<   2014年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

Hakuju Hallでお待ちしています♪   

第23回リサイタル『スペイン浪漫』が今週末に迫りました。今のところ、お天気もまずまずのようです。「それでも貴女のことだから、どこかから嵐を運んで来たりして…」と、友達からメールが届きました。そうなのです。これまで23回のうち、大雪二回、台風二回を大当たりに当てています。でもきっと!今年は大丈夫でしょう。Hakuju Hallは、スカイテラスからの眺めも最高です。開演前、休憩時間など、どうぞおくつろぎください。
e0172134_2075472.jpg

●前売りチケットのお申し込みは、10月3日(金)18:00まで承ります。
お申込み:ヴォ―トル・チケットセンター
Tel:03-5355-1280
 (10:00~18:00)
Web:ヴォ―トル・チケットセンター(24時間年中無休) 

●当日券は10月4日(土)13:30、会場にて販売開始いたします。
おそらく数量僅少になりますので、ご希望の方はお早めにお越しください。


プログラムについてのご紹介は、こちらをどうぞ。
「地中海の薫り」    「グラナダ~光と影」   「郷愁の華」   「わが心のアランフェス」   
「粋に、優雅に」

とっておきの "スペイン" をご用意してお待ちしています。
e0172134_20225194.jpg


第23回谷めぐみリサイタル《スペイン浪漫》
2014年10月4日(土)午後2時@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています。 詳しい情報は、上をクリック060.gif
[PR]

by Megumi_Tani | 2014-09-30 20:24 | リサイタル | Comments(4)

『スペイン浪漫』~粋に、優雅に   

『スペイン浪漫』第4ステージは、マホとマハの恋の歌でピリッ!と締めたい。マホ(伊達男)とマハ(粋な女)のえもいわれぬ風情、心模様は、まさにスペインの浪漫そのもの。粋で、優雅な、スペイン歌曲独自の魅力です。

このジャンルでは、なんといってもグラナドスの「トナディーリャス」が有名です。「シンプル・イズ・ベスト」を極めたようなグラナドスの作品に対して、今回演奏するF.J.オブラドルスの作品は、洋服で言えば、フリルや大きな衿やカラフルなボタンで飾られたような、独特の色彩感、親しみやすさがあります。彼は、古謡、民謡を歌曲の形にした作品を数多く残しました。

締めの締めはエル・ビート!!リサイタルでピアノ伴奏で歌うのは久しぶりです。かれこれ三十年前、初めてこの曲を歌った時のショック!?は忘れられません。ハァ…こんな歌があったんだ!度肝を抜かれました。正確な発祥の地は不明のようですが、スペインでは知らない人はいない有名な曲です。歌以外にも、様々な楽器、ジャンルにアレンジされています。

カバリエの歌。迫力!(画面左上の白文字クリック ⇒ フル画面)


舞踊版は、どことなく、のどか、ですね。


ギタートリオ版


こちらは、ジョン・コルトレーン「Olé」より


『スペイン浪漫』第1ステージから第4ステージまで、abanico(スペインの扇子)をいっぱいに広げたような極彩色のプログラムで、皆様をお待ちしています。チケットのお申し込みは、ヴォ―トルチケットセンターまで。
ヴォ―トル・チケットセンター
Tel:03-5355-1280 (10:00~18:00) 土、日、祝祭日休み
Web:ヴォ―トル・チケットセンター (24時間年中無休)


第1ステージのご紹介はこちら ⇒ 『スペイン浪漫』~地中海の薫り
第2ステージのご紹介はこちら ⇒ 『スペイン浪漫』グラナダ~光と影
第3ステージのご紹介はこちら ⇒ 『スペイン浪漫』~郷愁の華
第4ステージのご紹介①はこちら ⇒ 『スペイン浪漫』わが心のアランフェス

第23回谷めぐみリサイタル《スペイン浪漫》
2014年10月4日(土)午後2時@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています。 詳しい情報は、上をクリック060.gif
[PR]

by Megumi_Tani | 2014-09-25 23:57 | リサイタル | Comments(0)

