タグ:cine ( 6 ) タグの人気記事   

ミツバチのささやき / エル・スール   

ビクトル・エリセ監督『ミツバチのささやき』『 エル・スール』のデジタルリマスター版が劇場初公開されている。

ミツバチのささやき』は、とある小さな村で暮らす幼い姉妹と両親の物語。主人公の少女をはじめ、登場人物ひとりひとりの心の迷宮が、静かに、丁寧に描かれていく。原題は『El espíritu de la colmena~ミツバチの精霊』。フランコ政権下で制作、沈黙のメッセージが込められた、といわれる作品だ。



エル・スール』の「スール~sur」とは「南」の意。心に秘密を潜めた家族の年月が、娘の語りで明かされていく。家族が住む「北」と父のルーツであるらしい「南」、父と父を大好きな娘の葛藤、母の苦しみ、父の乳母が語る内戦前と内戦後の矛盾、相克…。

音楽も耳を惹きつける。「南」のテーマとして、グラナドス『スペイン舞曲第5番アンダルーサ』が繰り返し流れ、父がカフェで秘密の手紙を書く場面では、同じくグラナドス『オリエンタル』が響く。カフェの店名が「オリエンタル」という設定だ。初聖体拝受式後の宴で、父と娘がパソ・ドブレを踊る。同じパソ・ドブレが父と娘の最後の別れの場面でも象徴的に使われている。そうそう、ホテルの結婚式では、「ラ・クンパルシータ」も聞こえていた。

そして、主人公エストレリャの小さな星形の指輪。「エストレリャ~Estrella」とは「星」の意。「私はエストレリャよ」星形の指輪は、そんな少女の強い意思にも感じられる。

初聖体拝受式の後、父と娘がパソ・ドブレを踊る場面


「南」のテーマ「スペイン舞曲第5番アンダルーサ」


とにかく映像が美しい。ひとつひとつの場面があたかも柔らかく繊細な絵画のよう。全体を深く支配する漆黒の闇、沈黙、秘密、哀しみ、悼み…。いつの間にか、こちらも迷宮に誘い込まれてしまいます。

3月25日に公開されたばかり。昔ご覧になった方も、もう一度いかがですか?
ユーロスペース
e0172134_23583070.jpg

[PR]

by Megumi_Tani | 2017-03-31 00:00 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

司馬遼太郎著『南蛮のみち Ⅰ・Ⅱ』   

そういえばそんな本があった、と、思い出すことがある。昨年10月、アルゲリッチの映画を観に行った際のこと。入り口横の売店に「本日の映画に関連する本」として、司馬遼太郎著『南蛮のみち Ⅰ・Ⅱ』が並べられていた。とかく日本では、スペイン・ラテン系という曖昧な括りで、何もかも十把一絡げにしてしまう。アルゲリッチとザビエルが“関連”というのは、なんとも可笑しい。
e0172134_15478.jpg

さて、そのずい分前に読んだ『南蛮のみち Ⅰ・Ⅱ』を、もう一度読み直してみた。フランシスコ・ザビエルの心の軌跡を追って、バスク地方を旅する内容だ。バスクからマドリードへ、そしてポルトガルへと旅は続く。独特の語り口の文章だが、何となくノリが悪い。何故か、司馬遼太郎の楽しくなさそうな?気配が伝わってくる。

こちらも何となくノリが悪いまま読むうちに、きっと司馬遼太郎は、バスクが、マドリードが、あえて言えばスペインが、肌に合わなかったのだ、と、気がついた。スペインは独自の強烈な個性をもった国だ。惚れる者はとことん惚れこむが、中には、「ああいう国はちょっと…」と仰る方もいる。ザビエルに多大な影響を与えたロヨラも、彼との出会いから極端な変貌を遂げてゆくザビエルも、かなり強烈な、今風に言えば“濃い”人間だ。彼らのほの暗い色濃さに、司馬遼太郎は、共感ではなく、違和感を覚えたのではないだろうか?

