職人魂   

近くに一軒の和菓子店がある。ご主人は60歳代後半だろうか。いつも白い前掛け(エプロンではない!)に作業用長靴のスタイル。見るからに頑固一徹な職人さんの風情である。

先日、店の前を通ると、「私たちが作った小豆です」と写真入で生産農家の方が紹介されていた。なんと!私が育った北海道の村である。思わず店の中をのぞきこんだ。「こちらで使っているのは、この村の小豆ですか?」と私。「そうだよ。ウチはずっと小豆はここに決めているんだ。豆が良くなきゃ、上手い菓子は出来ないからね」とご主人。

「豆が5の程度なら、ああだこうだと手を加えれば、7くらいの菓子は出来る。でもそれ以上のものにはならないね。豆が良ければ、12とは言わないが、10のものは必ず出来る。豆で決まるんだ」そうか…。歌も似ている。作品が良ければ、素直に歌うだけで作品が立ち上がる。しかし作品の出来が5の程度なら、強くしたり弱くしたり、遅くしたり早くしたり、あれこれやっても、7くらいにしか仕上がらない。中には、演奏者泣かせの珍作?奇作?もある。

「最近は大抵の店が機械練りだけど、ウチは今でも手だからね。開店前の朝早くか、夜中に練る。昼間は気が散るからダメ。最後の詰めで餡の良し悪しが決まる。練りが足りなくてもダメ、練り過ぎても使いものにならない。ラジオも全部消して、集中して練る」職人の技だ…。

「ウチの自慢の羊羹を食べていっておくれ」と、ご主人自ら冷たいお茶を添えて奥から運んできてくれた。「本物は包丁を濡らさないと切れない。スイスイ切れるのは小豆をケチった証拠だよ」なるほど…。口に入れると、一瞬さわやかに、そしてその後、まったりと甘い。

「誰になんと言われても、自分の納得したものしか売りたくないからね」ご主人の顔が、誇らしげに輝いた。

炎天下の帰り道、口の中に、甘さの余韻が残る。歌う職人の私。今回の「鳥の歌」は特上の小豆だ!そう思うと少し元気が出た。我ながら、変な比喩だけど…。
[PR]

by Megumi_Tani | 2010-07-28 09:21 | エトセトラ | Comments(0)

<< やっぱり体育会系 どこにもないプログラム >>