『スペイン浪漫』~わが心のアランフェス   

言わずと知れたロドリーゴの代表作「アランフェス協奏曲」。ギターとオーケストラの協奏というアイデアも斬新でしたが、何よりも“あの”二楽章の旋律で、世界的大ヒット曲になりました。

ロドリーゴ自身はギタリストではありません。幼い頃、病による失明という不運に見舞われたにも関わらず、偉大なピアニスト、作曲家、教育家、著述家等々として世界的な活躍を続け、97歳の長寿をまっとうしました。今は、マエストロに常に付き添っていた愛妻ヴィクトリア夫人とともに、アランフェスの墓地に眠っています。1940年にバルセロナで初演された「アランフェス協奏曲」第二楽章の旋律は、内戦に疲れたスペインの人々の心を慰めたといわれます。また、第一子を流産して悲しみにくれるヴィクトリア夫人への思いも込めた、と、後にロドリーゴ自身が語っています。

それにしても美しい旋律です。クラシックに限らず、ジャズ、ポピュラー、様々なジャンルのミュージシャンがレパートリーに取り上げ演奏しています。歌い手もご多分にもれず、で、歌心を刺激され、スペイン語、フランス語、英語、イタリア語等々の言語で歌詞が付けられました。

ドミンゴによるスペイン語版


ドミンゴ、ごめんなさい!この曲に関しては、私にはどうにも歌詞が不要に思われるのです。オリジナルがギター曲として書かれた、その味わいを大切にしたい。

流麗な旋律、囁くような細かい音の動き…。この曲を楽しみに待っていていくださるお客様も多い、リサイタルの人気曲です。高雅でロマンティックなピアノの響きとともに、「哀愁」という言葉がよく似合う“あの”旋律を、今年もヴォカリーズで歌ってみたいと思います。

イエペスが弾く二楽章。彼はこの曲をデビュー公演で演奏し、一大旋風を巻き起こしました。


こちらは、マイルス・ディビス「スケッチ・オブ・スペイン」 シブい!


第1ステージのご紹介はこちら ⇒ 『スペイン浪漫』~地中海の薫り
第2ステージのご紹介はこちら ⇒ 『スペイン浪漫』グラナダ~光と影
第3ステージのご紹介はこちら ⇒ 『スペイン浪漫』郷愁の華

第23回谷めぐみリサイタル《スペイン浪漫》
2014年10月4日(土)午後2時@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています。 詳しい情報は、上をクリック060.gif
[PR]

by Megumi_Tani | 2014-09-23 13:29 | リサイタル | Comments(0)

二週間前になりました ♪~(^0^)~♪   

朝晩、さわやかな季節になりました。
リサイタルまで、ちょうど二週間です。「グラナダ」「すみれの花売り娘」「アルハンブラの想い出」
「お手伝いさんのタンゴ」「わが心のアランフェス」「嫉妬深いマホ」「エル・ビート」etc,etc。
浪漫の香りあふれる、とっておきの歌をご用意して、皆様のお出かけをお待ちしております。
e0172134_17491736.jpg

チケットのお申込み:ヴォ―トル・チケットセンター
Tel:03-5355-1280 (10:00~18:00) 土、日、祝祭日休み
Web:ヴォ―トル・チケットセンター (24時間年中無休)

e0172134_17503346.jpg
 
第23回谷めぐみリサイタル《スペイン浪漫》
2014年10月4日(土)午後2時@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています。 詳しい情報は、上をクリック060.gif
[PR]

by Megumi_Tani | 2014-09-19 17:56 | リサイタル | Comments(0)

『スペイン浪漫』~郷愁の華   

『スペイン浪漫』第3ステージは、古きよき時代のマドリードの下町にご案内します。にぎわう街角、街に流れるクプレ…。人々は仕事帰りにバルで一杯ひっかけ、日頃の憂さを晴らします。17世紀に王家の娯楽として始まったサルスエラも、この時代にはすっかり様相を変え、庶民の娯楽に生まれ変わっていました。笑いと涙、時にはピリリと風刺のきいたストーリー。すったもんだの挙句、最後はすべてハッピーエンドの大団円!そんな人情話に、人々は、自らの人生を重ね、舞台とともに笑い、涙し、明日へのエネルギーを蓄えたのでした。

