ファリャ再発見   

ファリャの音楽、と聞いて、まず浮かぶイメージは…「灼熱のアンダルシア」だろうか。これでもか、これでもか、と押し寄せる野性的なリズム、時に爆発的に、時に妖しく鳴り響く旋律、一瞬の閃光のようでありながら、実は緻密に構築された音楽。とにかく熱い。音楽だけを聴くと、どんなに「濃い男」かと思ってしまうが、実際のファリャは痩せて小柄で、いつも黒ずくめの服、若い頃から禿げ頭の潔癖症。まぁこう言っては何だが、地味で風采があがらない。性格は、律儀で、生真面目で、神経質。贅沢を嫌い、清貧に徹し、死後、自分の作品がただ儲けるためだけの商売に利用されないよう遺言まで残している。敬虔なキリスト教徒であった彼にとって、己の作品は神様への捧げものだったのだ。だから最後まで、より純粋で美しく高貴な音楽を求めずにいられなかった。こんな人物の一体どこからあの熱い音楽が生まれて来たのか???外から見ただけではまったく分からない、人間の内なる魂の力に感嘆する。

ファリャはスペイン南部の港町カディスの生まれだが、母親はカタルーニャ出身だった、というのが、また興味深い。音楽好きの母が幼いマヌエルにピアノを教えてくれた。いわゆるステレオタイプ的に分類すれば、熱いアンダルシアとクールなカタルーニャには少々(かなり?)ズレがある。カタルーニャ人の母親から生まれても、あんなに濃いアンダルシア的な音楽を作る。きっと人間には、「生まれ」とは全く別の次元で、その人の魂の欲求、叫びがあるのだ。

同じことを、昨年暮れ、カニサレスのコンサートを聴いたときにも感じた。カニサレスもカタルーニャ人だ。再びステレオタイプ的に分類すれば、カタルーニャとフラメンコには少々(かなり?)ズレがある。そのカタルーニャから、パコ・デ・ルシアも認めるフラメンコギターのスターが生まれた。やはり、人間には「生まれ」とは別の次元で、その人の魂の欲求があるのだと思う。お人柄は知らないが、舞台上のカニサレスは、とても真摯に、生真面目に、己の音楽に取り組む人に見えた。彼がマエストロ・ファリャを尊敬し、「はかなき人生」や「七つのスペイン民謡」を独自の編曲で演奏しているのも興味深い。

カニサレス・カルテットによる『ファリャ』


『悩ましい愛の歌~恋は魔術師より』 昔の楽譜は表紙も素敵です!
e0172134_0404391.jpg

演奏は、こちら。


音楽講座のおかげで、ファリャ再発見の3月でした。
[PR]

by Megumi_Tani | 2014-03-27 00:47 | スペイン歌曲 | Comments(0)

<< 桜満開 『内戦の影』 >>