人気ブログランキング | 話題のタグを見る

猛残暑お見舞い申し上げます

暑い。今年は早々に梅雨が明け、6月から猛暑が始まった。台風8号が温帯低気圧に変わったかとおもえば、今日は別の低気圧接近中。ベタベタとまとわりつくようなイヤ~な暑さだ。道産子の私は暑さに弱い。道外で暮らして長い年月が過ぎ、それなりの対処法を身に着けたつもりだが、それでも、ある日突然暑さに足をすくわれるような恐怖がある。

今日のタイトル「猛残暑お見舞い~」まさか猛残暑なんて言葉はあるまい、と、検索してみると…あった(@_@)どうやら2018年頃に登場したらしい。
こちら、2018年の天気予報。このまま今日の予報でも違和感がないような?
8月15日。私は戦争を知らない世代だが、それでもこの日は忘れられない日として心に刻まれ、夏を過ごしてきた。今年は、これまでに感じたことのない不安を覚えている。世界は、日本は、どこへ向かっているのだろう。。。

何か明るいニュースはないのか!
探しに探して、こちら。スペインで移籍後、さっそく初ゴールを決めた久保建英選手です。


まだしばらく暑さが続きそうです。
皆様、どうぞご自愛ください。


# by Megumi_Tani | 2022-08-15 17:37 | エトセトラ

「スペイン歌曲講座」第12回配信

谷めぐみがスペイン歌曲の魅力を語る講座』第12回、本日配信になりました。

今月は最終回スペシャル・メモリアルコンサート♫ご受講の皆様、ほどよくPausa~休憩を取りながら、どうぞお楽しみください。

第1回~12回全講座9月末までご視聴可能です。そういえばあの音楽家…、あの歌よかったなぁ…ふと蘇った方は、どうぞお見逃しなく!




# by Megumi_Tani | 2022-08-10 22:59 | 講座/セミナー

耳で聴く『渡鬼』

元NHKアナウンス室長、山根基世さん。テレビ、ラジオ、映画等々のナレーションや朗読など幅広いジャンルで、今も魅力的なお声を届けてくださっています。NHK総合では毎週月曜日『映像の世紀バタフライ』放映中。名曲「パリは燃えているか」とともに、私たちを歴史の秘密に誘います。

声のプロフェッショナル、山根基世さん。2018年から2022年まで『声の力を学ぶ講座』を主宰、さまざまな角度から「声とは何ぞや?」を学ぶ機会を設けてくださいました。初年度に講師を務めさせていただいたご縁で、このブログでは、毎回の講座の様子をレポートしてきました。
そして、この夏、山根さんが新しい「声の力」を届けてくださいます。
あの大人気ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』を朗読で!しかもすべての登場人物を山根さんひとりの声で演じ分ける→読み分ける!これは私のような畑違いの人間が考えても並大抵のことではありません。インタビューのなかで、「挑戦」「曲芸みたいなもの」と自ら語っておられます。そのすごい実験(ご本人の言葉)に果敢にチャレンジされるところが、まさに山根基世さん。凛としたお声の源を感じます。8月3日からSpotifyで配信開始。楽しみです!


# by Megumi_Tani | 2022-07-31 22:48 | エトセトラ

ロドリーゴ翁

猛暑お見舞い申し上げます。暑いです174.png言っても仕方がないけど、暑いです105.png

今月も谷めぐみがスペイン歌曲の魅力を語る講座』ご受講の皆さんが感想を寄せてくれました。「上品な音楽」「社会的に評価の高い人だったことに驚いた」「両親の祈り、奥さんのひたむきな愛」「レッスンで勉強した曲が沢山あって嬉しかったです」「ロドリーゴの歌曲、やっぱりいいですね!」「紹介されていた○○と△△はぜひ歌ってみたいです」etc。

お馴染みSさんからも、届いています。

*******************************************

谷めぐみさんの魅惑のスペイン歌曲、今回はホアキン・ロドリゴ。

谷さんの講座の終わり頃に晩年のロドリゴの映像が紹介された時、「あれ?これみたことあるぞ‼︎」すぐに思い出した。20年ほど前に手に入れた「The Rodrigo Collection 」というペペ・ロメロのディスク。一枚目がCD、2枚目がDVDで、それに収録されていた40分ほどのドキュメンタリー・フィルムでShadow and Lightというタイトルのものだった。ロドリゴ90歳の記念に製作されたようだ。内容はロドリゴ夫妻の日常を取材する中で、彼の経歴と作品を解説してゆくというもので、ぺぺ・ロメロが進行役を務めていた。

これはなかなか良く出来たフィルムで、ロドリゴの人と作品がよくわかる。アランフエス宮を老ロドリゴ夫妻が訪れるシーンがある。ホアキン老をヴィッキー夫人が支える姿は、ほのぼのとする以上に、かけがえのない愛をすら感じる。

