<   2014年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

ファリャ再発見   

ファリャの音楽、と聞いて、まず浮かぶイメージは…「灼熱のアンダルシア」だろうか。これでもか、これでもか、と押し寄せる野性的なリズム、時に爆発的に、時に妖しく鳴り響く旋律、一瞬の閃光のようでありながら、実は緻密に構築された音楽。とにかく熱い。音楽だけを聴くと、どんなに「濃い男」かと思ってしまうが、実際のファリャは痩せて小柄で、いつも黒ずくめの服、若い頃から禿げ頭の潔癖症。まぁこう言っては何だが、地味で風采があがらない。性格は、律儀で、生真面目で、神経質。贅沢を嫌い、清貧に徹し、死後、自分の作品がただ儲けるためだけの商売に利用されないよう遺言まで残している。敬虔なキリスト教徒であった彼にとって、己の作品は神様への捧げものだったのだ。だから最後まで、より純粋で美しく高貴な音楽を求めずにいられなかった。こんな人物の一体どこからあの熱い音楽が生まれて来たのか???外から見ただけではまったく分からない、人間の内なる魂の力に感嘆する。

ファリャはスペイン南部の港町カディスの生まれだが、母親はカタルーニャ出身だった、というのが、また興味深い。音楽好きの母が幼いマヌエルにピアノを教えてくれた。いわゆるステレオタイプ的に分類すれば、熱いアンダルシアとクールなカタルーニャには少々(かなり?)ズレがある。カタルーニャ人の母親から生まれても、あんなに濃いアンダルシア的な音楽を作る。きっと人間には、「生まれ」とは全く別の次元で、その人の魂の欲求、叫びがあるのだ。

同じことを、昨年暮れ、カニサレスのコンサートを聴いたときにも感じた。カニサレスもカタルーニャ人だ。再びステレオタイプ的に分類すれば、カタルーニャとフラメンコには少々(かなり?)ズレがある。そのカタルーニャから、パコ・デ・ルシアも認めるフラメンコギターのスターが生まれた。やはり、人間には「生まれ」とは別の次元で、その人の魂の欲求があるのだと思う。お人柄は知らないが、舞台上のカニサレスは、とても真摯に、生真面目に、己の音楽に取り組む人に見えた。彼がマエストロ・ファリャを尊敬し、「はかなき人生」や「七つのスペイン民謡」を独自の編曲で演奏しているのも興味深い。

カニサレス・カルテットによる『ファリャ』


『悩ましい愛の歌~恋は魔術師より』 昔の楽譜は表紙も素敵です!
e0172134_0404391.jpg

演奏は、こちら。


音楽講座のおかげで、ファリャ再発見の3月でした。
[PR]

by Megumi_Tani | 2014-03-27 00:47 | スペイン歌曲 | Comments(0)

『内戦の影』   

スペインの音楽講座第7回が終了しました。今回とりあげたのはマヌエル・デ・ファリャ、そして詩人フェデリコ・ガルシア・ロルカです。

不毛の18世紀が過ぎ、19世紀から20世紀にかけて、ようやくスペインにもアルベニス、グラナドスら「次の時代」の作曲家が登場しました。偉大な先輩マエストロ達の教えを引き継ぎ、さらにその世界を越えて、スペインの音楽を異なる次元~世界的視野をもつスペイン音楽~に昇華させた人、それがマヌエル・デ・ファリャです。かぎりなく緻密な構成、熱くほとばしる鮮烈な色彩感とリズム、楚々として艶やか、大胆かつ繊細な音楽は、まさに「洗練された粋と情熱のスペイン」そのものです。

『スペイン舞曲第1番』~オペラ『はかなき人生』より


『悩ましい愛の歌』~舞台音楽『恋は魔術師』より
今は亡きアントニオ・ガデスとクリスティーナ・オヨスが圧巻!


『7つのスペイン民謡』ファリャ本人のピアノ伴奏!による録音


グラナダに移り住んだドン・マヌエルを慕い集った芸術家たち。その中心にいたのが、若き詩人フェデリコ・ガルシア・ロルカでした。子どもの頃から音楽に優れていたフェデリコは、村の人々が歌う民謡を覚え、自らピアノを弾いて歌うのが得意でした。気さくな人柄で、誰からも愛されたフェデリコ。ドン・マヌエルとフェデリコとの微笑ましい交流のエピソードがいくつも残されています。

1936年、内戦ぼっ発。ファリャは絶望感にさいなまれ、心身を病み、弱っていきます。そして、突然訪れた悲劇。ファリャはフェデリコのために奔走しますが、マエストロ・ファリャの影響力を以てしても、詩人の命を救うことはできませんでした。非人間的な暴力への怒り、若き友を失った悲しみ、虚しさ…。ファリャはますます衰弱していきます。

『Breve biografía de Federico García Lorca

クリックして画像をどうぞ。ガルシア・ロルカの生涯を駆け足で見ることができます。

フェデリコは自ら採集したスペイン古謡のなかから13曲を譜面に残しています。さらに、彼が自らの演劇に使うつもりで書き残した音楽を、友人の作曲家ピタルーガが編纂した楽譜集『ガルシア・ロルカ演劇中の旋律』があります。
e0172134_0224998.jpg


内戦終結後、ファリャはアルゼンチンから演奏会の招聘を受け、病の身を押して海を渡ります。かの地で療養を重ねるも健康の回復はならず、七年後、ついに故郷スペインへ帰ることは叶わないまま、息を引き取りました。望郷の念激しく、自宅には、アルゼンチンとスペイン各々の時刻に合わせた二つの時計を置いていたといわれています。

