ビクトリア・デ・ロス・アンへレスが教えてくれたこと   

1986年春、各地の音楽大学のホールを会場にして日本で初めてのビクトリア・デ・ロス・アンへレスのマスタークラスが開催され、当時活躍中の声楽家から現役の音大生まで、年齢もキャリアも異なる大勢の受講生が彼女の指導を受けました。私もオーディションを受けて参加しました。歌ったのは、E.グラナドス「悲しみにくれるマハⅡ」です。

さて、最初の会場に現れたのは英語の通訳でした。ところが、この方、音楽用語を知らない。「クレッシェンド、とかいうことをするように彼女は言っています。クレッシェンドとは、何ですか?」という調子で、レッスンはしばしば中断…。

次の会場で待っていたのはイタリア語の通訳です。黒ぶちメガネの通訳氏は極度に緊張しているらしく、訳す以前に、話の中身がまるで理解できない。業を煮やしたビクトリア・デ・ロス・アンへレスがイタリア語と英語を駆使し、さらに身振り手振りを加えて、受講生に、ではなく、通訳氏に解説を始める事態となり、またまたレッスン中断…。

休憩に入ると、控え室にいた私が呼び出されました。「何故メグミがいるのに通訳させないの?メグミを呼んで」とビクトリア・デ・ロス・アンへレスが言っているとのこと…。え~!そりゃ、スペイン語はまずまず、音楽用語も分かるけれど、急に通訳なんて出来るのかなぁ???戸惑う私に、ビクトリア・デ・ロス・アンへレスのマネージャー氏が「メグミ、出番だよ!」とお茶目にウィンク!かくして私は、突然、レッスン後半から通訳に変身したのでした。そして嬉しいことに、その後、日本各地で行われたマスタークラスにも通訳として随行させていただくことが出来ました。あぁ!なんという幸せ!

「すべての音は何かを語っている。無駄な音はひとつもない」「あなたはあなたの言葉で語らなければいけない」どんなジャンルを歌う受講生に対しても、ビクトリア・デ・ロス・アンへレスの教えは共通していました。それは、恩師マヌエル・ガルシア・モランテの教え「メグミはメグミの歌を歌え」とも一致していました。バルセロナをご縁に、私の歌の心の師となったビクトリア・デ・ロス・アンへレスとマヌエル・ガルシア・モランテ。二人が創り出した音楽世界を高く仰ぎ見て、私はずっと歌ってきたような気がします。
e0172134_23183890.jpg

e0172134_23191555.jpg


6月1日リサイタル、プログラム最後はスペシャル!
「歌って楽しい!」と、ビクトリア・デ・ロス・アンへレスが教えてくれた二曲です。

<ラ・パロマ>
船が港を出るとき ただひとり見送りにきたメキシコ娘 もしもお前の窓辺に鳩が飛んで行ったら 俺だと思って優しくしておくれ 花の冠をかけてやっておくれ 牧師さんが教会で祈ってくれたら 俺はいっぱいの愛をこめてお前の手をとろう 牧師さんは聖水をふりかけて俺たちを祝福してくれる あぁ愛しい娘よ!俺に愛をおくれ 俺のもとへ来ておくれ

<サパテアード>
性悪の毒グモめ! 蹴ろうが殴ろうがくたばらない! 母ちゃん!俺はどうなった? ブルブル震えがとまらない! 性悪グモに刺されたか! 憎ったらしい毒グモめ! 悪魔にでも喰われちまえ! 
[PR]

by Megumi_Tani | 2013-05-26 23:41 | スペイン歌曲 | Comments(0)

<< 明後日、本番です♪ 共演者コンサートご案内♪ >>