人気ブログランキング |

Japónへの想い 2   

4月11日、バルセロナ市で『東日本大震災の犠牲者追悼と被害者に対する支援の式典』が開かれたそうだ。美しいバラ園で14時46分に黙祷が捧げられ、ミニ・コンサートも開かれたという。日本への想いに感謝し、心慰められるとともに、未曾有の大災害の中にあることを改めて実感する。

原発事故がレベル7に引き上げられ、ますます世界に注視されることになってしまった。
<Fukushima原発事故の深刻さはチェルノブイリに匹敵>と題された記事
http://es.noticias.yahoo.com/12/20110412/twl-el-accidente-nuclear-de-fukushima-es-4c10a1a.html

7日夜の大余震でスイッチが入ったかのように、大きな余震が頻発している。少し前の気象庁の余震発生率見込みは約10%まで下がっていたのではなかったか?緊急地震警報のあの音にはアレルギー反応が起きているが、この重要な警報もしばしば外れる。予報というものは難しいのだな、と、理解するしかない。帰りの電車の中、三人の男性がグゥオーグゥオー大いびきをかきながら眠りこけていた。皆、余震が気になり、夜に熟睡できないのだ。東京でさえこれほど疲弊する。まして震源、そして原発に近い東北の方々のお心を思うと、言葉がみつからない。

by Megumi_Tani | 2011-04-13 09:14 | 思い&想い | Comments(0)

<< 土井宏之・今~昔展 ありがとう!ドミンゴ >>