タグ:毎日メディアカフェ ( 21 ) タグの人気記事   

Barcelona~♫ Barcelona~♫   

毎日新聞東京版8月31日付朝刊に、先日の毎日メディアカフェの記事が掲載されました。
e0172134_19443910.jpg
当日お聴きいただいた音楽について、お問い合わせをいただきました。

●カニゴーの山々(M.ガルシア・モランテ編カタルーニャ民謡)
●ラ・パロマ(S.イラディエール)
●スペイン舞曲第5番アンダルーサ(E.グラナドス)
●内気なマホ(E.グラナドス)
●悲しみにくれるマハ(E.グラナドス)
●うぶな娘の私ゆえ(E.グラナドス)
●君の上にはただ花ばかり(F.モンポウ)
●黒人の子守り歌(X.モンサルバージェ)
●音戸の舟歌(M.ガルシア・モランテ編)etc.

モンポウの奥様に敬意を表して、ピアノ曲もひとつ
●秘密(F.モンポウ)

オープニングは楽しく!ルンバ・カタラナ!
1992年バルセロナ・オリンピックの開会式でも大盛り上がりでした。
「魅惑のバルセロナ」ペレ


そのオリンピック、締めは、やはりこの歌でした。
「鳥の歌」ビクトリア・デ・ロス・アンへレス


そして、オリンピックでの共演が叶わなかった幻のデュエット
「バルセロナ」モンセラート・カバリェ&フレディ―・マーキュリー

HPで、当日の詳しい内容をご紹介しています。
毎日メディアカフェ『歌曲でめぐる芸術の街バルセロナ

バルセロナゆかりの名歌曲の数々を今度はナマの声で!
第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!


[PR]

by Megumi_Tani | 2017-09-01 20:48 | 講座/セミナー | Comments(0)

毎日メディアカフェ『歌曲でめぐる芸術の街バルセロナ』   

毎日メディアカフェ『歌曲でめぐる芸術の街バルセロナ』大盛況で終了しました。
会場の毎日新聞東京本社内、MOTTAINAI STATIONには、いっぱいのお客様。「Mi querida Barcelona~愛しのバルセロナ」について、音と写真を交えて、たっぷり語らせていただきました。こんなに大好きな街に出会えたことを幸せに思います。
ご来場の皆様、スタッフの皆様、ご支援くださった皆様、ありがとうございました !

当日の様子をHPにまとめました。ぜひご訪問ください。
毎日メディアカフェ『歌曲でめぐる芸術の街バルセロナ』
e0172134_23212915.jpg
第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!


[PR]

by Megumi_Tani | 2017-08-31 23:27 | 講座/セミナー | Comments(0)

満員御礼『毎日メディアカフェ』   

毎日メディアカフェ『歌曲でめぐる芸術の街バルセロナ』応募の受け付けを締め切りました。お申し込みの皆様、お目にかかるのを楽しみにしています♫♫

[PR]

by Megumi_Tani | 2017-08-29 21:23 | 講座/セミナー | Comments(0)

もう大丈夫   

バルセロナの友人からメールが入った。「恐ろしい出来事でした。でも世界中に励ましてもらって、私達、すっかり元気になりました。みんな、いつも通り。街もバルもにぎやかよ。もう大丈夫。メグミ、安心してね」

そう、この前を向く強さ、今を生きる逞しさ、そして、どこか底抜けの解放性…。
大好きなバルセロナがますます好きになりました。
Visca! Barcelona!No tinc por - 私は恐れない!
e0172134_23074816.jpg
こうなると、私もションボリしてはいられません。
8月30日(水)開催、毎日メディアカフェ『歌曲でめぐる芸術の街バルセロナ』
ゆかりの歌曲とともに、魅惑の街を存分にご紹介させていただきます。
入場無料。要お申込み。
ご来場をお待ちしています!

8月26日に行われたテロに反対するデモ「No tinc por - 私は恐れない」
最後に舞台で「鳥の歌」が演奏されています。

2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!


[PR]

by Megumi_Tani | 2017-08-24 23:22 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

Barcelona バルセロナ Barcelona   

「智恵子は東京に空が無いという」…。
ふとそんな詩が心に浮かぶほど、今夏の東京には「青空が無い」。8月になって連続17日の雨。こんなお天気は実に40年ぶりだそうだ。「今年の夏は暑い!スーパー猛暑!」たしか季節前にはそんな予報が出ていたような…。

夏になると思い出す、さかさまの想い出がある。昔、バルセロナの夏の音楽祭『Grec』に招かれて歌いに行った時のこと。会場はゴシック地区の野外舞台。周りが石造りの建物に囲まれているから、私の歌も師のピアノもよく響く。しかし野外舞台ゆえ、当然のことながらステージにも客席にも屋根は無い。リハーサル後、ふと師に聞いてみた。「もしも雨が降ったら、演奏会はどうなるの?」「何の心配もない。裏手に屋根がついた舞台があるから」ふ~ん、と、その裏手に行ってみると、屋根のついた舞台?は完全に物置と化し、蜘蛛の巣がはっていた。とても演奏会を開けるような場所ではない。ニコニコと何のくったくもなく微笑んでいる師。そうか…。8月のバルセロナで雨が降る、なんてことは、そもそもありえないことなのだ…。

そんな愉快、痛快、時にはほっこり涙の想い出も交えつつ、芸術の街バルセロナをご案内する『毎日メディアカフェ』。歌い手の私がナビゲーターを務めるからには、よくある巷の観光案内ではございません(^_-)-☆ 歴史あふれる街ゆかりの、そして今年のテーマ人、グラナドスとモンポウゆかりの音楽と写真をたっぷりご用意して、皆様をお待ちしております。お申し込みは下記サイトから、どうぞ!

