バルセロナに響いた日本の歌   

1985年6月10日、師マヌエル・ガルシア・モランテ編曲『日本民謡集』の出版記念演奏会が開かれた。
e0172134_8102749.jpg

会場は、市庁舎の中にある「百人会議の間」。中世バルセロナの歴史を誇る由緒ある部屋だ。小説「海のカテドラル」にも、その名が登場する。

市主催の行事とあって、お歴々の長い祝辞があり、その後で、日本民謡集の中から数曲を師のピアノ伴奏で私が歌った。当日の様子は、歌修行日記「Hola!バルセロナ」をご覧いただきたい。「Hola!バルセロナ43」 「Hola!バルセロナ44」
e0172134_0192442.jpg

さて、思いがけず、その日のライブ録音がYoutubeにアップされた。スペインでアップされたものを即、日本で視聴できる。手紙到着に片道一週間かかったあの頃からは、想像もできない時代だ。
29年前の声と歌…若い!029.gif

[PR]

by Megumi_Tani | 2014-05-01 22:58 | ビバ!エスパーニャ! | Comments(0)

<< 『Penélope』 新刊『オペラは手ごわい』 >>