小柄で黒ずくめの服装、己に厳しく、贅沢を嫌い、虚栄を嫌い、規則正しい生活を守り、律儀で義理堅く、お世話になった人への恩義を決して忘れず、世界に開かれたスペイン音楽、そしてその音楽の精神における高みをひたすらに求め、自らの生涯を神に捧げたファリャ。あたかも求道者のごとく生きた彼の、おそらくは数少なかったであろう穏やかな時間のなかに、ガルシア・ロルカの存在がありました。死後、ファリャの蔵書の中から、フェデリコの原稿が発見されています。子ども向けの愉快な人形オペラの台本で、余白にはファリャの覚書やスケッチが書きこまれていました。ドン・マヌエルとフェデリコの穏やかな時間が続いていれば、もしかすると一大傑作が生まれていたのかもしれません。

音楽講座の帰り道、夜空を見上げると、星ひとつない真っ暗な空に、ほんの少し赤い月がくっきりと浮かび上がっていました。



第5回教養講座『Las Músicas de España』(スペインの音楽)
これまでの講座の様子は、こちら。
『第1回』 『第2回』 『第3回』 『第4回』 『第5回』 『第6回』 
e0172134_23555815.jpg

[PR]

by Megumi_Tani | 2014-03-19 00:13 | 講座/セミナー | Comments(0)

祈りつづける   

今日の午後2時40分過ぎ、私は地下鉄・大江戸線に乗っていた。「午後2時46分から地下鉄全線で訓練を行います」というアナウンスが何度も繰り返されている。電車が止まる…?三年前の記憶が心をよぎった。あの時、私は郊外の町の電車に乗っていたのだ…。そろそろ2時46分という頃、駅についた。誰もがそそくさと電車を降り、足早にエスカレーターに向かう。大江戸線は深い。いくら「安全です」と言われても、この暗い穴の底で揺れたら、さぞかし気味が悪いだろう。

三年目の3・11。昨年よりも、一昨年よりも、心にずっしりと重いものを感じているのは、私だけだろうか?被災地の現状に関する様々な報道に触れると、その困難さに、言葉が見つからない。忘れる?忘れられるはずがない。祈ろう。祈りつづけよう。あらためて、心に誓う。

************************************

東日本大震災の後、世界各地で祈りが捧げられました。
スペイン南部の町、コリア・デル・リオの「ハポンさん」


ハポンとはJapón、つまり日本、のことです。
ハポンさん…?誰?何?と思われた方、歴史は400年前に遡ります。『日西交流400周年
日西交流400周年ブームのずっと前に、慶長遣欧使節団ととコリア・デル・リオの人々との歴史を、現地に乗り込んで調べた女性がいました。
『Japónさんと支倉さん~日本とスペイン400年の時と海を越えた出会い』

「私の苗字はハポン!」「私のおじいちゃんも、おばあちゃんもハポンよ!」


1613年9月15日、慶長遣欧使節団を乗せた船、サン・フアン・バウティスタ号が、月の浦(現在の宮城県石巻市)を出港しました。 『宮城県慶長使節船ミュージアム サン・フアン館』には、サン・フアン・バウティスタ号の復元船が係留展示されています。東日本大震災の影響で休館していましたが、2013年秋、再開館にこぎつけました。祝!
[PR]

by Megumi_Tani | 2014-03-11 22:08 | 思い&想い | Comments(0)

本日、記念日2014   

日付が変わってしまったが、3月7日はW記念日だった。

なんの記念日かといえば、まず、花粉症。もう二十年以上前?の3月7日、私は友人宅に遊びに行っていた。オシャベリしているとクシャン!「あれ、風邪かな」お昼ご飯を食べていると、クシャン!クシャン!「変ね」そのうちにクシャン!クシャン!クシャン!クシャン!クシャン!クシャン!止まらなくなった。鼻水もツーツー。「もしかして、それ、花粉症じゃない?」と友人。「そんなはずはない。私、花粉症じゃないもの!」当時の私は、花粉症なんてものは、都会のヤワな人間がなるもの、と、思い込んでいたのだ。田舎育ちの私には生涯無縁だと。しかし、この日以来、私は立派な?花粉症族になった。様々な人が奨めてくれる様々な対策を試したけれど、まぁ効くような効かないような…。歌の先生は、マスクをしたままでは仕事にならないから困る(>_<)今年はまだ寒さが続いているけれど、花粉君はすでに襲来。天気予報のあの赤い画面を見ただけでムズムズッとする。桜が咲く頃まで…。長いなぁ007.gif

もうひとつの記念日。それはFaceBook。去年の3月7日、友人に「やれ~!」と、背中を押され、何が何だかよく分からないまま、とにかく始めて早一年。何より嬉しいのは、スペインの様々な情報をリアルタイムで得られること。先日亡くなられた、まどみちおさんの『一年生になったら』ではないけれど、沢山の「FBお友達」が出来た。皆さんの、千差万別、多種多彩な投稿を拝見するのも興味深い。

というわけで、2014年3月7日、とにもかくにもめでたいW記念日でした。
ちなみに、2013年3月7日のブログはこちら ⇒ 『本日、記念日』


[PR]

by Megumi_Tani | 2014-03-08 01:42 | エトセトラ | Comments(0)

『Friday Night in San Francisco』   

先日ご紹介した『Friday Night in San Francisco』
全曲、聴けます。


こちらは、2006年のライブ。


マドリードでは、フェリーぺ皇太子も参列して葬儀が行われました。
さびしい。
[PR]

by Megumi_Tani | 2014-03-02 01:07 | スペイン音楽 | Comments(0)