当時、流行していたリズムがハバネラ、そしてハバネラから生まれたゆる~いタンゴです。「すみれの花売り娘」は、ホセ・パディーリャの作品です。チャップリンの映画『街の灯』でご存知の方が多いと思います。チャップリンが無断で使用したため、後に訴えられた、といういわく付きの曲でもあります。でも、この映像、いいですね…。(画面左上の白文字クリック ⇒ フル画面)


パディーリャは、何と!パリのムーラン・ルージュの超売れっ子作曲家でした。「サ・セ・パリ」や「バレンシア」も有名です。

次に歌う「嫉妬」は、タイトルを見ると、どんなオドロオドロシイ曲か…という感じですが、実は、恋をしたら誰もが心に飼ってしまう嫉妬の虫を嘆く、という、何とも憎めない歌です。

そして、劇場のお楽しみ、サルスエラ!「彼が来ないからどうしたっていうの?」では、ヒロインが恋に落ちた自分を嘆き、「お手伝いさんのタンゴ」では、若い娘が奉公の身の上を嘆きます。どちらも嘆きに暮れる女の歌ですが、そうなると、お手伝いさんはたくましい!嘆いてばかりはいられない、と、あの手この手で人生を切り開いてまいります(笑)。

地中海、グラナダ、マドリード、と巡った旅が、次の第4ステージでフィナーレを迎えます。
第1ステージのご紹介はこちら ⇒ 『スペイン浪漫』~地中海の薫り
第2ステージのご紹介はこちら ⇒ 『スペイン浪漫』グラナダ~光と影

ご来聴をお待ちしています。 詳しい情報は、下をクリック060.gif
第23回谷めぐみリサイタル《スペイン浪漫》
2014年10月4日(土)午後2時@Hakuju Hall
[PR]

by Megumi_Tani | 2014-09-18 14:59 | リサイタル | Comments(0)

『スペイン浪漫』グラナダ~光と影   

スペイン語で「柘榴」の意味を持つGranada。グラナダには、あの濃紅色のイメージがよく似合う。その丘に建つアルハンブラ宮殿は、イベリアの地におけるキリスト教徒とイスラム教徒の歴史、栄枯盛衰を生きた無数の人々の物語を秘め、時空を越えて、現代の私たちをも妖しい幻影の世界に誘い込む。

スペインの音楽家の多くもアルハンブラの魔力に魅せられてきました。代表格は、アルベニスでしょうか。神童ピアニストとして世界を放浪していた頃から、彼は何度もアルハンブラを訪れました。新婚の愛妻ロシーナと滞在していた時期もあります。やがて大マエストロになったアルベニスは、パリで、才能ある若きスペイン人音楽家に出会います。マヌエル・デ・ファリャでした。二人はすぐに意気投合し、「世界的視野をもつスペイン音楽」について、熱く語りあったといわれています。ファリャは終生、アルベニスから受けた教えに敬意と感謝を捧げていました。

やがて、ファリャもグラナダが気に入り、44歳の時、マドリードの喧騒を離れてアルハンブラ宮殿にほど近い場所に転居します。そしてこの地で、多くの芸術家と交流し、充実した作曲活動を展開しました。神経質な性格で決して社交的ではなかったファリャが心を許し、親しく付き合った若者が、詩人ガルシア・ロルカでした。彼の謂れなき突然の死に、ファリャは大きな衝撃を受けたといわれています。ファリャは1876年(明治9)に生まれ、1946年(昭和21)年に亡くなりました。第一次世界大戦、スペイン内戦、第二次世界大戦と、まさに戦争の時代に翻弄された一生でもありました。

