やっぱり体育会系   

今日は立秋…。しかし、暑い。とにかく暑い。「暑い」というより「熱い」と書きたいくらいだ。猛暑、酷暑、炎暑…今年は「激暑」なる言葉も登場したそうな。北海道でも37℃が出た。日本列島が燃えている。

そんな中、昨日もギターと伴奏合わせ。ああだこうだと言いながら、譜面を読み込み、音を出し、ひとつひとつの曲を作り上げていく。二時間や三時間はアッという間に過ぎる。ギターに高温多湿は禁物、しかしクーラーは喉の大敵、室温は高めの設定。練習が終わる頃には二人とも汗だくだ。繊細な曲作りも、最後は体力勝負。そういえば、去年の夏も似たようなことを書いた。http://megumitani.exblog.jp/10890913/ やはり、音楽家は体育会系である。

合わせも終盤、暑さと長時間の集中で、やや意識朦朧。そこに現われた破壊的な和音に辟易していると、ふと声が聞こえた気がした。「その音です。しっかり演奏しなさい」壁の写真のイエペスがこちらを見て笑っている…。まさか…。
[PR]

by Megumi_Tani | 2010-08-07 07:47 | リサイタル | Comments(0)

<< 美味しいスペイン 職人魂 >>