<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

ユネスコ「世界記憶遺産」へ   

伊達藩から遣わされた「慶長遣欧使節団」とスペインとの深いご縁について、これまで何度かご紹介しました。スペイン南部コリア・デル・リオの町に、今もサムライの子孫であることを誇りに思う「ハポンさん」が存在していることは、大いなる驚きです。
http://megumitani.exblog.jp/14536630/
http://megumitani.exblog.jp/15127138/
私がスペイン語をご指導いただいてる日西翻訳通訳研究塾は、東日本大震災によって休館中の宮城県慶長使節船ミュージアム「サン・フアン館」を応援しています。
http://www.santjuan.or.jp/index.html
2月には、塾頭先生はじめ塾生有志の方々が現地をお見舞いされました。
http://santjuan.exblog.jp/d2012-02-16/
そしてこのたび嬉しいことに、日本・スペイン共同で、慶長使節団をユネスコの「世界記憶遺産」に推薦することが決まりました。
http://www.asahi.com/culture/update/0228/TKY201202280671.html

来年2013年は、使節団出帆400年の記念の年にあたります。
長い時を経て結ばれたスペインと日本の絆が、必ずや大きな力となることを信じています。
[PR]

by Megumi_Tani | 2012-03-13 09:10 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

祈り   

弥生三月。今年はまだ寒い日が続いています。
風の温もりが待ち遠しい春、やるせない思いに心沈む春です。

一年前と同じ曜日、同じ仕事場へ向かう電車のなか。記憶が鮮明に蘇りました。あの日を境に一変した“何か”を見つめ続けた一年でした。より混迷を深める様々な現実に胸が詰まります。行き場のない怒りも覚えます。悪い夢を見たような錯覚にさえ陥ります。どこかで時が止まってしまったような感覚があります。東京にいる者でさえこの有様です。彼の地の方々のお心を思うと、言葉が見つかりません。安易に、あるいは声高に、何かを述べ立てることなどとても出来ない、そんな気持ちになります。北の国に春の訪れの早からんことを、そして、何より、“心”の平安とご無事を、切にお祈り申し上げます。

鎮魂と希望への願いをこめて『2011年リサイタルライブCD Plegaria~祈り~』を制作しました。日をあらためて、ご案内させていただきます。
[PR]

by Megumi_Tani | 2012-03-10 09:51 | 思い&想い | Comments(0)