<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

母さんが夜なべをして…   

リサイタル当日プログラム用の原稿をやっと書き終えた。お客様の大半はスペイン語をご存じないから、私が口を必死にパクパクさせて何を歌っているのかが分からない。そこで「歌詞を日本語に訳したもの」が必要になる。しかし、うす暗いホールの客席、舞台の上では歌い手の私がキャーキャー熱演中…そんな中でじっくり文字など読めるはずがない。そこで歌詞訳は「大意」にとどめ、ちょっぴりのトークでそれを補充する。回数を重ねる中で、このスタイルが定着した。

「日本語で表現すればこんな感じです」と、歌い手本人がご紹介するのが筋だと思うので、最初のリサイタルから歌詞大意を自分で訳してきた。「言葉」というものが好きなので、訳す作業は苦にはならない。しかしこれも凝りだすと、次々と分からない点、疑問な部分がでて来る。辞書を引いたり、本やネットでを調べたり…。どうしてもダメな時には、先生に質問する。Ayúdeme!いざという時に質問できる先生がいるのは本当にありがたい。

今年はまいった。とにかく暑い!!北海道生まれの私には夏用のDNAが不足している。クーラーは苦手かつ喉の大敵なので、できるだけ避けたい。となると、昼間は暑さで脳みそがグチャグチャになり、まともにものを考えられない。夜も更けた丑三つ時、ほんの少し夜風が涼しくなった頃にやっと作業が始まるのだ。ずっと、ずっと、夜なべ仕事が続いた。フゥ~。

そういえば、「母さんが夜なべをして…」で始まる歌があった。その先は…キャア!「手袋編んでくれた」だ。しみじみと心にしみる名歌には申し訳ないが、酷暑の今、毛糸の手袋を想像しただけで汗が噴き出す。しかし、そうか。夜なべ仕事というのは元来冬にするものなのだ。

真夏の夜なべの産物⇒当日配布のプログラム。ポイと捨てずに、じっくり眺めていただきたい。
[PR]

by megumi_tani | 2010-08-30 21:41 | リサイタル | Comments(2)

まだまだ残暑お見舞い申し上げます   

趣味の生徒さんにピアノを教えている。ピアノの楽しさは、大学時代の素敵なおばあちゃま教授先生が教えてくれた。モーツァルトの喜びと哀しみ、バッハの荘厳かつ透明な構築、シューマンのロマンチシズム…。「貴女は声楽科なんだから、歌うように感じて弾きなさい」とよく注意を受けたが、当時はその意味がさっぱり分からなかった。今は分かる。これも「音を感じること」を教えてくれたスペインの歌のおかげだ。

最近、お稽古に熱が入っている生徒さんがいる。一生懸命に練習してレッスンに来るので上達も早い。先日のレッスンの折、楽譜に書いてある記号その他諸々を、工夫して、工夫しすぎて行き詰っている様子なので、「もっと頭をカラッポにして、何も考えず、バカっぽく練習してください」とアドバイスしてみた。この類の言葉は注意しなければならない。「先生が私をバカだと言った」とか何とか勘違いして、突然怒り狂う人がいるからだ。聡明な彼女にそんな心配はないが、それでもややポカンとした表情だった。ところが翌週レッスンにやって来て「なるほど!でした。先生の仰るとおり頭をカラッポにして練習したら、動かなかったフレーズの指が動くようになりました」とのこと。良かった!

基礎練習は、ある意味単調なものだ。いろいろな要素をいったん排除し、同じ発声、同じフレーズを、ひたすら繰り返す。どんなに美しい旋律も繊細な感情表現も、その土台無しにはありえない。ちょうどケーキのスポンジ台のようなものだ。クリームやチョコレートでどんなにきれいにデコレーションしても、土台のスポンジがきちんと焼けていなければ、ケーキはグチャリと潰れてしまう。

イチロー選手が毎日同じ時間に同じカレーを食べ、他の選手より何時間も早く球場入りしてウォーミングアップする話は有名だが、あのスーパースター、マドンナも、これでもか、これでもか、と、ダンスの練習を重ねるという。世界を席巻する天才達にしてこれだ。凡才、凡夫の我ら、練習なくして何をや為せる?

