『Brava! Victoria』~生きて歌って   

生徒さんのひとりが、モンポウ作曲『君の上にはただ花ばかり』に取り組んでいる。やはり!カタルーニャ語には悪戦苦闘。それでも、あの繊細で美しいメロディーを目指して、熱心に練習を続けている。レッスンのピアノ伴奏は私。ところが、このピアノがまた、あまりにも繊細だ。珠のような音ひとつ、ひとつが重なり、ガラスのように透明な世界を創りだす…はずなのに、シンプル過ぎて音をよく外す。デリケートな音の組み合わせだから、たとえ一音でも間違えると、もう台無し。ガラガラと世界は崩れ去り、我ながらガッカリしてしまう。この名曲を、作曲者モンポウ自身の伴奏でビクトリア・デ・ロス・アンへレスが歌っている貴重な映像がある。

『君の上にはただ花ばかり』


先日『Brava! Victoria』というページに遭遇した。残された膨大な録音、映像、インタビュー、日記、関係者の証言等々をまとめて、ビクトリア・デ・ロス・アンへレスの人生の軌跡をたどっている。若かりし頃のニューヨークでの姿、オペラのプリマドンナとしての活躍、世界各地での演奏活動、結婚、出産、アリシア・デ・ラローチャとのくつろいだ様子、リセウ再建のために歌うカルメン、たくさんのプライベート映像、共演したドミンゴや指揮者、ピアノ伴奏者のコメントetc。偉大な声楽家であると同時に、ひとりの女性として、生きて、愛したVictoriaの人生がひしひしと伝わってくる。このような形で「伝記」を制作し、しかも、それを世界に公開してくれていることに、心から感謝したい。
『Brava! Victoria』 TV3版 ~クリックしてご覧ください~

そして、ビクトリア・デ・ロス・アンへレスが歌う『愛の喜び』


これはもう単なる歌ではありません。ひとりの人間が語っています。語ることは歌うこと。歌うことは生きること。そんなビクトリア・デ・ロス・アンへレスの演奏に私は心惹かれるのです。彼女にぴたりと寄り添うマヌエル・ガルシア・モランテのピアノも圧巻。名コンビによる名演です。
[PR]

by Megumi_Tani | 2013-10-09 00:39 | スペイン歌曲 | Comments(0)

<< ありがとう!Domingo 再び 『浦壁信二 ピアノリサイタル』 >>