人気ブログランキング |

鼻ラッパ   

ケータイショップ、家電量販店、ディスカウントの薬局、ファーストフードの店…。街の店先、いたるところに宣伝嬢が立って「★●★いかがですか!」「今日限りのお値段です!」などと声を張り上げている。そのほとんどが見事な?鼻声。昨今の若者は鼻濁音が出来ない、と聞いたことがあるが、彼女達の声は鼻濁音の域を通り越え、おもちゃのラッパのごとく鼻の中でプーパー鳴っている。「鼻ちょうちん」ならぬ「鼻ラッパ」である。

駅前のスーパー。レジの長い列に並んでいると、ハッとする声が耳に飛び込んできた。ビロードのような低音、落ち着いた響き。かなりイイ声だ。遠いので、音としての声だけ聞こえて、話の中身が分からない。でも、少しづつ近づいて来る。声の主はどこにいる?どんな人だろう?……いた!あのレジ打ちの若者だ。それはそれは良く響く低音で「カボチャ入ります」「玉ネギ3個ですね」などと言われ、お客は皆、一瞬、顔を上げて彼を見る。思わず列の長さを忘れさせる心地よさ。無意味に空を切る鼻ラッパとはえらい違いだ。

あそこまで鼻にぬく技術をどうやって身につけたのだろう?ああやって一日中声を張り上げても大丈夫なのだろうか?鼻に抜けているから喉には負担がかからないのだろうか?他人事ながら心配になる。その一方で、あの説得力の無さはなんだ!(>_<)!鼻ラッパ特有の妙に滑らかでのっぺりとした節回し。叫ぶでもなく、呼ぶでもなく、もちろん歌うでもなく…。自分で自分が言っていることの意味が分かっているのかなぁ?いや、分かっていないから、一日中平気でプーパー鼻ラッパを吹き続けられるのか??

by Megumi_Tani | 2011-05-18 09:46 | エトセトラ | Comments(0)

<< 被災地支援チャリティーコンサー... 絶品パエリャ >>