タグ:第26回リサイタル ( 16 ) タグの人気記事   

2017秋、切なる祈り   

東京は台風接近中。朝から断続的に大雨が降り続いている。よりによってこの悪天候下の選挙投票日。昨日の期日前投票には長い列が出来ていたそうだ。

そして、スペインでは、カタルーニャが揺れに揺れている。事態は収束どころか、より対立が激化。刻々と変わる情勢に緊張が続いている。日本でも、カタルーニャにご縁のあった人は皆、胸を痛めているだろう。『カタルーニャ独立派が大規模デモ

スペインは複雑な国だ。いつの時代にも、広く人々の間で、スペイン人とは?カタルーニャ人とは?の問いかけがなされてきた。『1119♪ カタルーニャの歌たち

音楽家も例外ではない。グラナドスは書簡のなかで、『ある人は「君はスペイン人なのだから、もっとスペインらしい曲を書け」と言い、ある人は「君はカタルーニャ人なのだから、もっとカタルーニャらしい曲をかけ」と言う。腹立たしい。スペインでもカタルーニャでもない。私の音楽は私自身の中から生まれるのだ』と、書き残している。実際、今年リサイタルで歌う曲のうち、〈悲しみにくれるマハⅡ・Ⅲ〉は、マドリードの下町の粋な女性の歌、〈ヒターノの唄〉はアンダルシア風のリズムと旋律、そして〈愛の歌〉は世紀末カタルーニャをイメージさせる作品、と、グラナドスの作風は多彩だ。

「貴方の音楽はカタルーニャ的ではないが?」とインタビューアーに問われたモンポウ は、「違う。私のカタルーニャ的特性は、すでに新しいものに進化しているのだ」と答えた。たしかに名歌〈君の上には花ばかり〉や〈〉は、カタルーニャうんぬんを超越したもっと普遍的な美に到達している。そして、モンポウが深く心の拠りどころにしたのは、16世紀スペインの神秘主義の巨人、十字架のヨハネの世界だった。〈魂の歌

国連で「カタルーニャの鳥はピース、ピースと啼くのです」と語り〈鳥の歌 〉を奏でたカザルスも、少年時代には、スペイン王室の庇護のもとで音楽を学んだ。スペイン共和政府下ではマドリードの名誉市民にもなっている。内戦勃発後はフランスに亡命。フランコ政権の独裁に断固抗議し、終生反ファシズムを貫いた。カザルスが故郷の聖地モンセラートの修道院聖歌隊に捧げた曲は、カタルーニャ語が禁止されていた時代も、今も、大切に歌われてる。



長い歴史の中で、真剣に、愚直に、時に命をかけた問いを繰り返し、道を見出してきたスペイン、カタルーニャ、そして愛するバルセロナ。2017年の今、平和裏に、賢明に、再び道が見い出されることを、切に、切に、祈る。

第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!

90年代バルセロナ


こんな明るいカタルーニャ・ルンバがまた流れる日を。。。。。



[PR]

by Megumi_Tani | 2017-10-22 21:23 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

1119♪ カタルーニャの歌たち   

先日来の "独立" のニュースで、カタルーニャの名が日本でも広く知られるようになった。わずか二ヶ月前の8月には、州都バルセロナでテロ事件が起きたばかり。世界の目がカタルーニャに向けられている。

“スペイン” は複雑な国だ。その歴史を知れば知るほど、ひとつの国スペインとして存在することが奇蹟に思えてくる。多様性の国、各々の個性をいかんなく発揮するバラエティー豊かな国。しかし、だからこそ、”ひとつだけどバラバラ” ”バラバラだけどひとつ” このギリギリのバランスを、まさにギリギリのところで保っている。ほんの少しでもそのバランスが崩れると、一気に均衡が破れる。まだまだ目が離せない状況が続いているカタルーニャ。平和裏に解決されることを願うばかりだ。

そんなデリケートな国であればこそ、ご縁があった者はそのデリケートさに謙虚でありたいと思う。いつぞやスペイン音楽のコンサートで、MCがカタルーニャの悪口から始まった時は本当に驚いた。私がカタルーニャ贔屓だから、ということではない。たとえどこかの国の通を自負していても、公の場で、その国の一地方を揶揄するような発言をすることは、外国の文化に関わる人間の姿勢としていかがなものか。逆の場合を考えれば分かり易い。もしも日本通を自負する外国人が「日本のなかでも関東地方の人はケチで有名です」などと、コンサートでヘラヘラ喋れば、たとえ喋った本人はジョークのつもりでも、関東地方の人はいい気はしないだろう。

