タグ:イラディエール ( 6 ) タグの人気記事   

1119♪ カルメン〈恋は野の鳥〉の元歌です   

先日、第26回リサイタル《スペイン浪漫Ⅲ》のプログラム解説を始めたところ、「未知の分野なので、こうして書いていただけると助かります」と、さっそくメッセージをいただきました。この方はオペラ通、音楽通、劇場にもよく通い、音楽関連の本にも精通されていらっしゃいます。そんな通の方でもスペイン歌曲についてはあまりご存知ない…。いかにスペイン歌曲が日本で知られていないか、を、あらためて痛感するとともに、ふとした出会いをきっかけに、こうして興味を持っていただけることをとても嬉しく思います。Iさん、ありがとうございます。

さて、本日ご紹介の曲目は〈エル・アレグリート〉です。

1875年春、ビゼー作曲オペラ《カルメン》は紆余曲折の末、パリのオペラ=コミック座で初演されました。大成功!とはすんなり言えない状況だったようです。ヒロイン・カルメンを歌ったセレスティーヌ・ガリ=マリエは、自身が歌うアリアが気に入らず、ビゼーに別の曲を書くよう求めました。突然そんなことを言われても…。困惑するビゼー。そこで、ふと、とあるメロディーが脳裏をかすめます。あれは何の歌だった…?いつどこで聞いたんだ…?誰が歌っていたのか…?そう、あれはたしかスペインの民謡だ…。民謡ならば…そうだ!あのメロディーを使おう!こうして大急ぎで作曲されたのが、カルメンの名ハバネラ〈恋は野の鳥〉でした。


このハバネラ、ビゼー自身も満足の出来だったようです。ところが後日、民謡だと思い込んでいたメロディーが、実は民謡ではなかったことが判明します。セバスティアン・イラディエールが書いた〈エル・アレグリート〉というれっきとした作品でした。そ、そ、そんな!知らなかった、てっきり民謡だと思っていた…。驚愕するビゼー…。そして《カルメン》の楽譜出版の際、「これはスペインの歌に拠る曲です」と、きちんと但し書きを入れたのでした。ビゼーのお人柄が偲ばれます。《カルメン》初演のわずか三か月後、ビゼーは世を去りました。難産の末世に出た《カルメン》の後世、現在に至るまでの人気ぶりを、ビゼーは予想していたでしょうか。。。

さて、その話題の元歌、イラディエール作曲〈エル・アレグリート〉です。
 
                    
驚くほど!同じメロディー!まさに、まさに、です。しかし、よく聴くと、たとえ基は同じでも、〈恋は野の鳥〉は〈エル・アレグリート〉がより凝縮され、より洗練され、ひとつ上の次元に昇華された作品であることが分かります。〈エル・アレグリート〉のままであれば、この歌が今のように世界中に愛され続けることはなかったでしょう。ビゼーの才能に敬意を!

とはいえ、スペイン歌曲の歌い手としては、この偶然のエピソードとともに、元歌〈エル・アレグリート〉の存在をお知らせしたい!と願うのです。〈エル・アレグリート〉のおかげで、遠い親戚?だったカルメンが親しい従妹のお姉さん?のような存在になりました。本番を私も楽しみにしています。

第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!


キューバの風に吹かれて…



[PR]

by Megumi_Tani | 2017-08-27 00:01 | リサイタル | Comments(0)

オペラ・ブック・カフェ   

オペラ・キュレーター井内美香さん主催〈オペラ・ブック・カフェ〉にお邪魔した。井内さんとは、昨年暮れ〈カルメン勉強会〉でお目にかかったのがご縁。「スペインで何か面白い本はありませんか?オペラと関係なくても構いません」と、お誘いいただき、本好きの虫がウズウズ。無理やり時間を空け、参加させていただくことにした。

出席者各々が自分のお気に入りの本、お薦めの本1冊について自由に語る会。オペラ、クラシック音楽全般、オペラ日めくり事典から音楽家裏話、精神分析、ギリシャ神話、村上春樹まで、登場する本は様々。熱のこもった解説を含めてのご紹介はとても興味深い。オペラ原作本を読むお薦めも。本の話題の合間には、会を共催されている坂元勇仁氏の質問を通して、オペラ公演の舞台裏など、普段は聞けない話もあれこれ。オペラでもリサイタルでも、裏を固めるスタッフの強力なサポート無しに公演の成功はありえないことを、あらためて実感。 
e0172134_13230901.jpg