入場無料。要お申込み。
ご来場をお待ちしています!
e0172134_13081849.jpg

今年はバルセロナが生んだ偉大な作曲家、グラナドスとモンポウの記念の年です。
毎日メディアカフェで二人が生きた街並みに触れ、11月リサイタルで、二人とその周辺の音楽家による多彩な歌曲をご堪能ください。

第26回リサイタル
スペイン浪漫Ⅲ~グラナドス生誕150年、モンポウ没後30年に捧ぐ
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています♪

e0172134_13182346.jpg












[PR]

by Megumi_Tani | 2017-08-17 13:27 | 講座/セミナー | Comments(0)

『毎日メディアカフェ』のお知らせ   

時には学び、時には考え、時には語り合い…。
様々なテーマのもと、リラックスしたサロンで親しく交流する『毎日メディアカフェ』。
昨年、一昨年と登壇の機会をいただき、いずれも大好評!でした。

スペインという国は、どの地方、どの街とご縁があったかによって、印象が大きく異なります。そして興味深いことに、自分と縁があった土地について、誰もが誇りを持っています。「仕事でマドリードにしばらく住んでいてね」「サラマンカで勉強しました」「サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の道を歩きましたよ」という具合に。私にとってのその誇り高き街が、バルセロナです。初めての外国、右も左も分からず、知人もいない街での冒険留学は、長い年月を経た今も、歌う私の原点、大きな支えになっています。

そのバルセロナが生んだ音楽家、グラナドスとモンポウの各々生誕150年、没後30年に当たる今年、毎日メディアカフェで嬉しい企画が実現しました。題して歌曲でめぐる芸術の街バルセロナ』。記念の年を迎えた二人のマエストロに敬意を表し、ゆかりの歌曲とともに、通常の観光案内とはひと味違うバルセロナをたっぷり味わっていただきます。
多彩な角度から親しく分かりやすくアプローチする毎日メディアカフェならではの企画!ぜひ皆様、お出かけくださいませ。

入場無料。要お申込み。
2017年8月30日(水)18:30~20:00
ご来場をお待ちしています!
e0172134_21110013.jpg


[PR]

by Megumi_Tani | 2017-07-29 23:46 | 講座/セミナー | Comments(0)

『音楽は言語と心の架け橋』   

楽しみにしていた、1月31日開催毎日メディアカフェ「『脳科学が明らかにする言語と音楽の普遍性』~スズキ・メソードと東京大学の共同研究、狙いと意義~」に出かけてきた。
『脳と言語と。。。』

講師は、東京大学教授、公益社団法人才能教育研究会会長、早野龍五先生と、同じく東京大学教授、言語脳科学者の酒井邦嘉先生。早野先生が会長を務められる才能教育研究会は、あのスズキ・メソードでよく知られている。酒井先生からのお声がけで、この度、共同研究を開始。5年をかけて、音楽の普遍性と脳機能の関係解明を目指されるそうだ。オンガクノフヘンセイトノウキノウノカンケイカイメイ??一見難しそうなプロジェクトの内容を、お二人の先生がユーモアを交えて、楽しく、興味深く、お話しくださった。

以下、備忘録を兼ねて、要点をほんの少し。

★エキスパートは、脳の必要箇所だけをピンポイントで使っている⇒疲れない。習熟度の低い人は、脳のあちらこちらを無駄に不効率に使っている⇒疲れる。
★「言語」は自分が思考するためにある。「音楽」もまず自分の中で解釈、運営する意思がある。音楽と言語はとてもよく似ている。
★人間には普遍文法が備わっているように、普遍音楽というものも備わっているのではないか。
★限界的練習⇒自分の限界ギリギリのところで、計画的、意識的に、練習する」ことの重要性。
★いわゆる「氏か素性か」

「音楽は言語と心の架け橋。言語の研究を通して、最終的には人間を理解したいと考えています」と結ばれた酒井先生。母語ではない言語:スペイン語で、歌う:音楽に関わる者として、思わず膝をポーンと打ちたくなるお話、そして、勇気づけられるお話が沢山あった。感謝。

「『脳科学が明らかにする言語と音楽の普遍性』
          ~スズキ・メソードと東京大学の共同研究、狙いと意義~」   
e0172134_215351.jpg

毎日メディアカフェでは、様々なイベントが開催されています。 ⇒ 『毎日メディアカフェ』
昨年、一昨年、谷めぐみも登壇させていただきました。
『魅惑のスペイン歌曲』
『漱石とグラナドスの時代~スペイン歌曲浪漫』

e0172134_2165621.jpg

[PR]

by Megumi_Tani | 2017-02-01 21:09 | Musica あれこれ | Comments(0)