バルセロナにご縁があった私には、カタルーニャ語の歌も大切なレパートリーだ。素朴な民謡からグラナドス、モンポウ、トルドラらの歌曲、そしてあの 〈鳥の歌〉まで、その表情は柔らかく、切なく、美しい。今回リサイタルで演奏するグラナドス〈Canço d'amor / 愛の歌〉、モンポウ〈Damunt de tu només les flors / 君の上にはただ花ばかり〉〈Neu / 雪〉は、まさにカタルーニャらしい抒情あふれる作品だ。〈Canço d'amor / 愛の歌〉 は、グラナドス没後100年記念の昨年から、ずっと温めていた曲。リサイタル初演になる。

こんな年、こんな時だから、いつにも増してカタルーニャの歌たちが愛おしい。地上で何が起きていようと、音魂は天を駆けめぐる。心を込めて、大切にお届けしたい。

第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!

〈鳥の歌〉モンセラート修道院聖歌隊



[PR]

by Megumi_Tani | 2017-10-15 20:06 | リサイタル | Comments(0)

1119♪ ピアニスト浦壁信二さん   

《スペイン浪漫Ⅲ》今年もピアノは浦壁信二さん。スーパー・テクニックと深く柔らかい音色、繊細かつ自由な感性、さらに飄々としたお人柄を併せ持つ、稀有なピアニストだ。初めてご一緒したのは2011年リサイタル。今年で6回目の共演になる。
e0172134_14552689.png
スペイン歌曲に限らず、歌曲演奏における伴奏者の力は、とてつもなく大きい。慣習通り「伴奏者」と書いたが、実のところ、伴奏とはとても呼べない。共演者であり、保護者であり、牽引役であり、助っ人であり…。ソリストというのはある意味おめでたい存在なので、共演者にのせられると、百万倍!上手く演奏してしまう。逆の場合は、そう、ちょうど長袴の裾を踏ん付けられているような状態になる。前へ進もうにも進めない、ジャンプしようにも重くて飛び上がれない(>_<)  何故そこでそう弾くの~!と、心中絶叫するハメになる。

しかし、ソリストの方もおめでたく(笑)のぼせているばかりではない。プログラム曲の中で、ピアニストの音色、個性、魅力がいかんなく発揮されることを願う。ピアノの聴かせどころは思いっ切り自由に弾いてほしい。演奏は、共に創るものなのだ。

どういうものか、私は昔から「共演」「共創」に興味があった。舞台の二人の阿吽の呼吸から繰り出される演奏の魅力。初めてそれを実感したのは、大学時代、大阪で聴いたガリーナ・ヴィシネフスカヤのリサイタルだ。夫君、ロストロポーヴィッチのピアノで歌う彼女の姿、舞台から伝わる信頼感。今でも忘れられない。まさか後年、ロストロポーヴィッチと共演した浦壁さんとご縁がつながるとは!

ビクトリア・デ・ロス・アンへレスと師マヌエル・ガルシア・モランテのコンビは、「共演」「共創」の在り方を、まさに目の前で教えてくれた。アルベニス生誕の町カンプロドンで見た演奏会リハーサルの光景は、私の生涯の宝だ。

スペイン歌曲は多彩だ。南スペイン、アンダルシアのオレ!みたいな曲もあれば、ガリシアやカタルーニャのメロディアスな歌もある。クリスマスの歌もあれば、お国自慢の歌もある。グラナドス生誕150年、モンポウ没後30年の今年は、二人のマエストロの有名、無名作品をまとめて歌う。多彩さにますます拍車がかかった。ピアノもひと筋縄ではいかない。先日リハーサルの後、「いやぁ!しっかり濃いプログラムですね」と浦壁さん。
そう!まさにしっかり濃いプログラムです。どうぞ皆様、お聴き逃しなく!

