人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ハバネラと大航海時代

「今月の締めのラ・パロマ、懐かしかったです!…スペイン歌曲の魅力を語る講座11月配信分を視聴された受講生さんからメッセージをいただきました。9月、10月に続いて、FBお友達Sさんも感想をアップしてくださっています。
********************************************

谷めぐみさんの「魅惑のスペイン歌曲VDO講座」第3回はハバネラ。

今回は、私の頭の中に課題がたくさん発生してしまった。あまりに奥深く幅広い。英国生まれの舞曲がフランスで発達し、カリブ海で広まり変化を遂げながらキューバからスペインに渡りフランスに戻る、この間100年の時間が経ってる、と言う誠に壮大な話。私の中でもう一度整理し、見直しておくべきこととして、

18世紀つまり資本主義の前駆時代のカリブ海植民地の状態。砂糖黍プランテーションと砂糖の大量生産、大量消費時代の到来。それとともにヨーロッパ人の食生活の変化。一方でプランテーションの黒人奴隷制度とその解放運動。

*ハイチ革命とサント・ドミンゴ(現在のドミニカ)との関係。(エスパニョーラ島は元々スペイン領、途中でフランスが侵入し、西がハイチ、東がドミニカになった)

*フランス第二帝政時代をおさらい。

とまあ、一応経済学徒なので、音楽の伝播と変遷から透けて見える近世〜近代の経済・世界史がものすごく新鮮であった。音楽講座を聞いてこちらに走ってしまうと、谷さんに申し訳ないので、これは私自身の課題にしておきます。

さてキューバのコントラダンサのチャーミングなこと。音楽は混ざるとチャーミングになる。ふと思いついて、では中南米の他の国ではコントラダンサはあるのか?と疑問になって、ちょっと調べてみたら、まあ出るわ出るわ。あまり面白くてハマってしまいそうなので途中で切り上げました。この件はまた別途。

今回のスペイン歌曲講座、私にとってはかなり重い内容でした。

********************************************
まず何より、こんなにも熱く、真摯にご受講くださっていることに感謝!人生初(笑)未だ不慣れな録画作業ながら、とにもかくにも始めてよかった、と、勇気づけられます。

時を超え、海を越え、人々に愛されながらヨーロッパと中南米を行き来したハバネラ。ゆるやかなそのリズムの陰には、征服と占領と搾取に覆われた複雑な歴史が潜んでいます。楽しくて哀しい、哀しいけれど幸せ…。ハバネラが醸し出す不思議な安らぎは、歴史の大波に翻弄され、遠い彼方を見つめて生きるしか術がなかった人々の、諦めに裏打ちされた”やさしさ”なのかもしれません。

ひとつの歌、ひとつのリズム「ハバネラ」をきっかけに開かれる大航海時代の扉。どんな文化にも壮大な歴史と奥深い背景があることを改めて教えてくれます。そして同時に、どんな時代でもどんな場所でも、人はともに音を感じ、ともにリズムを感じ、ともに生きていこうとすることを教えてくれます。



★好評開講中!いつでもスタートできます♪どなたでも受講できます♪

オンライン講座ソプラノ歌手谷めぐみがスペイン歌曲の魅力を語る講座




# by Megumi_Tani | 2021-11-20 20:07 | 講座/セミナー

柿と朝ごはんとコロッケと

果物の秋。お楽しみのひとつ、柿。昨年は何となくイマイチだったが、今年はたっぷり味わうことが出来た。

柿は、海外でも「kaki」。スペインでも「kaki、caqui」として売られている。留学時代、アパルタメントの隣りの八百屋のおじさんが「今日はメグミの知らないとびきり甘い果物が入ってるぜ。これだ!」と威張って指さしたのが、kaki だった。「kaki は日本語。kaki は日本の果物よ!」と、答えた私の得意げだったこと(笑)

そのkakiの学名を初めて知った。ギリシャ語で「 Diospyros kaki (ディオスピロス・カキ)~神が与えし食べもの・柿」。何だか頼もしい。美味しく食べて、パワーをいただこう!

