『フジタの白鳥』藤田嗣治の舞台美術   

美しい本をご紹介したい。
e0172134_0454877.jpg

第一次世界大戦後の円熟のパリを謳歌。大成功を収め、最後は、洗礼名レオノール・フジタとしてパリに骨を埋めた藤田嗣治。その藤田が手がけた舞台美術について、詳しく紹介されている。
著者は、佐野勝也氏。藤田の足どりを丁寧に追いかけ、パリにおける華やかな活躍、交友関係をたどり、藤田が舞台美術を手がけた作品ひとつひとつについてあらゆる方向から調査し、絵画作品や残された文章との比較、研究を重ね、藤田の芸術、藤田の世界の本質に迫る。沢山の貴重な写真、図版とともに、紹介されているエピソードの数々も興味深い。藤田嗣治ファンならずとも、ぜひお薦めしたい一冊だ。
『フジタの白鳥』画家藤田嗣治の舞台美術

著者、佐野勝也さんとお目にかかったのは1986年のことだった。この年、没後50年を迎えたロルカを讃えて、東京外国語大学をはじめとするいくつかの大学のスペイン語科の学生さん達が『ロルカ没後50年三大悲劇上演』を企画。その代表を務められていたのが佐野さんだった。私にはロルカにちなむ歌曲を歌ってほしい、とのこと。打ち合わせのため、どこかの喫茶店でメンバーの方々とお会いした。リーダー佐野さんの存在感は格別だった。ロルカ上演への熱い意欲、スペイン語との親しさ、若い仲間の絆…。久しく忘れていた何かが蘇るような、とても懐かしい、とても楽しい時間だった。

時が流れた。『フジタの白鳥』は、佐野さんの絶筆になった。知らせてくれたのは、昨年偶然再会した「86年ロルカ組」のメンバーの女性だ。偶然中の偶然、というのも奇妙な表現だが、彼女との再会は、思わずそう書きたくなるほど、不思議な偶然だった。

本を手にした時、フジタの白鳥、ならぬ、白鳥になった佐野さんが、ふわりと舞い降りたような気がした。佐野さん、素敵な想い出をありがとう。どうぞ安らかに。

『ロルカ没後50年三大悲劇上演』パンフレット 
1986年5月7日~10日@板橋区立文化会館
e0172134_0471020.jpg

[PR]

# by Megumi_Tani | 2017-02-26 00:54 | 本の窓 | Comments(0)

「Neu - 雪」   

「Neu」というタイトルのモンポウの歌曲がある。「Neu」とは、カタルーニャ語で「雪」の意。単調に刻まれる和音、ゆっくりと漂うメロディー…。どこまでも簡素なピアノと歌がひとつの宇宙を創りだす。2分にも満たない小曲だ。

先日の日本・カタルーニャ友好親善協会テルトゥーリア『カタルーニャから生まれた名歌曲』で、この「Neu」をご紹介した。といっても、当日は盛り沢山のプログラムに加えて、懇親パーティー会場への移動時間を確保してください、とのことで、かなり押せ押せの進行。講師の私本人が、タイムキーパーよろしく、手元のパソコンに表示される時刻を睨みながら進めていく。予定の曲を諦め、お聴きいただいている曲を泣く泣く途中でカットし、ご披露するエピソードを少々短縮…。頭の中で分数を計算しながらの、なかなかスリリングな?展開だ。

講演も中盤、話題が今年没後30年を迎えたモンポウに及び、カタルーニャを、そしてスペインを代表する名歌「君の上にはただ花ばかり」をお聴きいただく。あえて、日本では知られていないカルメン・ブスタマンテの演奏。この曲はカットするわけにはいかない。皆さんと一緒にCDを聴きながら、時間調整のために次の「Neu」は取り止めにしよう、と、考えていた。モンポウの歌曲の中でもほとんど無名に近い作品だ。まぁ仕方がない、と。ところが、「君の上にはただ花ばかり」の余韻に浸っている間に、CDデッキから「Neu」が流れ始めてしまった。アララ!これは止められない。途中でカットするほどの長さもない曲なのだ。「「Neu」という作品です。演奏は、谷めぐみ。とても短い曲で…」と大慌てで解説。Ai!, quina tristesa fa~あぁ!なんという寂しさだろう…。印象的なこのフレーズが繰り返され、静かに、本当に静かに曲が終わった。会場に、えもいわれぬ溜息があふれた。

懇親パーティーでの一番人気は「Neu」。これには驚いた。最後の歌詞「Ai!, quina tristesa fa」に、皆さん、深く感銘を受けていらっしゃる。研ぎ澄まされた音、あらゆるものをギリギリまで削ぎ落とした美、無の中の無限…。モンポウが求め、追求した世界は、我々日本人の魂と響き合うものがあるのかもしれない。と同時に、佳き出会いがあれば、原語が分かる分からない云々の壁を軽々と飛び越えて、深く共感、共鳴し合えることを、あらためて実感。

拙CD「谷めぐみが歌う魅惑のスペイン」をお持ちの方、第2曲に「Neu」収録されています。どうぞお聴きになってみてください。

モンポウ:哀歌~「内なる印象」より

[PR]

# by Megumi_Tani | 2017-02-18 23:48 | スペイン歌曲 | Comments(0)

寒の餅、寒のネギ   

今年も飛騨の友人が「寒の餅」を送ってくれた。88歳のお母様が春に摘んで来た蓬を大切に保管、特別なもち米と50パーセントずつの割合で合わせ、一週間かけて準備。ご主人が杵で搗かれる。杵で搗く作業は体力勝負で大変だが、この餅は蓬の量が多いので、いわゆる餅つき機では搗けない、とのこと。深い緑色、ふわりと柔らかい食感。正真正銘手作りの贅沢な味!いつぞや、私が「お餅が好き」と呟いて以来、毎年搗きたてを送ってくれる。Y子さん、今年も本当にありがとうございました。(写真がピンボケでごめんなさい)
e0172134_2249459.jpg