11月のリサイタルをご案内くださったので、オペラ《カルメン》のハバネラ〈恋は野の鳥〉と〈エル・アレグリート〉にまつわるエピソードを再度ご紹介させていただいた。
さすがオペラ通の皆様!〈エル・アレグリート〉に興味津々。《カルメン》といえば、先日ビクトリア・デ・ロス・アンへレスの復刻新盤が出たばかり。〈エル・アレグリート〉のおかげで、長年遠い親戚のように感じていたカルメンが、ごく親しい従妹?従姉?のような存在に変わった。秋に歌うのが楽しみ♫ オペラ好きの方々の中にも「スペイン歌曲をぜひ聴いてみたいです」「モンポウ、大好き!」と仰る方がいらっしゃったのは嬉しい限り。これを機に、ぜひスペインの魅力にも触れていただきたい。

第26回リサイタル
スペイン浪漫Ⅲ~グラナドス生誕150年、モンポウ没後30年に捧ぐ
2017年11月19日午後2時開演@Hakuju Hall(代々木八幡)
ご来聴をおまちしています♪

さて、リクエストにお応えして?私がご紹介した、オペラとも音楽とも関係のない本は,
イルデフォンソ・ファルコネス著〈海のカテドラル〉
中世バルセロナを舞台にした歴史エンターテイメント小説。バルセロナ・ファン必読の書!「ダウントン・アビー」風にドラマ化したら、きっと面白いのになぁ。。。
e0172134_13240450.jpg


[PR]

by Megumi_Tani | 2017-07-16 21:15 | 本の窓 | Comments(0)

7月講座『スペイン語でラ・パロマを歌おう!』   

7月講座@セルバンテス文化センターでは、往年の大ヒット・ハバネラ『ラ・パロマ』をお稽古します。 Cuando salí de la Habana~♪
e0172134_202534.jpg

往年の大ヒット。そう、往年、なのです。作曲されたのは1860年代。日本では幕末、第十五代将軍徳川慶喜の頃に当たります。懐かしの、どころか、古(いにしえ)の歌なのに、ちっとも古めかしくない。それどころか、得も言われぬ優しさで、私たちの心を優しく癒してくれます。甘く心地よいリズムに乗って「クアンド~♪」と歌えば、もう幸せ!ハバネラの魅力をご体感ください。
開講日:7月15日(金)29日(金)いずれも午後7時~8時30分
詳しい情報、お申し込み方法は、こちら ⇒ スペイン語の歌のクラス

コンチータ・スペルビア、ビクトリア・デ・ロス・アンへレス、プラシド・ドミンゴ、アルフレッド・クラウス、サラ・モンティエール、ナナ・ムスクーリ、フリオ・イグレシアスetc、etc。ジャンルを越えた世界中の歌い手が歌っています。



いつも人気者


チャーミング

[PR]

by Megumi_Tani | 2016-05-01 20:06 | 講座/セミナー | Comments(0)

Programa ご案内「エル・アレグリート」   

私は「ハバネラ」が好きだ。カタルーニャ民謡「鳥の歌」は別格として、この30年間で最もステージにのせた曲はセバスティアン・イラディエール作曲「ラ・パロマ」だろう。歌曲、ポピュラーのジャンルの枠を越えて、広く世界で愛されるハバネラの名曲だ。
愛しの「ラ・パロマ」    ハバネラ大好き
e0172134_036778.jpg
 
「ラ・パロマ」で世界に名を馳せたイラディーエルだが、彼にはもうひとつの隠れた「重要な」ハバネラ作品がある。「エル・アレグリート」、かのビゼーのオペラ『カルメン』のアリア「恋は野の鳥」に姿を変えた作品である。

ヒロインが歌うアリアの構想を練っていたビゼー。ある日ふと、以前どこかで聞いたスペインの「俗歌」の旋律が心に浮かんだ。「お、これはいい!」耳に残るその旋律をより濃密にアレンジすると、まさに魔性の女カルメンにぴったりのハバネラ「恋は野の鳥」が完成した。大傑作だ!ところが、そこで、思わぬ事実が判明する。「俗歌」とばかり思い込んでいたその旋律は、実は、セバスティアン・イラディエールというスペインの作曲家が書いたれっきとした「作品」だったのだ。ま、ま、まさか…。し、し、しらなかった…。驚愕動転するビゼー…。ビゼーの名誉のために申し添えておくと、彼は、この旋律が自分のオリジナルではないことを即、認めている。

