不自然な詞もあれば、まるで最初から歌詞として書かれたかのように、旋律にピタリとはまっている曲もある。今回のリサイタルでは、そんな作品の中から「スペイン舞曲第5番」「グラナダ」「カディス」を歌う。いずれもオリジナルのピアノ曲に熱い恋心を歌った詞が載せられた傑作。¡Viva España! スペインの魅力全開!である。

同じく歌う「ヴォカリーズによる~わが心のアランフェス」は、J.ロドリーゴ作曲「アランフェス協奏曲」から生まれた作品である。日本でもよく知られたギター協奏曲の第二楽章。哀愁をおびたメロディーに、スペイン語、フランス語、英語など(未確認だが、日本語もあるらしい)の歌詞がつけられ、クラシック、ポピュラー、ジャズetc、様々なジャンルの歌い手が歌ってきた。「恋のアランフェス」「我が心のアランフェス」「Faraway」などのタイトルをご存知の方も多いだろう。

どういうものか私は、この「歌版アランフェス」を知った当初から、歌詞で歌う気持ちになれなかった。美しく端正に細やかに流れる旋律のどこかに、恋の歌詞など寄せつけない何かがある。甘さではなく苦さ、希望ではなく諦め、願いではなく祈り…。ただロマンチックなだけのアプローチを拒否するような、痛いほどの孤独を感じていた。

あとになって、この第二楽章は、ロドリーゴが病で亡くした息子への深い祈りをこめてかいた作品であることを知った。やはり言葉で多くを語る曲ではない、と思った。以来ずっと声だけ、つまりヴォカリーズで歌っている。音に精一杯の祈りをこめて、と、願い、歌っている。
[PR]

by Megumi_Tani | 2009-09-28 08:08 | スペイン歌曲 | Comments(2)

セファルディーの歌 3種   

15世紀頃にスペインを追われ、バルカン半島、中東、北アフリカ、ヨーロッパetc、地中海世界に広く離散したユダヤ人を“セファルディー”という。

彼らが歌い継いできた歌がある。トルコやアラブの音楽を思わせる旋律、独特のリズム…。素朴に、そして時にリアルに生々しく情念を吐露する歌の数々は、強い魔力をもって心を惹きつける。

手元にトルコ系セファルディーの歌い手ヤスミン・レヴィのCDがある。初めて彼女の歌を聴いた時、私は、思わず部屋の柱にしがみついてしまった。心を切り裂く声、容赦ない哀しみ、絶望。衝撃のあまり動けなかった。収録曲すべてを聴くことに耐えられない気がした。

昨年のリサイタルでは古楽器のギター&フルート伴奏で、先日のワイン・コンサートではギター一本の伴奏で、セファルディーの歌を歌った。心魅かれるのは私だけではないらしい。歌うたびに大きな反響をいただく。10月17日開催のリサイタルでは、ピアノ伴奏で歌う。歌う私も心が騒ぐ。

私見だが、ギター&フルート版はひなびた素朴な味わい、ギター版はロマンティックでどこかデカダンの香り、そしてピアノ版は絵画のようにドラマティックな印象である。皆様は、どれがお好みだろう?
[PR]

by Megumi_Tani | 2009-09-18 09:17 | スペイン歌曲 | Comments(4)

人生の芸術家   

夜、帰宅すると、ポストにエア・メール。バルセロナの友人からの手紙だ。しばらく音沙汰がないので気になっていた。

と言っても、彼女とは、こまめに連絡を取り合っているわけではない。手紙もメールも不定期、かつ、途絶えがち。不思議なのは、その登場のタイミングだ。いつも私が少々弱っている時に、ふいに手紙が届く。「今、どこにいると思う?」と、突然、東京駅から電話がかかって来たりする。

バルセロナ時代には本当にお世話になった。世界中を駆け巡り、波乱万丈の人生を歩んできた彼女。愛情いっぱいで自然体。どんなに大変な時も、決して暗く落ち込まない。懐の深さと温かさ、そして秘めたる精神の強さをもって、何事も前向きに捉えてしまう。くよくよと悩む私に「どうしたらメグミさんのようにpesimista(悲観主義者)でいられるのか分からない」と彼女が言い、「どうしたら貴女のようにoptimista(楽観主義者)でいられるのか分からない」と私が答える。これが二人の会話の定番だった。

そんな彼女を「la artista de la vida(人生の芸術家)」と評した人がいた。言い得て妙、である。

底抜けに明るい笑顔を思い出すと、力が湧いてくる。「メグミさ~~ん!」と、バルセロナから呼びかけてくれる声が聞こえる。
[PR]

by Megumi_Tani | 2009-09-10 07:52 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

本領発揮   

8月31日、関東地方に台風がやって来た。「出来るだけ外出を控えてください」と、テレビやラジオで何度も繰り返している。お昼前には雨、風とも強まってきた。しかし出かけなければならない。今日はワインコンサート本番である。

自己申告するのもなんだが、私は雨女である。以前、真冬にリサイタルを開いていた頃には、二度も大雪に見舞われた。それでは、と、秋に開催時期を移すと、今度は台風がやって来た。一昨年、昨年のリサイタルは好天に恵まれ、先日の故郷コンサートは、雨続きだったにもかかわらず当日だけ晴れた。ようやく汚名返上かと秘かに思いきや、ここへ来て、本領発揮である。

お客様は会場にたどり着けるだろうか?無事お帰りになれるだろうか?諸々案じながら、横なぐりの雨の中を移動していると、メールが入った。「やっぱり来たね、台風!歌を楽しみにしています」「雨ニモマケズ風ニモマケズ行きます」温かいエールに、ホッと緊張がゆるむ。

開場時間には雨風も少し治まってきた模様。続々とお客様がやって来た。レインコート、長靴姿の方もいる。最近の長靴、いや、レインブーツは、とてもお洒落…。遅刻者もなく、定刻7時、満場のお客様をお迎えしてコンサートが始まった。

歌とギターにはおあつらえ向きの会場。とても心地よく演奏させていただいた。コンサートの後は、皆様、スペインワインとスペイン料理をご堪能。その間に台風はどこかへ行ってしまったらしい。午後9時前、お客様がお帰りの頃には、雨もすっかり上がっていた。

主催者、スタッフの方々にご挨拶をして、我々も会場を出る。明るい夜空。駅への道での別れ際、心優しいギタリスト氏が私にそっと囁いた。「実はね、僕も雨男なの」アララ…どうやら二人で本領を発揮してしまったらしい。

お客様、ゴメンなさい。そしてそんな中、笑顔でお出かけいただき、本当にありがとうございました。
[PR]

by Megumi_Tani | 2009-09-03 13:27 | リサイタル | Comments(2)