そして、ネギ。甘みが増す冬のネギは鍋物に欠かせない。最近は、カタルーニャの冬の風物詩「カルソターダ」が日本でもすっかり有名になった。ネギ好きにはたまらないこのイベント。今年は、仕事の後、駆け込みで、吉祥寺ドス・ガトスのカルソターダにお邪魔した。真っ黒に焼いたネギの中身、白くトロトロになった部分を、特製ロメスコソースにつけて食べる。うまくネギが噛み切れなかったり、ソースがタラタラ垂れたり…。エレガントというより無礼講のお楽しみ。食べて飲んで、ワイワイ、ガヤガヤ、あっという間に夜が更けた。
e0172134_22505154.jpg

e0172134_22511565.jpg

冬には冬の味わい。でも、やはり春が待ち遠しい、かな。
[PR]

# by Megumi_Tani | 2017-02-06 23:03 | エトセトラ | Comments(0)

名歌曲三昧♪テルトゥーリア   

2月3日(金)、節分の夜、日本・カタルーニャ友好親善協会テルトゥーリア『カタルーニャから生まれた名歌曲』が開催されました。会場には、講師の私の目の前の机まで、いっぱいのお客様。選りすぐりのCD音源、作曲家にまつわる映像、エピソード等々をギュッと詰め込み、「カタルーニャから生まれた名歌曲をカタルーニャから生まれた名歌手の演奏で」お楽しみいただきました。
e0172134_21551743.jpg


終了後は、お部屋を移動して、懇親パーティー。皆様、弾む声で、感想を伝えてくださいました。
「こんなに色々な歌曲があるとは驚きました」「『鳥の歌』って、チェロの曲かと思っていたら、歌詞があるんですね」「グラナドスやファリャは知っていたけれど、ペドレルという人の名前は初めて聞きました」「私もカンプロドンに行ったことがあります!」「これを機に、カタルーニャやスペインの歌曲をもっと聴いてみたい」etc。

ひとりのセニョールが、いかにも恐縮した様子で仰いました。「スミマセン、今までスペイン歌曲のことを全く知りませんでした…」と。ここで声を大にして申し上げます!ちっともスマナイことなどありません!ご存知ないのはあなただけではありませんよ~!

かなり熱烈なスペイン・ファンでも、「スペイン歌曲」については、ほとんど「知らない」。残念ながら、これが現実です。触れる機会も少ないですしね…。でも、佳き出会いに恵まれれば、きっと親しんでいただける!きっと好きになっていただける!昨夜あらためて実感しました。

パーティーでも話題。情報満載の拙HPはこちらです→『谷めぐみの部屋』

楽しい時間でした。冷たい風のなか、駆けつけてくださった皆様、ありがとうございました。
またお目にかかる日まで060.gif

昨夜の締め

[PR]

# by Megumi_Tani | 2017-02-04 21:57 | 講座/セミナー | Comments(0)

『音楽は言語と心の架け橋』   

楽しみにしていた、1月31日開催毎日メディアカフェ「『脳科学が明らかにする言語と音楽の普遍性』~スズキ・メソードと東京大学の共同研究、狙いと意義~」に出かけてきた。
『脳と言語と。。。』

講師は、東京大学教授、公益社団法人才能教育研究会会長、早野龍五先生と、同じく東京大学教授、言語脳科学者の酒井邦嘉先生。早野先生が会長を務められる才能教育研究会は、あのスズキ・メソードでよく知られている。酒井先生からのお声がけで、この度、共同研究を開始。5年をかけて、音楽の普遍性と脳機能の関係解明を目指されるそうだ。オンガクノフヘンセイトノウキノウノカンケイカイメイ??一見難しそうなプロジェクトの内容を、お二人の先生がユーモアを交えて、楽しく、興味深く、お話しくださった。

以下、備忘録を兼ねて、要点をほんの少し。

★エキスパートは、脳の必要箇所だけをピンポイントで使っている⇒疲れない。習熟度の低い人は、脳のあちらこちらを無駄に不効率に使っている⇒疲れる。
★「言語」は自分が思考するためにある。「音楽」もまず自分の中で解釈、運営する意思がある。音楽と言語はとてもよく似ている。
★人間には普遍文法が備わっているように、普遍音楽というものも備わっているのではないか。
★限界的練習⇒自分の限界ギリギリのところで、計画的、意識的に、練習する」ことの重要性。
★いわゆる「氏か素性か」

「音楽は言語と心の架け橋。言語の研究を通して、最終的には人間を理解したいと考えています」と結ばれた酒井先生。母語ではない言語:スペイン語で、歌う:音楽に関わる者として、思わず膝をポーンと打ちたくなるお話、そして、勇気づけられるお話が沢山あった。感謝。

「『脳科学が明らかにする言語と音楽の普遍性』
          ~スズキ・メソードと東京大学の共同研究、狙いと意義~」   
e0172134_215351.jpg

毎日メディアカフェでは、様々なイベントが開催されています。 ⇒ 『毎日メディアカフェ』
昨年、一昨年、谷めぐみも登壇させていただきました。
『魅惑のスペイン歌曲』
『漱石とグラナドスの時代~スペイン歌曲浪漫』

e0172134_2165621.jpg

[PR]

# by Megumi_Tani | 2017-02-01 21:09 | 音楽あれこれ | Comments(0)