その証拠に、というわけでもないが、旅がポルトガルに入ったところから急に筆致が変わる。風光明媚な景色を愛で、街並みを楽しみ、詩やファドを味わい、人々の気質に愛着を感じている。「ポルトガルはいいなぁ」という司馬遼太郎の声が聞こえそう…と思いつつ読んでいたら、あらら!「人間がおだやかで秩序的であり、スペイン的な激情は見られない(本文より)」とまで書かれている。やはり人間、相性というものがあるらしい。しかし、それでも書ける。やっぱり巨匠だ。

ザビエルに関しては、こんな文章も。
ザビエルの生地、パンプローナにみたスペインと日本のつながり
執筆者の細田晴子氏は、以前このブログでご紹介した『カザルスと国際政治』の著者。

司馬遼太郎の数々の名著の中で、ちょっと隠れた一冊はこちら。
人間・空海の背中をひたすら追っています。
e0172134_131796.jpg

[PR]

by Megumi_Tani | 2015-05-22 01:09 | 本の窓 | Comments(0)

締めは、アルゲリッチで♪   

日西翻訳通訳研究塾・教養講座『スペインの民主化を振り返る』第4回の講義が終わった。フランコ時代の後期、表向きは誰も語らぬうちに、民主化への動きは着実に始まっていた。。歴史は、特にスペインの歴史は、下手なドラマよりよほどドラマティックな展開をみせる。

そんな時代のスペインを描いた映画をご紹介いただいた。フレッド・ズィンネマン監督・製作 『日曜日には鼠を殺せ』  ところがこの映画、英語の原題は『Behold a pale horse』という。あれ?鼠ではなく馬? そして、スペイン語のタイトルは『Y llegó el día de la venganza』⇒『そして復讐の日が来た』 なぜか、鼠も馬も出て来ない。

『日曜日には鼠を殺せ』
Y llegó el día de la venganza (Behold a pale horse) (1964)


ビックリのタイトル邦訳といえば、今年の話題作『アルゲリッチ、私こそ音楽!』も忘れられない。 【アルゲリッチの娘】 平野 啓一郎さん
こちらの原題は『Bloody daughter』。このタイトルにこそ、監督ステファニーの心、作品の核が秘められている。「私こそ、音楽!」とは、さて…???少なくとも、映画の中で彼女がそんなセリフを言い放つ場面はどこにもない。

先日たまたまラジオを聞いていたら、チェリストの遠藤真理さんが、今年、アルゲリッチと共演した時の話をしていた。『第16回 別府アルゲリッチ音楽祭』
共演したモーツァルトのピアノ四重奏曲第1番は、アルゲリッチにとって初めて弾く曲であったとのこと。リハーサル中、ずっと彼女は演奏に納得がいかず、何度も何度もやり直し、リハーサルを録音して皆にコメントを求め、ディスカッションを繰り返したという。そして誰よりも早く会場入りして、とにかく練習、練習、練習…。「あの天才アルゲリッチにして、あの練習量、あの姿勢…。本当に驚きました」と、遠藤さんが語っていた。

音楽に、どこまでも真摯に、どこまでも真剣に向き合う心。愛するものを、ただ純粋に愛する心。痛々しいほどに無垢で美しい。その痛々しさが、よりリアルに、そして、より愛おしく感じられるのは、きっとあの映画の影響だろう。

それにしても、練習、練習、練習…。天才アルゲリッチにしてこれだ。ましてや、我ら凡人の何をかいわんや。来年も、コツコツと、コツコツと大切に積み重ねて、大切なスペインの歌を、大切に心を込めてお届けしたいと思います。

2014年ありがとうございました。皆様、よい新年をお迎えください。
[PR]

by Megumi_Tani | 2014-12-29 00:23 | Musica あれこれ | Comments(0)

健さん、最後のCM   

このブログでもお馴染み、『今日は栗の日?カボチャの日?』   『美味しいコンサート Vol.2』
吉祥寺ドス・ガトスの高森シェフが「ソパ・デ・アホ」のレシピを公開してくれました。 スペイン語で「アホ」はニンニク、「ソパ」はスープ。つまり、ソパ・デ・アホは、「ニンニクのスープ」です。これからの季節、身も心もほっこり温まります。お料理上手の方、ぜひ!お試しください。
レシピは、こちら ⇒ 『ドス・ガトスのブログ』 

急な訃報に、日本中が驚いた高倉健さん。最後になったお仕事は健康食品ニンニクのCMだったそうです。 『健康家族ニンニク物語』

「不器用でも信頼の置ける会社」という会社の企業理念に共感した健さんが出演を快諾。BGMには、健さんがフアンでもある同郷の井上陽水「少年時代」を採用s、夢のコラボが実現した、とのこと。 『「不器用」に共感した高倉健さん』