さて、この二つの作品、確かによく似ている、というより、そっくりである。しかし聴きこめば、そして歌いこめば、似ていて明らかに非なる作品であることがよく分かる。「エル・アレグリート」のままであれば、俗歌と受け取られかねない作品で終わっていたかもしれない。それを世界で最も有名なアリアのひとつに変身させたビゼーの閃き、力量、手腕に、ただただ感じ入る。しかし翻って考えると、そのビゼーの閃きも、「エル・アレグリート」無しには生まれなかったわけだ。

こちらは、ソプラノが歌う可愛い「エル・アレグリート」
上記エピソードが字幕で紹介されています。


男の子も歌います。


こちらは合唱版。おば様達が頑張っています。


こんなド迫力?映像も


並べてみると面白い。この曲は変幻自在、どのようにでも姿を変えられることが分かる。ビゼーが「これだ!」と膝を打ったのも、むべなるかな…。

この忘れられがちなハバネラ「エル・アレグリート」を、今年、没後150年を迎えたイラディエールに捧げたい。30年目にして、初めてプログラム入りした曲。


              谷めぐみ30周年記念リサイタル
           スペイン わが心の歌
              2015年10月17日(土)午後2時開演
                 会場:Hakuju Hall
               ご来聴をお待ちしています

060.gifPrograma ご案内
母なるマリアに」 「心よ、ともに悲しもう」 「カタルーニャの歌」 
エスペランサの聖母に捧げる祈祷風のサエタ」 「ロドリーゴとファリャ」 
天上のVictoria de los Ángelesに捧ぐ
[PR]

by Megumi_Tani | 2015-09-13 00:39 | リサイタル | Comments(0)

ハバネラ大好き!   

前回19世紀スペインの音楽のなかでハバネラをご紹介した。それにしても、マリア・カラスのカルメン『恋は野の鳥』は凄かった。その前の『El arreglito』が元歌なのに、歌っている可愛らしいソプラノさんの存在が完全に吹っ飛ばされている。

あまりにも有名なこの曲。世界の名だたるメゾ・ソプラノが名演を残している。その一人、今も美しくお元気なテレサ・ベルガンサのカルメン。ドン・ホセはドミンゴ。


ハバネラといえば忘れられないのが 『La paloma』


この『ラ・パロマ』、音楽講座では私のライブ録音を聴いていただいた。大好きな大好きな曲だ。リサイタルやコンサートで最も多く歌っている曲かもしれない。ハバネラのリズムに、えもいわれぬ懐かしさ、郷愁を感じる。

ハバネラは、18世紀~19世紀頃、海を越えてキューバへ渡ったカタルーニャ人たちが持ち帰ったリズムだ。後に、このハバネラが転じて、同じ二拍子のタンゴが生まれた。なるほど、私がハバネラやタンゴが大好きな理由はそこにあったか、と、勝手に納得した次第。

カタルーニャのハバネラの代表曲「El meu avi~私のおじいさん」

[PR]

by Megumi_Tani | 2014-01-31 02:16 | スペイン歌曲 | Comments(0)

愛しの「ラ・パロマ」   

これまでに何十回、いや何百回歌っただろう?「ラ・パロマ」は、ピアノ伴奏良し、ギター伴奏良し、の名曲である。

名曲、と漢字で書くのはどこか似合わない。ゆったりと揺れるハバネラのリズム、どことなく懐かしいメロディー、港の別れ、恋心を歌った詞…。クラシックのような、ポピュラーのような…。レストランやテレビCMなどで、題名を知らぬまま耳にされている方も多いだろう。作曲者は、S.イラディエール。キューバ旅行で出会ったハバネラのリズムに魅せられ、この曲を書いたそうな。

歌い出し「Cuando」の言い心地が、歌うたびに違う。歌い手の私の気分を柔軟に受け止めてくれる曲だ。だから、どれだけ回数を歌っても、歌うたびにaire(気配・雰囲気)が変わる。歌は生きものだと実感させてくれる。

アンコール曲として歌うことが多いが、今年のリサイタルでは、しかるべき理由から、堂々とプログラム入りさせていただいた。理由の種明かしは、当日のお楽しみということで!!
[PR]

by Megumi_Tani | 2009-10-10 08:31 | スペイン歌曲 | Comments(2)