人気ブログランキング |

オリンピックの器   

ロンドンオリンピックは熱戦たけなわ。テレビ観戦にしようにも、これぞ!という試合は、どれも真夜中や朝方の放送。ヨーロッパでの開催は時差がなぁ…。

それにしても、昨今の選手は大変だ。試合が終わった直後、その場にレポーターが待ち構えている。そして「今のお気持ちはいかがですか?」「ご自身の戦いぶりについて、どう思われますか?」などと、質問される。勝ったときはともかく、負けたときの気の毒なこと…。「金メダルに届きませんでしたね」「今後に向けての抱負をどうぞ」「日本で応援していた人達にひと言お願いします」なんて、たった今負けたその本人に、ズケズケ聞く。大した神経だ。これも仕事…?選手が言葉に詰まると、答えるまでジーっとマイクを向け続ける。残酷…。「ご自身の敗因はなんだと思いますか?」と聞かれて、一瞬絶句。「今終わったばかりなので、自分でもよく分かりません」と答えた選手がいた。その通り!「だいたいそんなこと、あんたに聞かれる筋はない!」と、おこりんぼの私は、代わりに怒鳴りつけたくなる。「皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいです」と声を絞り出す選手に「それでも、立派な『銀』だと思いますよ」なんてシャアシャアと言う。金に届かなかった、と言ったのはお前じゃないか!怒、怒、怒…。

それでも誰も泣きじゃくったり、取り乱したりしない。最後まできちんと質問に答えようとする。そういえば、勝った選手も「キャア!やった!うれしい!勝った!勝った!イェーイ!」なんて、はしゃいで興奮して叫んだりしない。皆、周囲への感謝を述べ、自分の気持ちを総括し、今後の目標を語る。「インタビュー」を成立させているのだ。みんなエライなぁ…。競技の実力だけではなく、そのタレント性?も含めて、オリンピックの器、ということか。

またまた真夜中。なでしこが、カナリヤ軍団を破った!一点目の澤の素早いパス、さすが!いつぞや、ワールドカップ優勝からまだ間もない頃、あまりにも“普通”に電車に乗っている佐々木監督をお見かけした。あの自然体(風?)も器か。行け!なでしこ!

by Megumi_Tani | 2012-08-04 09:22 | 思い&想い | Comments(0)

<< 夏の華火 コンサートでクールシェア >>