人気ブログランキング |

司馬遼太郎著『南蛮のみち Ⅰ・Ⅱ』   

そういえばそんな本があった、と、思い出すことがある。昨年10月、アルゲリッチの映画を観に行った際のこと。入り口横の売店に「本日の映画に関連する本」として、司馬遼太郎著『南蛮のみち Ⅰ・Ⅱ』が並べられていた。とかく日本では、スペイン・ラテン系という曖昧な括りで、何もかも十把一絡げにしてしまう。アルゲリッチとザビエルが“関連”というのは、なんとも可笑しい。
e0172134_15478.jpg

さて、そのずい分前に読んだ『南蛮のみち Ⅰ・Ⅱ』を、もう一度読み直してみた。フランシスコ・ザビエルの心の軌跡を追って、バスク地方を旅する内容だ。バスクからマドリードへ、そしてポルトガルへと旅は続く。独特の語り口の文章だが、何となくノリが悪い。何故か、司馬遼太郎の楽しくなさそうな?気配が伝わってくる。

こちらも何となくノリが悪いまま読むうちに、きっと司馬遼太郎は、バスクが、マドリードが、あえて言えばスペインが、肌に合わなかったのだ、と、気がついた。スペインは独自の強烈な個性をもった国だ。惚れる者はとことん惚れこむが、中には、「ああいう国はちょっと…」と仰る方もいる。ザビエルに多大な影響を与えたロヨラも、彼との出会いから極端な変貌を遂げてゆくザビエルも、かなり強烈な、今風に言えば“濃い”人間だ。彼らのほの暗い色濃さに、司馬遼太郎は、共感ではなく、違和感を覚えたのではないだろうか?

その証拠に、というわけでもないが、旅がポルトガルに入ったところから急に筆致が変わる。風光明媚な景色を愛で、街並みを楽しみ、詩やファドを味わい、人々の気質に愛着を感じている。「ポルトガルはいいなぁ」という司馬遼太郎の声が聞こえそう…と思いつつ読んでいたら、あらら!「人間がおだやかで秩序的であり、スペイン的な激情は見られない(本文より)」とまで書かれている。やはり人間、相性というものがあるらしい。しかし、それでも書ける。やっぱり巨匠だ。

ザビエルに関しては、こんな文章も。
ザビエルの生地、パンプローナにみたスペインと日本のつながり
執筆者の細田晴子氏は、以前このブログでご紹介した『カザルスと国際政治』の著者。

司馬遼太郎の数々の名著の中で、ちょっと隠れた一冊はこちら。
人間・空海の背中をひたすら追っています。
e0172134_131796.jpg

by Megumi_Tani | 2015-05-22 01:09 | 本の窓 | Comments(0)

<< ビクトリア・デ・ロス・アンへレ... カーネーション~Clavelitos >>