<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧   

ハートウォーミング・コンサート   

5月恒例、合唱団コール・シャンティーの第45回定期演奏会に出かけた。
http://shantey.net/
スペイン黄金世紀宗教楽派の大作曲家ヴィクトリアの美しくも難解なミサ曲をずっと歌い続けてくれている。感謝!今年はチャイコフスキーの合唱曲を原語つまりロシア語で、しかも無伴奏で歌う、という大技に挑戦されていた。当日配布のプログラムに「ロシア人にも解かる歌詞を目指して努力しました」とある。練習、大変だったろうなぁ…。おなじみのゴスペル・ステージ、そしてアンコールは「手紙~拝啓 十五の君へ」と「花」。この「花」という曲、以前は何となく苦手だったが、コール・シャンティーの演奏を聴いて、いい曲だな、と思うようになった。団員の皆さんが歌詞の一言一言をしっかりとかみしめて歌う、その熱く優しい思いが伝わってくる。指揮者・野本明裕先生の情熱とパワー!お人柄!そして、先生のもとに結集した”歌大好き”な仲間たち!コール・シャンティーの演奏会は素朴で温かい。
歌っていいな…。心がホッコリする058.gif
[PR]

by Megumi_Tani | 2012-05-20 09:01 | エトセトラ | Comments(0)

土井宏之・今~昔展   

暴風、大雨、そして竜巻…。ここ数日おそろしい天気が続いていたが、昨日やっと晴天に恵まれた。爽やかな風と太陽の力。それだけで心が元気になる。お天気の力は本当に大きい。

原宿で、毎春恒例、土井宏之画伯の個展が開かれている。
e0172134_9361877.jpg

e0172134_9382418.jpg

日本、アメリカ、ヨーロッパを行き来しながら活躍中の土井さん。
http://www.doi.muenchina.com/index.html
私の最初のCDのジャケット表紙を飾った土井さんの<マリア> 今は、HPの表紙に。
http://www.e-yakushiyo.net/Tani_Megumi.htm

先般ニューヨークへ行かれた際、アメリカの人たちの大震災への思いに胸打たれたそうだ。私のバルセロナの恩師も、CD≪Plegaria≫完成の電話をかけた折、被災地を、日本を、気遣ってくれていた。そういえば、2006年、北海道・佐呂間町が大きな竜巻に襲われた時、たまたま一緒に仕事をしたスペイン人青年が丁寧なお見舞いの言葉をかけてくれた。遠くて近い心、時に、近くても遠い心…。人の心は何を思い、どこを彷徨うのだろう。昨日は11日。あの日を思い、今を思い、胸が詰まり、切なくなる。≪Plegaria≫の15番目の曲<悲悼>は、大震災直後、恩師が日本への深い思いをこめて作り、自らの演奏を寄せてくれた曲だ。ぜひ多くの方にお聴きいただきたいと思う。 http://www.soundaria.com/index.php?body=spec&product_id=905653&category_id=127789&PHPSESSID=25b406d83aa75cdc173bea84e69c411d

原宿Repi Dollは、外の喧騒とは無縁の静かで落ち着いたお店。午後に行くと土井さんご本人に会えるかも!サングラスがお似合いのダンディで素敵なおじ様です。
[PR]

by Megumi_Tani | 2012-05-12 09:38 | エトセトラ | Comments(0)

メンブレン   

昨秋買ったPCのキーボードが打ちにくい。オモチャみたいなタッチ、ミス連発でストレスがたまる。パソコン博士に愚痴ったら、「キーボードを外付けで使ったら?有線タイプも無線タイプもあるよ」とのこと。さっそく量販店に行ってみると、あるわ、あるわ…。その数と種類の多さに驚いた。こんなに売っているということは、私のようなストレス人種が沢山いるということ?

ノートPCのキーボードはパンタグラフ式というらしい。「平面の段差が少なく軽やかに入力できます」らしいが、この段差の少なさ、妙な軽さが私のストレスの原因。平面すぎて手ごたえ(押しごたえ?)がなく、上下左右ご近所のキーを道連れに叩いてしまう。次に来るのがメンブレン式。キーとキーの間隔、打ち込む深さが違う。そのもっと上、入力系仕様をメカニカル式というらしい。はぁ…。初めて知った。このPCを買う時、売り場のお兄ちゃんが「お客さん、入力系みたいだけど、ホントにこれでいいんですか?」と言った意味が、今、分かった。

パンタグラフは除外して、メンブレンとメカニカル。売り場に並んでいるキーボードを片っ端から叩いてみる。メーカーによって、機種によって、見事にタッチが違う。キーの形状、戻り具合、叩いた時の音etc。メンブレンでもタフな感じのものはメカニカルより叩き甲斐?がある。お値段の高いものが叩きやすいか、というと、そういうわけでもない。となると相性の問題?ちょっとピアノを弾き較べるのに似ているなぁ。そのなかで、キーがスッと指に吸いついてくる感じの一台があった。これだ!ほかの機種をまたひと通り叩いてみて、戻って来ると、やはり!指への馴染み具合が断トツにいい。これに決定!

帰宅してさっそく設定しようとしたら、設定、などというほどのこともなく、すぐに使えた。ポンポン叩けてすこぶる快適。なぁんだ、これならもっと早く買えばよかった。パソコン博士ありがとう!

便利かつ魔界のようなPCの世界にはとっくについて行けていないのだけれど、それにしても、こんなある意味アナログっぽいレベルから、知らないことが沢山ある。あらためてオドロキ。だけど、「メンブレン」なんて言葉、やっぱりすぐに忘れそう。
[PR]

by Megumi_Tani | 2012-05-04 09:12 | エトセトラ | Comments(0)