このCMの撮影中も体調が悪い様子は一切見せなかったけれど、その後、腰痛が限界に達して入院…という記事を、どこかで読みました。本当に最後の最後まで、男気あふれるカッコいい健さんでした。粋ないなせな etc..スペインのマホを形容する言葉が心をよぎります。

今日23日夜9時からNHKで特番があり。『NHKスペシャル~高倉健という生き方』

こちらは、あの伝説の映画です。ラストシーンはあまりにも有名なので、予告編をどうぞ。
懐かしい渥美清さんも登場します。
『幸せの黄色いハンカチ予告編1』 左上の白文字クリック ⇒ フル画面

[PR]

by Megumi_Tani | 2014-11-23 12:43 | エトセトラ | Comments(0)

『アルゲリッチ、私こそ、音楽!』   

やっと時間が空いたので、大急ぎで渋谷に出かけた。目指すは、9月の封切り以来ずっと気になっていた映画 『アルゲリッチ、私こそ、音楽!』。世界的名ピアニスト、マルタ・アルゲリッチのドキュメンタリー・フィルムだ。マルタの三女、ステファニー・アルゲリッチが監督を務めたことでも話題になっている。
e0172134_22595455.jpg

真摯に激する魂、奔放な生命力、豊かな母性、あどけない幼女の心、柔和な微笑み、虚ろなまなざし、壮絶な孤独、その存在のすべてを昇華する音楽…。マルタ・アルゲリッチ、その人のむきだしの姿を、監督は、実娘ゆえの、天才芸術家に翻弄されてきた人ゆえの、女同士ゆえの複雑な視線を絡ませながら、淡々と映しだしてゆく。

邦題『アルゲリッチ、私こそ、音楽!』は、びっくりの意訳だ。原題は『Bloody daughter』。映画のなかで、この言葉の出所が分かる。Bloody daughter の名のもとにカメラを回し続ける娘ステファニーと、それに赤裸々に応える母親マルタ。 この映画を成立させたのは、ほかの誰でもない、女神マルタ・アルゲリッチその人であることが痛いほど分かる。

ずっしり重い赤ワインのような映画です。渋谷ル・シネマにて。11月7日まで。

[PR]

by Megumi_Tani | 2014-10-27 23:17 | Musica あれこれ | Comments(0)

『フラメンコ・フラメンコ』   

カルロス・サウラ監督の映画『フラメンコ・フラメンコ』を見た。一幅の絵画を思わせるスクリーン、そこにカンテ(歌)、バイレ(踊り)、ギターが溶け合い、グラナドスが愛した、ゴヤの絵の世界が次々と繰り広げられていく。愛と裏切り、熱情とと絶望、誇りと自虐、哀しみと笑い…。パコ・デ・ルシアが弾いている!スペイン歌曲に出会うはるか前、ラジオからたまたま聞こえてきたスーパーギタートリオ『Friday Night in San Francisco』(1980)に度肝を抜かれて以来、私のスペイン・ミーハー熱の原点にパコがいる。おじさんというより、おじいさんの域に入ったパコの、ゆったりとくつろいだ雰囲気。カッコいいなぁ。

サウラ監督の日本デビュー作『カルメン』が1983年、『恋は魔術師』は1985年の作品というから、懐かしい。『バルセロナ物語』のアントニオ・ガデスが『カルメン』では、ホセにあたる役柄を演じていた。音楽はパコ・デ・ルシア。オペラと現代劇が一体化した凝った作りが斬新だった。主演女優さんはイマイチだったけど…。『恋は魔術師』は、ガデスとクリスティーナ・オヨスの名コンビ!燃えさかる炎の前で踊るオヨスの姿が今でもはっきり目に浮かぶ。

さて肝心の『フラメンコ・フラメンコ』は、といえば、とにかく美しい。現れては消えるマハの面影、さまようマホの苦悩、夢かうつつか…。迫力もある、渋さもある、しかし何より、美しい。
めくるめく華麗な魅惑と官能の世界~何だか安いコピー(^^;; サウラ監督ごめんなさい。
ただ、そこが、ウ~ン、どうなのかな?「美しさを讃えよう」とか「美しきダンスと音楽の饗宴」などという文言がチラシに踊っているから、美しい、と感じさせたのは成功の証?
…と、なんとなく絶賛できないのが、残念。
e0172134_829250.jpg

[PR]

by Megumi_Tani | 2012-07-04 08:30 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)