分身の術?   

夏と秋のコンサート。この二つのプログラムは似て非なるものなので、準備する曲の数がかなり多い。故郷・北海道では「もののけ姫」「いつも何度でも」「遠くへ行きたい」など日本の曲も歌う。東京のプログラムは選りすぐりのスペイン歌曲を集めた。練習、また練習である。

加えてコンサートの準備には、際限の無い雑用がつきものである。イルカ(あの”なごり雪”で有名な)の亡くなったご主人は、「歌い手は歌に専念しなさい」と言って、音楽以外の事は一切彼女にさせなかったとのこと。うらやましい!

もちろん通常の仕事もある。クラスで歌う新しい曲の楽譜を作らねば。退院したばかりのあの生徒さんの具合はどうだろう?そういえば伴奏を考えなければならない曲がある。なぜ今?という人から手紙が届く。急に暑くなった。衣替えは済んでいただろうか?約束の原稿を今日中に書き終えねば。明日は誰と会うことになっていたっけ…etc。

「好きなことが仕事で幸せですね」と、よく言われる。確かにその通り、その通りなのだが…あぁ”私”が5人くらいほしい!
[PR]

by Megumi_Tani | 2009-05-12 08:39 | エトセトラ | Comments(0)

<< イサーク・アルベニス百周年記念 楽譜を作る >>