食欲の秋。美味しい朝ご飯はいかが?11月15日~19日早朝、お友達制作の番組が放送されます。

収穫の秋。ジャガイモでコロッケはいかがでしょう?「カサマイヤ」のTomokoシェフが、スペイン風と日本風ミックスの作り方を紹介してくれました。


こんな楽しい投稿が出来る幸せ177.png
どうぞこの穏やかな日々が続きますように!

★好評開講中!いつでもスタートできます♪どなたでも受講できます♪

オンライン講座ソプラノ歌手谷めぐみがスペイン歌曲の魅力を語る講座


# by Megumi_Tani | 2021-11-14 15:18 | エトセトラ

声の力を学ぶ連続講座 第3期8回

「声の力」その不思議に、多彩な角度から迫る!
元NHKアナウンサー室長、山根基世さん主宰『声の力を学ぶ連続講座』第3期8回が開催された。
これまでの講座はこちら → 『声の力を学ぶ連続講座

今回の講師は、指揮者、合唱指揮者、新国立劇場首席合唱指揮者の三澤洋史 さん。「ベルカント唱法から始まる表現の多様性」と題し、クラシック音楽の発声のみならず、あらゆる歌唱法、演劇、スピーチ、更に日常の発声にも応用可能なオールマイティなメソードとしてのベルカント唱法について、いろいろな音源、実習を交え、楽しくお話しくださった。
多彩なプロフィール、ご活動の様子は、三澤さんのHPをどうぞ →Café MDR

Bel Canto~ベルカント(伊)は「美しい歌(歌声)」の意。一般的にはクラシック音楽の声楽、主にオペラで用いられる発声法とされる。ベルカント唱法は、19世紀前半に一般的なメソードとしてひとまず完成された。その後、時代の変遷とともに定義が広がり、現代では、オールマイティなメソードとして認識されている。

ベルカント唱法における歌唱技術は、2つのポイント-appoggiare(支え)/girare(回す)-によって、明確に計ることができる。この唱法に長けていることだけが歌手の力ではない。ベルカント唱法に従っていなくても上手い歌手はいる。フレーズの最後、終わり方を聴けば、その歌手のテクニックの安定度が分かる。ベルカントが出来るのはイタリア人だけ」…これは偏見。

ベルカント唱法が生まれた背景として、日本と欧州における言語文化の差異が挙げられる。日本語の詩は漢字、平仮名など多種類の文字で表記され、まず”目で読む”。他方、アルファベットのみで表記される欧州の言語による詩は、アクセントを付けて”声に出して読み”、韻律を楽しむ。アクセントの所在がそのまま歌詞に出現する。Cantare(歌う)とParlare(語る)をつなぐRecitare(演じる/朗々と唱える)→Recitativoも、アクセントの所在が明確であればこそ成立する。

後半は、ベルカント唱法を日常で応用するための実践編。三澤さんのリードで、肺、横隔膜、腹圧、丹田を意識した呼吸を練習。イタリア歌曲を題材に、ベルカント的朗誦にチャレンジ。腹圧がきちんとかかっていれば、朗誦の響きが変わる。響きに均一性が生まれ、より説得力をもつ。よく言われる「お腹から歌う」とは、腹圧がきちんとかかっていること。腹圧を意識するだけで、朗読の声も変わる。

腹圧をかけ、軟口蓋をあげ、あくびをするように声を出すと、倍音が生じる。肩の力を抜き、舌をリラックスさせ、横隔膜との連動を感じながら、歌うように話したり、普通に話したり、様々なモードを試す。目的は、自分にとって最も自然な状態を探ること。自然な状態で話し、自然な状態で歌うことの大切さ。

ご講義終了後は、質問続々。発声における腹圧と鼻腔の関係、大きな声と遠くに飛ぶ声との違い、朗読と歌唱の違い、子どもの合唱指導について、音楽と信仰の関係…。三澤さんの答えは極めて明快。自らの声で様々なサンプルを示しながら、スパッと核心を突かれる。ご講義の内容とともに、指導者としての大いなるお力を感じた。熱気に包まれ、充実の講座、終了。



