母さんが夜なべをして…   

リサイタル当日プログラム用の原稿をやっと書き終えた。お客様の大半はスペイン語をご存じないから、私が口を必死にパクパクさせて何を歌っているのかが分からない。そこで「歌詞を日本語に訳したもの」が必要になる。しかし、うす暗いホールの客席、舞台の上では歌い手の私がキャーキャー熱演中…そんな中でじっくり文字など読めるはずがない。そこで歌詞訳は「大意」にとどめ、ちょっぴりのトークでそれを補充する。回数を重ねる中で、このスタイルが定着した。

「日本語で表現すればこんな感じです」と、歌い手本人がご紹介するのが筋だと思うので、最初のリサイタルから歌詞大意を自分で訳してきた。「言葉」というものが好きなので、訳す作業は苦にはならない。しかしこれも凝りだすと、次々と分からない点、疑問な部分がでて来る。辞書を引いたり、本やネットでを調べたり…。どうしてもダメな時には、先生に質問する。Ayúdeme!いざという時に質問できる先生がいるのは本当にありがたい。

今年はまいった。とにかく暑い!!北海道生まれの私には夏用のDNAが不足している。クーラーは苦手かつ喉の大敵なので、できるだけ避けたい。となると、昼間は暑さで脳みそがグチャグチャになり、まともにものを考えられない。夜も更けた丑三つ時、ほんの少し夜風が涼しくなった頃にやっと作業が始まるのだ。ずっと、ずっと、夜なべ仕事が続いた。フゥ~。

そういえば、「母さんが夜なべをして…」で始まる歌があった。その先は…キャア!「手袋編んでくれた」だ。しみじみと心にしみる名歌には申し訳ないが、酷暑の今、毛糸の手袋を想像しただけで汗が噴き出す。しかし、そうか。夜なべ仕事というのは元来冬にするものなのだ。

真夏の夜なべの産物⇒当日配布のプログラム。ポイと捨てずに、じっくり眺めていただきたい。
[PR]

by megumi_tani | 2010-08-30 21:41 | リサイタル | Comments(2)

Commented by 野良猫 at 2010-09-01 01:23 x
草木も眠る丑三つ時。いちま~い、にま~い、さんま~い・・・いちまいたりな~い。
昔の人は想像力で暑さをしのいだのでしょうが、この猛暑というか酷暑というか、これだけ熱帯夜が続いては物理的に冷やさないと厳しいと思います。それにめげずに夜なべ仕事をしている谷さんの姿を想像すると、それはそれで・・・
Commented by megumi at 2010-09-01 22:09 x
それはそれで…コワ~い!ですね。まったく、お皿でも数えたい気分でした。
やっと脱稿して、今度は「早寝早起き」にシフト中ですが、これをまた熱帯夜が
邪魔をする…。

<< スペインの華 まだまだ残暑お見舞い申し上げます >>