夏がくれば思いだす…♪   

夏がくれば思いだす…のは、私の場合、はるかな尾瀬ではない。コンチキチンの祇園祭だ。

さかのぼることン十年。18歳の私は、生まれて初めて、本州の、しかも京都の夏に身を置いていた。暑い。とにかく暑かった。住まいは、八坂神社にほど近い町屋のひと部屋。大家さんのお宅では、本格的な暑さが来る前に、敷物から襖まですべて夏仕様に整えられ、居間にはクーラーもあり、涼しげな和の風情を醸し出していた。さすが京都!しかし我ら、下宿人の部屋にはクーラーはない。部屋が仕切られているので、風通しも悪い。暑い。とにかく暑い。蒸し暑くて夜も眠れない。見るに見かねて、大家さんの若奥さんが、古い大きな扇風機を持って来てくれた。これはありがたい!しかし、熱い空気をいくらかき混ぜても、風がぬるくなるばかりで、ちっとも涼しくならない…。

そこで気がついた。喫茶店に入れば涼しいではないか!少なくとも昼間はこれで解決できる。というわけで、時間を見つけては喫茶店に入り、出来るだけ長時間ねばる努力を始めた(迷惑な客だ)。息もできないほど蒸し暑い町なかから店に入るとホッとする。あぁ極楽、極楽。だが、それも束の間、炎天下→強冷房→炎天下→強冷房…連日これを繰り返すうちに、「温度」が分からなくなった。西日の照り返す四条河原町で突然寒くてブルブル震えだすかと思えば、キンキンに冷房が効いているはずの喫茶店で暑くて汗が噴き出す。冷房病、自律神経失調症だ。暑さのみならず、クーラーにも無防備だった私。当時の道産子は、クーラーなどというものとは無縁だった。そのうちに、口が思うように開かなくなった。顎関節症?噛めない、食べられない、で、栄養補給は、ぬるいお粥を流し込むか、牛乳やミックスジュースをストローで吸い込むしかない。かくして私は、ヘトヘトに疲れ、やつれ果てて?北海道に帰省した。今でもテレビでコンチキチンが聞こえると、あの悪戦苦闘の夏が蘇る。

それにしても、昨今の夏は暑い。今日の東京も35℃越えだ。2020年東京オリンピックは、まさに今の時期に開催される。大丈夫なのだろうか?例えばマラソン。この炎天下を、42.195キロ、2時間以上走り続けるなんて想像も出来ない。ものすごくトレーニングを積んでいる選手であっても、不測の事態が発生しうるのではないか?観客はどうだろう?熱中症大量発生!なんてことにならないのだろうか?そうならないために冷房をガンガン使うのだろうか?ということは、そのために、電気をどんどん使うのだろうか?それでいいのだろうか??と、ずぶの素人ながら、いたく心配になる。

この暑い夏が過ぎたところで、『スペイン浪漫』が待っています。少しずつプログラム・ノートを綴ってまいります。お楽しみに!
ご来聴をお待ちしています。 詳しい情報は、下をクリック060.gif
第23回リサイタル《スペイン浪漫》
2014年10月4日(土)午後2時@Hakuju Hall
[PR]

by Megumi_Tani | 2014-07-27 12:21 | エトセトラ | Comments(0)

<< 暑中お見舞い申し上げます ジャズ・フラメンコ >>