*******************************************

レナート・ブルゾン、チェチリア・バルトリ、フィッシャー=ディスカウ、アンナ・モッフォ、ペーター・シュライヤー…。お話の合間に鑑賞した演奏の素晴らしかったこと。卓越したテクニックを有しながら、どこまでも自然な歌声。もはや"楽器としての声"を超え、”存在そのものとしての声”が大いなるものと共鳴している。明るく晴れやかに穏やかに、そして何より自然に。個としての歌い手はもはや存在しない。ただ在るのは、妙なるものを共にする喜び…。
歌っていいな、と、シンプルに思った。久しぶりの感覚。

★好評開講中!いつでもスタートできます♪どなたでも受講できます♪

オンライン講座ソプラノ歌手谷めぐみがスペイン歌曲の魅力を語る講座



# by Megumi_Tani | 2021-11-13 00:03 | 講座/セミナー

「スペイン歌曲講座」第3回配信

ちょっと取り込んでいる間に…『谷めぐみがスペイン歌曲の魅力を語る講座』第3回が配信になりました。今回のテーマは「ハバネラの時代~カルメン〈恋は野の鳥〉誕生秘話」大好きなハバネラについて、たっぷりご紹介させていただいています。ご受講の皆様、どうぞお楽しみください♪

★好評開講中!いつでもスタートできます♪どなたでも受講できます♪

オンライン講座ソプラノ歌手谷めぐみがスペイン歌曲の魅力を語る講座


# by Megumi_Tani | 2021-11-12 11:19 | 講座/セミナー

"アランフェス"初演の日

いつもながらFacebookはマメだ。今朝がた、毎日メディアカフェ~わが心のアランフェスから2年経ちましたよ、と、知らせてくれた。お申し込み多数で、急きょ会場をいつものサロンから毎日ホールに移しての開催。降りしきる冷たい雨にもかかわらず、大勢のお客様がご来場くださったっけ…。もう2年?まだ2年?う~ん。この期間、時間感覚がズレておかしくなっている。

\"アランフェス\"初演の日_e0172134_20471180.jpg


ホアキン・ロドリーゴ作曲「アランフェス協奏曲」は、81年前の今日、1940年11月9日、バルセロナにあるカタルーニャ音楽堂で初演された。ソリストは、レヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサ。今年は彼の没後40年に当たる。そしてマエストロ・ロドリーゴ!今年は生誕120年記念の年だ。

えもいわれぬ哀愁を帯びた第2楽章のテーマ。この旋律をただただ”声”という楽器で奏でたく、ずっと歌詞無しのヴォカリーズで歌ってきた。重なっているいくつかの”記念”に思いを馳せながら、ふと、考えた。私が初めて歌ったのはいつだろう…?古い資料を引っ張り出してみると、どうやら1994年らしい。この年のリサイタルのプログラムに初めて曲名が載っている。市販の楽譜など無く、手に入れたいくつかの楽譜を基にヴォカリーズとピアノ用の手書きの!楽譜を自分で作った。そんな苦労をしてでも歌いたかった。

\"アランフェス\"初演の日_e0172134_20430280.jpg

「私はこの曲をギターのために書いたのに、いろいろな楽器が勝手に演奏する」
当初ロドリーゴは嘆いていた、と、いつかどこかで読んだ記憶がある。マエストロ、ごめんなさい。私も歌ってしまいました。でも、初演から81年めの今日、深い感謝と敬意を込めてマエストロにお伝えしたい。ギターだけではなく、声も含めた様々な楽器で、幅広いジャンルで、「アランフェス」は愛されています、と。





★好評開講中!いつでもスタートできます♪どなたでも受講できます♪

オンライン講座ソプラノ歌手谷めぐみがスペイン歌曲の魅力を語る講座


# by Megumi_Tani | 2021-11-09 21:07 | スペイン音楽

スペイン歌曲のスペシャリスト♪谷めぐみのブログです


by Megumi_Tani
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る