練習の大切さは「基本のキ」、分かっていても、いつも楽しいわけではない。どうしようもなく歌うのが億劫なこともある。歌えば歌うほど気が滅入り、体力を消耗し、練習が終わるとそのままバタンと倒れこんでしまうこともある。それでも、やっぱり練習する。良い時も悪い時も変わらない、不動の何かが必要だ。出来る限り頭をカラッポにして、ただ無心に歌うことを目指す。昨日出来なかったフレーズが今日歌えたり、それまで気づかなかった歌の心が閃いたりすることがある。ヤッター!気分は急上昇!そんな時は疲れなど一気に吹き飛んでしまう。

積み重ねよう「基本のキ」、迷った時には「頭カラッポ」 これって、生き方にも通じるのかな?
それにしても…なんでもいいから、早く涼しくなって!
[PR]

by Megumi_Tani | 2010-08-23 09:38 | エトセトラ | Comments(0)

美味しいスペイン   

恒例のお店での恒例のワインパーティー。選りすぐりのスペインワインと、極上のお料理、そして何より、オーナー・シェフのお人柄に惹かれてお客様が集まる。お名前は存じ上げないが、毎回ご挨拶するワイン友達?も増えてきた。このパーティーで偶然再会したバルセロナ時代の知人もいる。当然のことながら、キーワードは“スペイン”、そして、やっぱり“バルセロナ”。

オーナー氏とは東京で知り合った。が、話してみれば、ちょうど同じ頃、バルセロナに住んでいた。しかも、似たエリアを歩き回っていたらしい。もしかするとカテドラルの裏あたりで、お互い知らん顔をして、すれちがっていたかもしれない。

一見してアーチスト風のお客様がいた。初めてお目にかかる方、バイラオール(フラメンコの踊り手)とのこと。なるほど、立ち姿、身のこなしがお洒落である。10月のリサイタルをご紹介すると、「スペインには、“歌曲”と“民謡”の中間に、素敵な歌が沢山ありますね」と仰る。上手い!この表現は言い得て妙だ。「スペインの歌って、クラシックですか?民謡ですか?」私の歌を聴いたことのない方、ほぼ100%から発せられる質問への適確な答えになっているかもしれない。「小粒な曲が多いけど、キラリと光っているんですよね」と、再び、バイラオール氏。これもまた上手い!そうなのだ。もちろんスペインの歌のジャンルには、オペラ「ゴィエスカス」「はかなき人生」のアリアのような大曲もある。しかしその大半は、あふれる情熱をギュッと凝縮し、その光と影を、粋に、凛々しく、そしてどこか儚く、語り、歌う作品である。歌に秘められた心は、不器用なほど真っ直ぐで、愛おしい。時折、グランドオペラ風に仰々しく演奏されるスペイン歌曲に遭遇することがある。正直、唖然としてしまう。

夜も更け、濃い目のエスプレッソで宴は終了。友人達と店を出た。オーナー氏と奥様が手を振って見送ってくれる。少しだけ風が涼しい。炎暑と戦いながら、リサイタルに向けて、ひたすら練習の日々。束の間の“スペイン”が、心と体を充電してくれた。
[PR]

by Megumi_Tani | 2010-08-12 10:09 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

やっぱり体育会系   

今日は立秋…。しかし、暑い。とにかく暑い。「暑い」というより「熱い」と書きたいくらいだ。猛暑、酷暑、炎暑…今年は「激暑」なる言葉も登場したそうな。北海道でも37℃が出た。日本列島が燃えている。

そんな中、昨日もギターと伴奏合わせ。ああだこうだと言いながら、譜面を読み込み、音を出し、ひとつひとつの曲を作り上げていく。二時間や三時間はアッという間に過ぎる。ギターに高温多湿は禁物、しかしクーラーは喉の大敵、室温は高めの設定。練習が終わる頃には二人とも汗だくだ。繊細な曲作りも、最後は体力勝負。そういえば、去年の夏も似たようなことを書いた。http://megumitani.exblog.jp/10890913/ やはり、音楽家は体育会系である。

合わせも終盤、暑さと長時間の集中で、やや意識朦朧。そこに現われた破壊的な和音に辟易していると、ふと声が聞こえた気がした。「その音です。しっかり演奏しなさい」壁の写真のイエペスがこちらを見て笑っている…。まさか…。
[PR]

by Megumi_Tani | 2010-08-07 07:47 | リサイタル | Comments(0)