<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

駅前のラテン・バトル   

仕事先の駅前でいつも見かけるフォルクローレ楽団。いや、仕事先だけではない。都内あちらこちらの駅で彼らに遭遇する。読者の中にも、あぁ!あの…と思い当たる方がいらっしゃるだろう。正確には、同じ「彼ら」なのかどうかよく分からない。適宜グループを組んで駅前を巡業して歩いているのかもしれない(昔流行ったジプシー・キングスもその類で、固定・確定メンバーはいなかったそうだ)。彼らの演目はもちろん「コンドルは飛んで行く」。この曲は本当に人気がある。儚い哀愁と独特のリズム。私もつい足を止めてしまう。

ところが今日は異変があった。同じ駅前ロータリーの反対側に、ソンブレロをかぶった太っちょのおじさんがいる。「アリガトウ!」などと妙なアクセントで愛想をふりまきながら歌っている。曲は「シェリト・リンド」。これまた日本ではお馴染みの歌だ。

双方がスピーカーの音量を最大にしてガンガン歌うものだから、駅前は壊れたジュークボックス(古い!)状態。どっちがどっちか、聴き分けることもできない。もちろん!ハモるはずもない。はっきり言って騒音…。駅前を通る人たちも皆、ちょっと困った顔で両方を見比べ、通り過ぎていく。しかし、彼らは気にしない。誰が聴こうが聴くまいが一向にお構いなく、自らの歌を気分良く歌い続けている。

これはスペイン人との会話と少し似ている。言いたいことがあれば、自ら主張しなければならない。誰も聞いていなくても、聞いてくれるまで、というか、無理やり!こちらの話に興味をもたせるまで、めげずに喋りつづけなければならない。何も言わない、ということは、何も言うことがない、つまり、意見がない人、ということになる。下手をすると、「あら、あなた、いたの?」と存在さえ忘れられる…(>_<)
[PR]

by Megumi_Tani | 2010-04-14 07:52 | エトセトラ | Comments(2)

二月の余韻   

2月13日に小樽で開かれた潮陵杉本倶楽部ファースト・コンサートのCDとDVDが届いた。雪にすっぽり埋もれていたあの夜を思い出す。
http://megumitani.exblog.jp/12152745/
http://www.e-yakushiyo.net/Tani_Yoichi_HS.htm
e0172134_9251876.jpg


ソロステージで歌った「ラ・パロマ」は、大好きな、大好きな曲だ。あの心地よいハバネラのリズムに、歌う私自身がいつも癒される。最後のステージ、144名の合唱は、やはり圧巻!久しぶりにハモれて幸せだった。

この人数にCD等を送るのは大変な作業だったことだろう。幹事長はじめお世話くださった方々、計画当初から終了後まで、本当にありがとうございました。

それにしても恩師は若い!昔とちっとも変わらず、飄々とみんなを魅了している。
[PR]

by Megumi_Tani | 2010-04-09 09:26 | 故郷 | Comments(0)

『濱田滋郎対談』HP掲載   

ちょうど一年前、「現代ギター2009年4月号」に、濱田滋郎先生と私との対談が掲載された。濱田先生は、言わずと知れた、日本におけるスペイン文化研究の第一人者。音楽評論家、文筆家としても名高い。静かに、しかし誰よりも熱く深くスペインを愛する先生との対談は、話題が多岐に渡り、光栄かつ実に楽しい時間だった。

「アラ!それは読んでみたかった」と多くの方にリクエストをいただいたが、かの号はすでに売り切れ、手に入らない。そこでこの度、現代ギター社のお許しをいただき、拙HPにその全文を掲載させていただいた。昨年読み逃した方、読もうかな…と思っているうちに忘れてしまった方、そして、もう読んだけど…という方も、ぜひ、HPご訪問のほどを! 『濱田滋郎対談』
[PR]

by Megumi_Tani | 2010-04-01 12:25 | スペイン音楽 | Comments(0)