<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

余計なお世話   

夏休みの電車。真っ黒に日焼けした元気そうな小学生三人が乗ってきた。お兄ちゃん5年生、妹3年生、弟1年生くらいだろうか。背中にリュック、首から水筒をかけ、電車内の混雑など関係なくウキウキ、とても嬉しそう。どうやら初めての兄妹弟三人旅、電車の終点の駅で、おじいちゃんとおばあちゃんが待っているらしい。お兄ちゃんは、まさに頼れる兄貴って感じで、実によく妹と弟の面倒をみている。お茶目な妹は「お兄ちゃん、私のジュースを飲んでもいいよ」なんて言いながら、電車の中をキョロキョロ。一番下の弟君は、少し不安そうにお姉ちゃんのリュックの端をしっかり握りしめている。「ほら、〇〇駅ってあるだろう?あそこまで乗って行くんだよ」お兄ちゃんが電車の壁に貼られた路線図を指さして説明する。ウンウンと、大きくうなずく妹と弟。お兄ちゃんは胸を張り、ちょぴり誇らしげだ。いい光景だなぁ…。

と、そこへ、彼らの近くに座っていた中年女性が声をかけた。「君たち、ここに座ったら?」(君たち、って、席は一つしかないじゃない…以下、私の心の声)「大丈夫です。ありがとうございます」と、お兄ちゃん。(何ときちんとした言葉使い!)女性が重ねて言う「いいのよ、遠慮しなくて」「大丈夫です。ありがとうございます」今度は妹もお兄ちゃんに声を合わせる。(いいって、言ってるじゃない)「構わないのよ、ホンとに」しつこく迫る女性。「大丈夫です。ありがとうございます」今度は、お兄ちゃんとお姉ちゃんの危機を感じた弟ちゃんまで、同じセリフを言っている。(意味、分かっているのかな?けなげだなぁ)「おばちゃんは次の駅で降りるのよ。いいからここへいらっしゃい!」ついにお兄ちゃんは背中のリュックをむんずとつかんで引っぱられ、無理やり女性が座っていた席に押し込まれた。(あら~~~!)とっさの事態に固まる妹と弟。「お前たちはちゃんと棒につかまって、そこに立ってろ!」必死で叫ぶお兄ちゃん。さっきまでのピクニックムードは一変。三人の顔は緊張で引きつっている。ところが女性は、そんなことどこ吹く風。呆然と立ち尽くす妹と弟には目もくれず、お兄ちゃんに向かってベラベラ喋り出した「君、どこまで行くの?」「何年生?」「よく日に焼けているわね。サッカーでもしているの?」「大丈夫。ちゃんと三人で行けるわよ」(ちゃんと行けているのを邪魔しているのはアナタでしょ!)etc、etc。いかにも居心地悪そうに座り、うつむき加減に一生懸命、妹と弟の様子を気にするお兄ちゃん。ドア横のバーにつかまり、捕獲された?お兄ちゃんを見失うまいと、じっと見つめる妹と弟(大丈夫、次に何か起きたらおばちゃんが助けてあげるからネ)…。やっと「次の駅」が来た。「気をつけてお行きなさい」なんて、上機嫌で女性が降りて行くやいなや、お兄ちゃんは席からジャンプ!!ドア横に身を寄せる妹と弟に駆け寄った。ホッとして、満面の笑みでお兄ちゃんを見上げる二人…フ~よかった!子どもたちの心も分からず勝手な親切。ホンと、余計なお世話だ。プリプリ…。アレッ?でも、でも、もしかすると、余計なお世話に腹を立てている私は、もっと余計なお世話???

なぁんて慎ましく自分を見つめ直していたら、そんなちっぽけな余計なお世話などぶっ飛ばす、破格、別格の「余計なお世話ニュース」が飛び込んで来た。しかもスペインから…。
005.gif041.gif http://www.cnn.co.jp/fringe/35020830.html 041.gif005.gif
こうなるまで、誰も気がつかなかったのかしら?不思議。
[PR]

by Megumi_Tani | 2012-08-26 08:17 | エトセトラ | Comments(4)