『スペイン浪漫』第2ステージは、彼らグラナダに魅せらた人々の魂の軌跡、極彩色の光と影をたどります。もちろん!名曲「アルハンブラの想い出」も。こちらは、いつものようにヴォカリーズでお届けします。近年、後付けのスペイン語の歌詞が出回っていますが、私は、ギター曲はあくまでもその“旋律”で歌いたい。おかげ様で、4ステージで歌う「わが心のアランフェス」とともに、リサイタルの人気ヴォカリーズ二曲になりました。「目は口ほどにものを言う」という表現がありますが、まさにヴォカリーズは「旋律は歌詞ほどにものを言う」の世界!その妙をぜひお楽しみください。

ところで、「アルハンブラの想い出」は、この夏公開されたジブリ映画『思い出のマーニー』にも使われたようですね。演奏で参加したのは、今を時めくギタリスト、ミロシュ♪

ということで、本日の動画は、ミロシュに登場していただきましょう。(画面左上の白文字クリック)


第1ステージのご紹介はこちら ⇒ 『スペイン浪漫』~地中海の薫り

第23回谷めぐみリサイタル《スペイン浪漫》
2014年10月4日(土)午後2時@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています。 詳しい情報は、上をクリック060.gif
[PR]

by Megumi_Tani | 2014-09-13 22:53 | リサイタル | Comments(0)

【ぴあクラシック】がご覧になれます♪   

先日ご紹介した【ぴあクラシック】Vol.32 2014秋号がebookにアップされました。どうぞアクセスしてご覧ください。表紙をクリックすると、画面の下の方にページをめくるバーが表示されます。どんどんめくって…36-37ページに『スペイン浪漫』が掲載されています。
【ぴあクラシック】

本番まであと三週間。チケットの動きもアップ(笑)してきました。
ご来聴をご予定の方、どうぞチケットセンターへお申し込みください。
●ヴォ―トル・チケットセンター
Tel:03-5355-1280 (10:00~18:00土、日、祝祭日休み)
Web:ヴォ―トル・チケットセンター(24時間年中無休) 

第23回谷めぐみリサイタル《スペイン浪漫》
2014年10月4日(土)午後2時@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています。 詳しい情報は、上をクリック060.gif
[PR]

by Megumi_Tani | 2014-09-11 23:59 | リサイタル | Comments(0)

【ぴあクラシック】に掲載されました♪   

【ぴあクラシック】Vol.32~2014年秋号に、10月4日『スペイン浪漫』の情報が掲載されました。
美しい誌面で読み物満載!なのに、0円のフリーペーパーです。
全国のチケットぴあ店舗、新星堂、山野楽器、HMV、タワーレコード、関東&関西の主な音楽ホールで手に入ります。どうぞ皆様、どこかでゲットしてご覧ください。ちなみに、『スペイン浪漫』の記事は34ページ、この写真と一緒に載っています。
e0172134_0263432.jpg

第23回谷めぐみリサイタル《スペイン浪漫》
2014年10月4日(土)午後2時@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています。 詳しい情報は、上をクリック060.gif
[PR]

by Megumi_Tani | 2014-09-09 00:30 | リサイタル | Comments(0)

『美』 Barcelona   

素晴らしい動画を見つけました。名付けて 『美』 Barcelona
クリックして、どうぞお楽しみください。
e0172134_21944100.jpg

第23回谷めぐみリサイタル《スペイン浪漫》
2014年10月4日(土)午後2時@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています。 詳しい情報は、上をクリック060.gif
[PR]

by Megumi_Tani | 2014-09-07 21:14 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

一ヶ月前になりました♫   

ほんの少し秋めいてまいりました。
第23回リサイタル『スペイン浪漫』まで、ちょうど一ヶ月になりました。早々にチケットをお求めいただいた皆様、ありがとうございました。これから、という方は、どうぞお早めに!
e0172134_14214093.jpg


チケットのお申し込みほか、詳しい情報は、下ををクリックしてください。
060.gif
第23回谷めぐみリサイタル《スペイン浪漫》
2014年10月4日(土)午後2時@Hakuju Hall
e0172134_14255629.jpg

ご来聴をお待ちしています♫
[PR]

by Megumi_Tani | 2014-09-04 14:39 | リサイタル | Comments(0)