第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!

e0172134_14582143.jpg
2016年リサイタル《スペイン浪漫Ⅱ》ⓒ藤本史昭






[PR]

by Megumi_Tani | 2017-10-09 15:10 | リサイタル | Comments(0)

1119♪ ファドの薫り〈あぁ!なんて美しい娘〉   

〈あぁ!なんて美しい娘〉この曲を初めて聴いたのは、ずい分前のことだ。たまたま購入したテレサ・ベルガンサのCDに収録されていた。小曲ながら、一度聴いたら忘れられない哀愁がある。歌いたいな、と思ったけれど、楽譜が見つからない。まだインターネットで楽譜を探す時代でもなかった。いつかまた機会があれば…。


1994年、ビクトリア・デ・ロス・アンへレス来日公演のプログラムに〈あぁ!なんて美しい娘〉が入っていた。ビクトリアはどんな風に歌うのだろう?とても楽しみにして出かけたが、残念ながら、この演奏会でもっとも記憶に残っているのは、配布されたプログラムのお粗末さだ。

〈あぁ!なんて美しい娘〉は〈アイ・ケ・リング・モカ〉と表記されている。
なぜリング?なぜモカ?原題は〈Ai que linda moça〉だ。なぜ linda がリングになった?
なぜ moça がモカになった? ç と c を見間違えたのか?そもそも〈アイ・ケ・リング・モカ〉では、何の歌かまるでチンプンカンプンではないか。

作曲者 Halffter の名前は、スペイン語読みではアルフテルだが、ドイツ系の人なので、しばさしば H を読んでハルフテルと表記される。しかしプログラムでの表記は、アウフテル、だ。アウフテルは一体どこから来た?他のスペイン語の作曲者名、曲名も間違いだらけ。あの曲の解説にも、この曲の解説にも「詳細不明」「内容の明らかなことは不明」と書かれている。よくもまぁ、このまま印刷してしまった?されてしまった?ものだ。

こんなお粗末なプログラムが客に配られていることを、ビクトリアは知っているのだろうか?いや、知っているはずがない。何と失礼な…。いたたまれない気持ちだった。この夜の〈あぁ!なんて美しい娘〉は、あまり覚えていない。演奏会の間中、私はずっと怒っていたのだ。

さて、時は流れて2016年晩秋、また偶然、この歌に遭遇した。ビクトリア・デ・ロス・アンへレスと私の師マヌエル・ガルシア・モランテによるライブ映像だ。



矢も盾もたまらず歌いたくなった。しかも、構想を練っている2017年リサイタルのプログラムにピッタリではないか!今は便利になった。インターネットで楽譜を探せる。さっそく検索して見つけ出し、海外発注するところまで漕ぎ着けた。が、さて、いつ届くか?昔と違って、なしのつぶて、届かない、なんてことはないだろう、と思いつつ、海外発注はちょっと不安がある。まぁ無事届けば歌えるし、届かなければご縁がなかったということで…。
2016年12月31日夜、そろそろ新しい年に日付が変わる頃、ふいにメールが入った。開けてみると、なんと!「楽譜入荷のお知らせ」だ。やった~!

かくして、11月19日、念願の〈あぁ!なんて美しい娘 ~ Ai que linda moça〉を歌わせていただきます。ポルトガルのファドを想わせる哀愁…。お楽しみに!

第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!

若きホセ・カレラスが歌うとこんな感じです。彼の健気な魅力全開!



[PR]

by Megumi_Tani | 2017-10-05 00:44 | リサイタル | Comments(0)

1119♪ 格闘技?ロドリーゴ   

ロドリーゴといえば〈アランフェス 〉。流麗な旋律、柔らかく繊細なリズム…聴く者の心を遠い幻想の世界へ誘ってくれる。しかし、ロドリーゴ作品には違う顔もある。素朴な旋律、弾けるリズム…あっけらかんとした小曲の楽しさは格別だ。そして、ロドリーゴ作品には、更に違う顔がある。不可解な和音、摩訶不思議な旋律…合っているのか間違っているのか?よく分からない音が鳴る。以前、とあるロドリーゴ作品をギター伴奏で演奏した際、ギタリスト氏が呟いた「絶対に弾けない音が楽譜に書いてあるんだよね。どうしろって言うのかなぁ…」と。

今回歌う〈アイレ・イ・ドナイレ〉も、そんな曲だ。タイトルからして意味不明。奔放に転調を繰り返し、上がったり下がったりする歌の旋律、グチャッと衝突音に近いピアノの不協和音…寄り添うことなく互いに自己主張する様は、まるで歌とピアノの格闘技(>_<)
演奏する者に無数の????を生じさせ、お客様をさんざん煙に巻き、そのくせ最後は、颯爽とカッコよく終わるのだ。ニクい!