ビタミンもりもり!その2   

夏の名残りの野菜たち。鈴なりの黄色トマト&近年登場のトマピーです。
e0172134_8313068.jpg

e0172134_8315058.jpg

トマピーは新種のパプリカ。濃い緑色から、やがて鮮やかな紅色に変身します。肉厚で、パリッとした歯ごたえとみずみずしさ、さわやかな香りとほのかな甘味が特徴。 ビタミンCはレモンの2倍、ビタミンAとB2もそれぞれピーマンの数倍、含まれています。 苦みや臭いがほとんどないので、サラダにおすすめ。熱を加えても色が変わりません。炒めものやオーブンを使ったお料理にもいいですね!ガン予防効果もあるとか…。

e0172134_8313962.jpg

★お待たせしました!
NHK総合≪キッチンが走る!≫
日本海の幸で情熱のスペイン料理 ~新潟県・上越市~
全国再放送8月21日(火)午後3時15分~
吉祥寺ドス・ガトス高森シェフが自慢の腕をふるいます!どうぞ、お見逃しなく。
[PR]

by Megumi_Tani | 2012-08-18 08:32 | 故郷 | Comments(2)

ビタミンもりもり!   

北海道は、朝晩思わず長袖を羽織りたくなるほど涼しくなりました。それでも昼間はまだ夏の太陽が照りつけています。空気がきれいな分、お肌もジリジリ、ダイレクトに焼けるような…。
実家の菜園で採れた夏野菜たち。ツヤツヤ、ピカピカ、輝いています!
e0172134_13103072.jpg

e0172134_13112177.jpg

[PR]

by Megumi_Tani | 2012-08-15 13:11 | 故郷 | Comments(2)

夏の華火   

ロンドンオリンピックも終盤。なでしこ銀!!日本得点時の澤の粘りのパス、さすがだった。試合直後の涙、そして表彰式での笑顔。『チームなでしこ』に、ただただ拍手を送りたい。
女子卓球の銀、愛ちゃんオメデトウ。美しい体操、27人リレーの水泳、女子バドミントンの銀、女子バレーボール24年ぶりの準決勝進出、etc、etc…。あれ?何だか女子が多い??それにしても、女子レスリング三連覇、吉田沙保里選手の凛々しいことよ!066.gif男子サッカーが初戦でスペインを破ったときには驚いたなぁ。

シナリオなしの真剣勝負。一瞬の涙があっても、戦いきった笑顔は皆さん、本当に美しい。
あの、まるで閉会式のように?盛り上がっていた開会式から二週間。オリンピックの夏が過ぎていく…。
[PR]

by Megumi_Tani | 2012-08-10 08:27 | エトセトラ | Comments(0)

オリンピックの器   

ロンドンオリンピックは熱戦たけなわ。テレビ観戦にしようにも、これぞ!という試合は、どれも真夜中や朝方の放送。ヨーロッパでの開催は時差がなぁ…。

それにしても、昨今の選手は大変だ。試合が終わった直後、その場にレポーターが待ち構えている。そして「今のお気持ちはいかがですか?」「ご自身の戦いぶりについて、どう思われますか?」などと、質問される。勝ったときはともかく、負けたときの気の毒なこと…。「金メダルに届きませんでしたね」「今後に向けての抱負をどうぞ」「日本で応援していた人達にひと言お願いします」なんて、たった今負けたその本人に、ズケズケ聞く。大した神経だ。これも仕事…?選手が言葉に詰まると、答えるまでジーっとマイクを向け続ける。残酷…。「ご自身の敗因はなんだと思いますか?」と聞かれて、一瞬絶句。「今終わったばかりなので、自分でもよく分かりません」と答えた選手がいた。その通り!「だいたいそんなこと、あんたに聞かれる筋はない!」と、おこりんぼの私は、代わりに怒鳴りつけたくなる。「皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです」と声を絞り出す選手に「それでも、立派な『銀』だと思いますよ」なんてシャアシャアと言う。金に届かなかった、と言ったのはお前じゃないか!怒、怒、怒…。

それでも誰も泣きじゃくったり、取り乱したりしない。最後まできちんと質問に答えようとする。そういえば、勝った選手も「キャア!やった!うれしい!勝った!勝った!イェーイ!」なんて、はしゃいで興奮して叫んだりしない。皆、周囲への感謝を述べ、自分の気持ちを総括し、今後の目標を語る。「インタビュー」を成立させているのだ。みんなエライなぁ…。競技の実力だけではなく、そのタレント性?も含めて、オリンピックの器、ということか。

またまた真夜中。なでしこが、カナリヤ軍団を破った!一点目の澤の素早いパス、さすが!いつぞや、ワールドカップ優勝からまだ間もない頃、あまりにも“普通”に電車に乗っている佐々木監督をお見かけした。あの自然体(風?)も器か。行け!なでしこ!
[PR]

by Megumi_Tani | 2012-08-04 09:22 | 思い&想い | Comments(0)