人気ブログランキング |

Recital あれこれ ≪お天気≫   

「“やっぱり大雨!”というMCで会場が盛り上がっていましたが、あれはどういう意味だったのですか?私は一度も雨だった記憶がないのですが…」と仰った方がいる。そう、直近の五回は無傷、いや、無雨だった。まるで、押しも押されぬ“晴女”のように…。

しかし私は、過去に大雪を二度当てている。特に二度目の時は、前夜から深々と雪が降り積もり、朝起きると雪国かと見紛うほどの銀世界が広がっていた。「帰りの電車が止まると困るので」「転ぶと危ない、と、家族に止められたので」何本か、キャンセルの電話が入った。そりゃそうだ。私たち出演者でさえ、どうやってホールにたどり着けばよいのか分からないのだから。午後7時いざ開演。舞台に出てみると、何と!客席はほぼ埋まっていた。皆さん、厚いコートとマフラー、長靴の重装備だ。中には、せっかくの演奏会だから、と、パンプスを持参して会場で履き替えた、という女性もいた。お心がありがたい。お客様の帰りの足が心配だった。しかし終演の頃には雪が止み、美しい月が煌々と空に輝いた。

冬は物騒だから秋にしよう!ということで9月に時期を移したら、今度は台風がやってきた。前日から嵐襲来。当日の朝になっても、傘をさすこともできないほどの暴風雨が続いていた。恐ろしや…。しかし昼過ぎに台風は行き過ぎた。お客様がご来場になる頃、やはり空には輝く月。台風一過の静かな夜が訪れた。

今回は、といえば、ご来場時よりも、お帰りの時の方が荒れていた。リサイタル初記録である。横殴りの雨、吹きつける突風、妙に生温かい空気…。「土曜日のリサイタルに合わせて雨を降らせるというのは流石です」と、メール。ふむふむ、そういう褒め言葉もある。「市ヶ谷での大雪のコンサートが蘇りました」と、アンケート。あぁ古傷が…。しかし、こんな日に歌うとは何て人騒がせな女だ!とは、誰もお叱りにならない。アリガトウゴザイマスm(__)m

とんでもないお天気のなか、たくさんのお客様が駆けつけてくださいました。
本当にありがとうございました。

「雨が追悼を歌う代々木にも降りましたね。チケットを持たぬ人たちも“サクラ”を聴いていたのではないでしょうか。いつもに増して濃くて密なエネルギーを感じました」と、メールをくださった方がいる。涙雨…だったのかな。

by Megumi_Tani | 2011-11-26 12:36 | リサイタル | Comments(0)

<< Recital あれこれ ≪P... 終演御礼 >>