泣かないで歌ってごらん♪   

昨年のリサイタル『愛しのバルセロナ』で共演した合唱団、コール・シャンティーの定期演奏会に出かけた。
e0172134_1914398.jpg

今回は、スペインのヴィクトリアのミサ曲、東日本大震災がテーマの「つぶてソング」、珍しいエストニアの合唱曲、そして「さだまさしの世界」というプログラム。美しく荘厳なヴィクトリアのミサ曲は、指揮の野本明裕先生とコール・シャンティーのライフワークともいえる作品だ。「つぶてソング」は、和合亮一氏の詩が放つメッセージがひしひしと伝わる熱演。エストニアの合唱曲は独特の哀切なメロディーとともに団員さんの民俗衣装が可愛い!そして「さだまさし」は、愉快に、しみじみと聞かせてくれた。

団の創立50周年、定演は47回目。皆さん、普段は仕事を終えてから夜に集まって練習する。あるいは、貴重な休日を使って合宿する。運営諸々、きっとご苦労も多いと思う。それでも、こうして続いている。いや、続けている。本当に素晴らしい。

コール・シャンティーの演奏会に行くと、いつも心がホッコリする。素朴に、一生懸命に、歌を愛する心がひしひしと伝わってくるのだ。あぁ、これが歌の原点だなぁ…と、しみじみ思う。真っ直ぐな心で歌いたいと改めて感じさせてくれる。私自身が合唱の出であることも関係しているかもしれない。
「夢のひと夜」  「二月の余韻」 

帰り道、ふと、メキシコ民謡「シェリト・リンド」の一節が心に浮かんだ。
Ay! ay! ay! ay! Canta y no llores! ~泣かないで歌ってごらん♪♪
歌とともに集う心、歌とともに寄り添う心。歌はいつも優しい。
e0172134_19133535.jpg

第23回リサイタル《スペイン浪漫》
2014年10月4日(土)午後2時@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています。 詳しい情報はクリック↑↑060.gif
[PR]

by Megumi_Tani | 2014-06-17 19:44 | Musica あれこれ | Comments(0)

<< abdicación~退位 共演ピアニストご紹介 >>