ロドリーゴは、人生を楽しむ術を心得ていた人のような気がする。幼い頃に視力を失ったハンディなどものともせず、幅広い分野で大活躍した。同じ時期に同じくスペインを代表する音楽家として生きたモンポウとの対比は興味深い。

11月19日リサイタル《スペイン浪漫Ⅲ》では、3ステージでモンポウを、4ステージ冒頭でロドリーゴを歌います。二人の音が醸し出す世界の違いをご堪能ください。

第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!

〈アイレ・イ・ドナイレ〉はYoutubeでも?????な演奏が多いです。。。
一番聴けた?のは、これかな?一部分だけですが。



[PR]

by Megumi_Tani | 2017-09-27 23:06 | リサイタル | Comments(0)

1119♪ モンポウ『雪』   

モンポウの音楽は、いつもどこか寂しい。生の不安にたじろぎ、哀しみをまとい、じっと虚空を見つめる。「なぜ私はここにいるのだろう?」そんなモンポウの自問自答が聞こえてくるようだ。

〈Neu~雪〉という作品がある。「これは雪ではない。天から舞い降りる花…」氷柱を思わせる透明なピアノの和音にのせて、モンポウ自身による詩が静かに、淡々と歌われる。淡々と、だから、切ない。淡々と、だから、哀しい。わずか2分にも満たない小曲。名歌〈君の上にはただ花ばかり〉やグレゴリア聖歌を思わせる〈魂の歌〉に較べて、ほとんど知られていないが、モンポウ作品の隠れた名曲だ。

今年2月に開かれた、日本・カタルーニャ友好親善協会のテルトゥーリアで〈Neu - 雪〉をご紹介し、予想外の大きな反響をいただいた。〈Neu - 雪
研ぎ澄まされた音、一切の装飾を取り払った世界…。モンポウの音楽には、日本人の心に通じる〈侘び、寂び〉が秘められているのかもしれない。

11月19日、3ステージにて、歌わせていただきます。

第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!

e0172134_12271435.jpg

こんな動画を見つけました。侘び、寂びとは、ちょっと趣が違いますが…(^^;; (^^;;
2010年3月8日の大雪@バルセロナ





[PR]

by Megumi_Tani | 2017-09-21 13:01 | リサイタル | Comments(0)

1119♪ ちょうど2ヶ月   

第26回リサイタル《スペイン浪漫Ⅲ》まで、ちょうど2ヶ月になりました。
昨年は9月19日に第25回リサイタル《スペイン浪漫Ⅱ》を開催。奇しくも、同じ《19日》になりました。今年も佳い歌をお届けしたいと思います。ご来聴をお待ちしています!

第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!

19日にちなんで、HPをリニューアルしました。リサイタル関連情報はもちろん!〈毎日メディアカフェ〉〈セルバンテス文化センター講座〉〈留学日記〉etc、読み物満載です。
お時間のある時に、ぜひご訪問ください。谷めぐみの部屋

e0172134_00315116.jpg


[PR]

by Megumi_Tani | 2017-09-20 00:40 | リサイタル | Comments(0)

1119♪ モンポウ『魂の歌』   

9月16日は、マリア・カラス40回目の命日だった。彼女が来日した1974年、私はまだ声楽のセの字も始めていなかった。クラシックとは無縁。したがって、世紀の歌姫の来日もほとんど記憶にない。大学時代、何かのアリアのレコードを聴き、その声に恐怖のようなものを感じた。マリア・カラスは怖い…。以来、ずっと敬遠していた。ところが、卒業後のある日、ふと気が向いて購入したLPでリューのアリアを聴いた瞬間、彼女の歌が、真っ直ぐに、強烈に、飛び込んで来た。マリア・カラスは凄い…。まるで雷にでも打たれたようだった。

没後40年記念番組の予告@スペイン国営放送
Se cumplen 40 años de la muerte de María Callas

スペイン語によるドキュメンタリー


年月を経た今、偉大なるDivaとしての圧倒的な存在感とは別のところで、彼女の底知れぬ「孤独」を感じる。深い寂寥を帯びた声…。声そのものが、叫び、助けを求めている。

モンポウとカラス。こんな対照が成立しうるとは自分でも驚きだが、モンポウの音楽に貫かれているもの、あるいは彼の生涯に一貫して漂う気配は「孤独」である。モンポウは叫ばない。叫ぶことはおろか、助けを求めることもできない。強烈な自負とその裏返しの臆病さに苛まれ、常に己の内へ、内へと向かっていく。不安定な心を抱え、バルセロナとパリを何度も行き来しながら、自分探しの旅を続けた。愛妻カルメンとのめぐり会いがなければ、この世での成功はありえなかったのではないか。

