あまちゃん、おそるべし!   

久しぶりに、銀座Y楽器へ出かけた。

今は本当に何でもネットで検索できる。見つけて注文すれば、翌日には届く。それはそれは便利な世の中になった。しかしそれでも、まだ楽譜&CD探しには「足で探す」要素がある。店でしらみつぶしに探していると、思わぬ掘り出し物にめぐり会うことがあるのだ。店で見つけたものを、逆にネットで詳しく調べて注文することもある。この作業には、ある程度まとまった時間と、なかなかの気力、体力(笑)が必要だ。

さて本日のY楽器。入り口を入るやいなや、いや正確には、入り口前の銀座通りまで、たぶん今、日本でもっとも有名な「あまちゃんのテーマ曲」が高らかに鳴り渡っている。猛暑などものともせず、おおらかに朗らかに!それはもうノリがいい。近年まれにみる朝ドラ大ヒット曲だろうなぁ…などと考えながら、エスカレーターで2階のCD売り場へ。ところがあらら、ここまで聞こえてくる「あまちゃん」が…。「ショパンピアノ曲集」だの「ベスト・オブ・マリア・カラス」だのと、目はCDのラベルを追いかけるものの、耳には、チャラッチャッチャッチャッチャチャラララ♪と、あの調子のいいリズムとメロディーが、元気に飛び込んでくる。こりゃダメだ。先に楽譜を見よう、と、3階へ上がっても、事情は同じ。少々遠ざかりはしたものの、「あまちゃん」は、しっかりついてくる。音楽に誘われたのだろう。売り場では、ご高齢のおば様二人が夢中で今週のストーリーを復習中。そのうちに、スーッと音が引いた。あ、やっとひと区切り、と思いきや、「本日は8時まで営業しております」のアナウンスが流れ、その後は、再び、チャラッチャッチャッチャッチャチャラララ♪ 結局、楽譜もCDもひと通り見終えて帰るまで、かれこれ1時間半、ずーっとこの状態が続いたのでした。ほかのお客様も聞こえていないはずはないけれど、皆、心地悪そうな様子でもない。偉大なる陽のオーラ!!あまちゃん、おそるべし!

今日の収穫のひとつ。中世のキリスト教とユダヤ教とイスラム教、三つが交差する音楽を集めたCDです。寝苦しい夜、セファルディーを聴いて妖しく闇に溶けるもよし!朝一番、あまちゃんを聞いてジャンプするもよし!?
e0172134_014928.jpg

[PR]

by Megumi_Tani | 2013-07-14 00:16 | Musica あれこれ | Comments(0)

<< 『音楽の友』 コンサート・レビュー 吉祥寺アートご案内 >>