人気ブログランキング |

『スペイン浪漫』~粋に、優雅に   

『スペイン浪漫』第4ステージは、マホとマハの恋の歌でピリッ!と締めたい。マホ(伊達男)とマハ(粋な女)のえもいわれぬ風情、心模様は、まさにスペインの浪漫そのもの。粋で、優雅な、スペイン歌曲独自の魅力です。

このジャンルでは、なんといってもグラナドスの「トナディーリャス」が有名です。「シンプル・イズ・ベスト」を極めたようなグラナドスの作品に対して、今回演奏するF.J.オブラドルスの作品は、洋服で言えば、フリルや大きな衿やカラフルなボタンで飾られたような、独特の色彩感、親しみやすさがあります。彼は、古謡、民謡を歌曲の形にした作品を数多く残しました。

締めの締めはエル・ビート!!リサイタルでピアノ伴奏で歌うのは久しぶりです。かれこれ三十年前、初めてこの曲を歌った時のショック!?は忘れられません。ハァ…こんな歌があったんだ!度肝を抜かれました。正確な発祥の地は不明のようですが、スペインでは知らない人はいない有名な曲です。歌以外にも、様々な楽器、ジャンルにアレンジされています。

カバリエの歌。迫力!(画面左上の白文字クリック ⇒ フル画面)


舞踊版は、どことなく、のどか、ですね。


ギタートリオ版


こちらは、ジョン・コルトレーン「Olé」より


『スペイン浪漫』第1ステージから第4ステージまで、abanico(スペインの扇子)をいっぱいに広げたような極彩色のプログラムで、皆様をお待ちしています。チケットのお申し込みは、ヴォ―トルチケットセンターまで。
ヴォ―トル・チケットセンター
Tel:03-5355-1280 (10:00~18:00) 土、日、祝祭日休み
Web:ヴォ―トル・チケットセンター (24時間年中無休)


第1ステージのご紹介はこちら ⇒ 『スペイン浪漫』~地中海の薫り
第2ステージのご紹介はこちら ⇒ 『スペイン浪漫』グラナダ~光と影
第3ステージのご紹介はこちら ⇒ 『スペイン浪漫』~郷愁の華
第4ステージのご紹介①はこちら ⇒ 『スペイン浪漫』わが心のアランフェス

第23回谷めぐみリサイタル《スペイン浪漫》
2014年10月4日(土)午後2時@Hakuju Hall
ご来聴をお待ちしています。 詳しい情報は、上をクリック060.gif

by Megumi_Tani | 2014-09-25 23:57 | リサイタル | Comments(0)

<< Hakuju Hallでお待ち... 『スペイン浪漫』~わが心のアラ... >>