1985年春、ご自宅を訪ねた際は、お二人が温かく迎えてくれた。旅立たれて30年が過ぎた今、マエストロご本人とお目にかかった人間は本当に少なくなった。
¡Hola!バルセロナ(38)

マエストロ・モンポウにサインをいただいた楽譜
e0172134_19235502.jpg

内なる葛藤を抱え、迷い、悩み、苦しむモンポウの精神が光を見出したもの、そのひとつが、16世紀スペインを代表する神秘主義の巨人、十字架のヨハネの詩だった。《スペイン浪漫Ⅲ》3ステージで演奏する『魂の歌』は、その十字架のヨハネの詩に作曲されている。

「これほど美しいものはありえないことを私は知っている。夜であるのに…」
神への信頼、帰依の喜びを静かに歌い上げるこの作品は、もしかすると、モンポウ自身の魂の叫びだったのかもしれない。

第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!

『魂の歌』





[PR]

by Megumi_Tani | 2017-09-17 20:00 | リサイタル | Comments(0)

【ぴあクラシック】秋号掲載   

クラシック音楽情報誌【ぴあクラシック】2017年秋号に、第26回リサイタル《スペイン浪漫Ⅲ》が紹介されました。オペラ研究家・岸純信先生が大変光栄なコメントを寄せてくださっています。クラシック音楽全般を紹介する雑誌に、スペイン歌曲を採り上げていただくのは、本当に嬉しいことです。

カラフルな写真とボリュームたっぷりの読み物で、とかく敬遠されがちなクラシック音楽をグッと身近に感じさせてくれる【ぴあクラシック】、何と!フリー・ペーパ―です。
全国のチケットぴあ店舗、タワーレコード、新星堂、山野楽器、HMVほか、音楽大学、音楽ホールにあります。ぜひお手に取ってご覧ください。

●記事の大きな画像は、HPをどうぞ ⇒ 第26回リサイタルスペイン浪漫Ⅲ

●Webでもお読みになれます ⇒ Web版ぴあクラシック
(谷めぐみの記事は、P.33に掲載)
e0172134_17081193.jpg

第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!



[PR]

by Megumi_Tani | 2017-09-15 23:31 | リサイタル | Comments(0)

1119♪ 憧れの国   

ナポレオンの進駐、フェルナンド7世の絶対王政、悪評高きイサベル2世時代、カルリスタ戦争、アマデオ1世の短き治世、第一共和政、王政復古、米西戦争…。19世紀のスペイン史は誠にめまぐるしい。めまぐるしい、というより、混乱に次ぐ混乱とでも言うべきか。

皮肉なもので、そんなスペインが、当時外国では「憧れの国」になっていた。憧れ、といっても、夢みる夢子的な単純なものではないだろう。激情、生と死、神への熱烈な愛、諦観、自虐…。一筋縄ではいかない複雑な精神の有り様が、異国の人々の驚きと興味を誘ったのだ。「あの激しさは何?あの強さは何?あの潔さは何?」etc。そこには、憧れとともに、秘かな揶揄もまた込められていたに違いない。

ショパン〈ボレロ〉、ラロ〈スペイン交響曲〉、シャブリエ〈狂詩曲スペイン〉、リムスキー・コルサコフ〈スペイン奇想曲〉etc。多くの外国の音楽家達が、エキゾチシズム~スペイン趣味あふれる作品を発表した。誰よりもスペインに憧れてくれたのは〈カルメン〉のビゼーだろうか。

11月19日リサイタル、第1ステージでは、そんな外国人を惹きつけずにはおかないスペインの魅力たっぷりの歌をお聴きいただく。19世紀の音楽家達が魅了された「スペイン」と21世紀の私達が大好きな「スペイン」。そのイメージがピタリと重なっていることを実感していただけるだろう。

ピアノ前奏がリズムを刻めば、、、あぁ!これぞスペイン!どうぞお楽しみに!

第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!
e0172134_23552748.jpg

ニン〈ポロ〉古い録音がありました。


1119♪ プログラムご紹介ブログ
グラナドス150回目の誕生日」「永遠の別れの歌」「我が夢のアランブラ
カルメン〈恋は野の鳥〉の元歌です

第26回リサイタル
2017年11月19日(日)14:00開演@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています!

[PR]

by Megumi_Tani | 2017-09-07 00:21 | リサイタル | Comments(0)