バルセロナ2013~サグラダ・ファミリア   

Mikikoさんと一緒にシウタデリャ公園近くのレストランで友人と合流。「おぉ!日本から来たのか!」威勢のいいご主人が笑顔で迎えてくれた。ゆっくりと昼食を済ませ、バスでサグラダ・ファミリアへ。ほんの10分~15分。街中のバス停で降り、通りを曲がると、あの塔がこつ然と現れた。
e0172134_23161671.jpg

塔を飾る数々の彫刻、天に向かう荘厳な聖堂、美しい光を投げかけるステンドグラス、鐘楼の鐘が奏でるカタルーニャの調べ…。ほぼ工事現場状態だった昔の記憶を覆す、大きな大きな空間が広がっていた。
e0172134_23182876.jpg

e0172134_23312967.jpg

2010年11月7日、ローマ法王ベネディクト16世による献堂式が執り行われ、サグラダ・ファミリアは正式に教会に認定された。大聖堂に、司教ら6500人が参列、聖歌隊は800人!とのこと。
●献堂式の様子


ガウディ没後100年にあたる2026年の完成を目指して、工事は着々と進んでいる。昔は、資金難で工事がストップ、なんて話題もあったけれど、今は世界中から観光客が押し寄せ、チケット売り場は長蛇の列だ(インターネットで事前予約可能)。この調子なら、資金は大丈夫だろう。
本当に2026年に完成する!!かも。
●2026年完成予想


自然をモチーフに、ありとあらゆる部分に魂をこめ、大いなる神の世界をこの世に具現化しようとしたガウディ。一方で、建設現場で働く石工さんや職人さんの子どもたちのために、敷地内に学校を建てていたという。繊細で、心やさしい人だったのだな、と、思う。
●サグラダ・ファミリアにあるガウディのお墓
e0172134_23204179.jpg

こんなものが街の中に“普通”にある、それも“当然”のようにある。それだけでミラクルだ。
やっぱりバルセロナはすごい。
[PR]

by Megumi_Tani | 2013-11-29 23:49 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

<< 浦壁信二ピアノリサイタル バルセロナ2013~雨のBar... >>