さてロドリゴといえばアランフエスである。少し考えると気がつくのだが、およそクラシック曲で、作曲されてこんなに短期間で、しかもあらゆる音楽ジャンルで、こんなに多く演奏されている作品はアランフエス以外ないのではないか。この第二楽章のアダージオほど世界中の人の心を掴んだ作品はないだろう。ロドリゴが擬古典的と言われようが、保守派と言われようが、そんなものは批判にもならない。なぜなら世界中の人々が、このアダージオを聴いて涙を流すのだから。

私は「ある貴紳のための幻想曲」を聴くと涙が出てくる。何という悲しみを秘めた典雅さなのか。この作品は知られている通り、17世紀のギター奏者/作曲家であるガスパール・サンスの曲をモチーフにしている。そして私はサンスの作品が大好きなのである。これで泣くな、というのは拷問に近い。

しかし、ここで忘れてはならないのは、ロドリゴは現代精神の中にサンスを投げ込んでいるということなのだ。ロドリゴもまた、20世紀の最先端の音楽を学んだ人なのだ。この古楽をモチーフにする、というのはロドリゴがよく使った手法のようで、さまざまな作品に、そして歌曲にも使われている。歌曲集「四つの愛のマドリガル」これも古謡をモチーフにしたものだが、よく聞けば至る所に現代の響きがある。この中の「De los álamos vengo ,madre (母さん、ポプラの林に行ったよ)は美しく楽しい名曲である。

ロドリゴは多作な人で、全貌を掴むのは意外に困難である。昨年末の谷さんの講座で取り上げられた「クリスマス歌曲集」ひどく惹かれるところがあって購入してみた。ここには知られざるロドリゴの一面がある。それは最も先鋭的なものに挑戦する姿である。

ロドリゴ翁、あなたは本当にすごい人です。世間の人々が思っている以上に偉大な人です。あなたに、古代中国の大哲学者孔子の言葉を捧げます。

              『温故知新』

*******************************************

Sさんの貴重なコレクション。今回もロドリーゴの様々なジャンルの作品が収められたCD、DVDをアップされていました。その各々に付けられたショートコメントがまた楽しい。スペイン音楽への深い愛情を感じます。昨年末の講座がきっかけで「クリスマス歌曲集」に興味を持たれたとのこと。講座を開いてよかったな!と、講師の私も嬉しくなります。


古(いにしえ)の雅(みやび)を想わせるスペインの音宇宙。その見えない時空を20世紀の音楽人ロドリーゴの魂が自在に駆け巡る。寡黙だったり、お喋りだったり、悪戯っ子だったり、おすましだったり…。楽しげに、時には寂しげに…。そして最後は、どんな音もリズムも行くべきところへ行き、収まるべきところに収まる。まるで大空を飛び回った小鳥が巣に帰って安堵するように。もしかすると、ロドリーゴの魂は、この世での視力を失ったその時に解き放たれたのかもしれない。家族や妻ヴィッキーの愛に包まれ、翁となっても素直な少年の心そのままに存在していたのかもしれない。

本日のブログタイトル、Sさんの文章からいただきました。Sさん、muchas gracias!


パコ・デ・ルシアが弾く「アランフェス2楽章」最後4分付近~ロドリーゴ翁のお姿があります。





# by Megumi_Tani | 2022-07-30 16:16 | 講座/セミナー

祭りの夏

「祭」は、夏の季語だそうだ。
京都では、3年ぶりに祇園祭開催中。炎天下の山鉾巡行、196年ぶりの鷹山復活、と、大いに賑わっているようだ。学生時代、八坂神社のすぐ近くに住んていたこともあり、祇園祭には愛着がある。粋で男前だった大家さんのおじいちゃん。フツーは入れない色々な場所に連れて行ってくれたっけ…。

スペインでは、7月25日が守護聖人サンティアゴの日。巡礼で名高いガリシア州サンティアゴ・デ・コンポステーラでは「聖ヤコブ祭~サンティアゴ・アポストル祭」が開かれている。本来は2021年だった聖年がコロナ禍を受け、今年まで延長された。貴重な年の貴重なお祭り。こちらも、人!人!人!で溢れている模様。

祇園祭・鯉山タペストリーとヨーロッパの繋がりは有名だ。もしかすると、スペインに渡った遣欧使節団、支倉常長とも繋がりがあったのでは?とも言われている。更に、つい先日遭遇した文章では、上記「7月25日」の不思議が紹介されていた。歴史は面白い。どこまでも興味が尽きない。
ここで、もうひとつ7月25日の話題を。
2022年7月25日は、バルセロナオリンピック開会式からからちょうど30年めに当たる。



このブログを書いている2022年7月27日は、エンリケ・グラナドス155回めの誕生日。グラナドスがこよなく愛した街バルセロナも、今夏は猛暑、熱波に襲われている。スペインのあちらこちらで大規模な山火事発生 …。かと思えば、こんなニュースも!


あれを書けばこれ、これを書けばあれ…きりがない。祭りの夏の備忘録。
見えないストレスがいっぱいにかかっています。皆様、どうぞお元気にお過ごしください。


# by Megumi_Tani | 2022-07-27 23:54 | エトセトラ

スペイン歌曲のスペシャリスト♪谷めぐみのブログです


by Megumi_Tani
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る