冬スポーツの華   

北国から本格的な雪の便りが届いている。いよいよ冬本番だ。「ホワイトクリスマス…ロマンチックですね!」と、雪国にお住まいでない方はよく仰るけれど、住んでみれば、そうはいかない。雪は魔物、心身をただただ疲弊させる困りものだ。冬は、東京にいても北海道の天気が気になる。どうぞ雪の多くない冬でありますように。。。

スポーツも冬物に突入した。レジェンド葛西も凄いけれど、やはり華はフィギュア・スケート!今年から音楽にヴォーカルの使用が許可されたとのことで、先日のNHK杯は、ユヅ君頑張れ!(笑)に加えて、各選手の選曲も興味深く観戦した。観て聴いてみると、ヴォーカル入りの曲は、無しの曲に較べて、メッセージ性、存在感がグッと強くなる。選曲の幅、表現の可能性が広がった一方で、下手をすれば、ヴォーカルの存在が出過ぎて表現の邪魔をする??どの選手だったか、せっかく美しいラインを描いて滑っているところで、ヴォーカルがこれでもか!これでもか!と盛り上がり、少々うるさく感じる場面があった。これからまた新たな時空が開拓され、ヴォーカル入りの凄い作品が生み出されてくるのだろう。

クラシック音楽の中では、「ラフマニノフのピアノ協奏曲」「カルメン」、そして我らが「アランフェス二楽章」あたりは、使われる頻度が高い。アイスダンスではフラメンコ風の作品にもよくお目にかかる。引退した高橋大輔選手が、ラテンでカッコよく決めてくれたこともあった。
『Woo!』

とあるフィギュアスケート道に精通した方が、「すごい子がいます」と、教えてくれた。樋口新葉ちゃん。わずか13歳!今後が楽しみです。
(残念ながら、大活躍の動画は削除されてしまいました)

[PR]

by Megumi_Tani | 2014-12-05 00:48 | エトセトラ | Comments(0)

<< 『長谷川奈津 陶展』 健さん、最後のCM >>