脳と言語と音楽と。。。   

世に言う文系人間の私は、〇〇科学と聞くだけで思考回路がストップしてしまうところがある。なぜそんな事を考えなきゃいけないのかしら…?と、頭が勝手にシャッターを下ろしてしまうのだ。

ところが、ある時、知人の紹介で、東大教授・酒井邦嘉先生の講演を聞かせていただく機会があった。テーマは「脳と外国語習得の関係」である。

実は、このテーマには積年の疑問と興味があった。昔々バルセロナに留学して間もない頃、来る日も来る日もスペイン語と格闘していたら、ある日突然天からスペイン語が降って?きた。スペイン語に対して、脳がいきなり全開になったような感覚だった。    『¡Hola! バルセロナ(10)』
あの出来事は一体何だったのだろう?どんなカラクリであんな事が起きたのだろう?それを知りたいとずっと思っていた。ソフトでな語り口で、我々素人にも分かりやすくお話しくださる酒井先生。
脳と言語?脳と心?そして、脳と音楽?…。〇〇科学アレルギーなどすっかり忘れて、お話を興味深く拝聴した。

その酒井先生が今月末、毎日メディアカフェに登壇される。テーマは「脳科学が明らかにする言語と音楽の普遍性」 。言語と音楽。深~いつながりがありそうです。。。
1月31日(火)午後6時30分~@毎日ホール(毎日新聞東京本社・地下)入場無料。
お申し込みは、こちらのサイトから↓↓
「脳科学が明らかにする言語と音楽の普遍性」
~スズキ・メソードと東京大学の共同研究、狙いと意義~


少し前のものですが、爆笑問題が酒井先生を訪ねた番組の動画がありました。
爆問学問 FILE060:「おしゃべりな脳」

一昨年「谷めぐみが語る魅惑のスペイン歌曲」、昨年「漱石とグラナドスの時代~スペイン歌曲浪漫」と、お世話になり、スペイン歌曲の魅力をたっぷりご紹介させていただいた毎日メディアカフェ。そのお馴染み毎日メディアカフェに、酒井先生登場とは!楽しみです。
[PR]

by Megumi_Tani | 2017-01-23 00:00 | Musica あれこれ | Comments(0)

メロウなスペイン歌曲   

先日の毎日メディアカフェ『漱石とグラナドスの時代~スペイン歌曲浪漫』に沢山のご感想が寄せられています。ありがとうございます。

「そのまま映画にしたいような物語ですね」「グラナドスって、何て素敵な人だったんでしょう!」ふむふむ、同感。

「スペイン音楽=フラメンコとばかり思っていたので、驚きました。こんなに柔らかくて抒情的な曲があるなんて!」そうそう。確かにフラメンコには魂を奪う魅力があります。私も、観るのも聞くのも大好きです。しかし、スペインの音楽はフラメンコだけ、ではありません。日本の山がフジヤマだけではないように。日本の女がゲイシャだけではないように。

「貴女がスペインに惚れこんだ日本人の歌い手だからこそ、グラナドスと漱石の共時性に気が付いたのですね」なるほど、そうかもしれません。では逆に、スペイン在住のスペイン人の歌い手が日本文学好きで漱石を読破している、あるいは、その歌い手さんが、漱石を身近に感じてもらうためにグラナドスと漱石をリンクさせた講座をスペインで開く。どうでしょう???多分それは…無いですね。

グラナドスのドラマティックな人生、彼独自のロマンティシズム溢れる作品を通して、スペイン音楽の多様性、豊かな魅力あふれる世界に興味をもっていただけたのであれば幸いです。

毎日メディアカフェ・スタッフTさんが仰った「メロウなスペイン歌曲」言い得て妙です。粋と情熱を秘めた柔らかくメロディアスなスペイン歌曲!皆様、ぜひお聴きになってみてください。

「グラナドス没後100年」シリーズ、ちょっと間奏曲~Intermedio状態でした。
次回はグラナドスの歌曲をご紹介します。


[PR]

by Megumi_Tani | 2016-04-09 23:04 | スペイン歌曲 | Comments(0)

お花見@千鳥ヶ淵   

人ごみが大の苦手なので、お花見、バーゲンの類にはほとんど出かけることがない。ところが今年は、幹事役を買って出てくれた友人がいて、皆で千鳥ヶ淵に繰り出した。花曇り、少し寒いくらいの陽気だが、駅からの道もお堀の周りも靖国神社も人、人、人…で溢れている。お喋りしながら散策すること何と2時間!思いのほかのんびりと満開の桜を楽しむことが出来た。
e0172134_104444.jpg

e0172134_11920.jpg

標準木
e0172134_113346.jpg

こちらは友人撮影
e0172134_12066.jpg

「毎日メディアカフェ」「秋リサイタル先行ご案内」etc、ホームページにアップしました。
ぜひご訪問ください。  『谷めぐみの部屋』


[PR]

by Megumi_Tani | 2016-04-05 01:10 | エトセトラ | Comments(0)