新刊『スペイン文化入門』   

スペイン思想の大家、佐々木孝先生が1970年代以降、様々な場で発表された文章。
日西翻訳通訳研究塾・塾頭、碇順治先生がそれらを編集、一冊の本に纏められました。

e0172134_2335160.jpg

「スペインとは何か」この深遠極まりないテーマに鋭く迫る文章の数々に圧倒されます。「文化入門」とありますが、いわゆる文化財観光ガイド本ではありません。今年生誕500年を迎えたサンタ・テレサ、十字架のヨハネ、オルテガ、ウナムーノ、セルバンテス、ゴヤ、ビーベス、エル・エスコリアル王立修道院、聖家族教会、ドン・キホーテ、コロンブス、モゲールの町…。スペインの精神、スペインの魂への導きの書です。率直な文章、ユーモアを交えた筆致、詩人を思わせる豊かな表現の奥に、著者のスペインへの深い愛、得も言われぬ慈しみがあふれています。

とは言っても、思想家の先生が書かれた文章の中には、少々難しい言葉や人名が…。そんな時には巻末の「索引・ミニ事典」が助けてくれます。本編は縦書き、索引は横書き、という凝った作り。人名と事項に関する解説が詳細かつコンパクトにまとめられていて、とても分かりやすい。この索引だけでも勉強になります。「スペイン」「スペイン語」の在り方そのものに基づいた編集は本書ならではのもの。編者のスペインへの深い愛と慈しみを感じます。

佐々木孝先生は東日本大震災後も福島に住み、同地から発信を続けていらっしゃいます。
佐々木孝著『原発禍を生きる』   スペイン語版『原発禍を生きる』
著者・佐々木先生と編者・碇先生は、その大震災がきっかけで出会った、と、記されています。「あとがき」に紹介されている「No hay mal que por bien no venga~幸福をもたらさない災いはない」という諺が、複雑な苦味とともに、胸に沁みます。

読み進むうちに、気が付きます。これは、スペインについて識る本であると同時に、スペインに魅せられた己について知る本である、と。Porque sí(好きだから好き)と言っても、そこにはやはり、好きにならずにいられない、しかるべき理由があるのでした。

スペインが人生の何ものかになってしまったすべての方に、お奨めしたい本です。

彩流社サイト ⇒ 『スペイン文化入門』

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

毎日メディアカフェ『谷めぐみが語る 魅惑のスペイン歌曲』
7月23日(木)18:30~20:00
入場無料 要ご予約 以下のサイトからお申し込みください。

谷めぐみが語る 魅惑のスペイン歌曲

谷めぐみ30周年記念リサイタル『スペイン わが心の歌』
10月17日(土)14:00開演@Hakuju Hall
詳しいご案内はHPをご覧ください。
スペイン わが心の歌~Canciones Españolas, tesoros de mi corazón
ご来聴をお待ちしています
060.gif
[PR]

by Megumi_Tani | 2015-07-14 23:23 | 本の窓 | Comments(0)

<< 毎日メディアカフェ~濱田滋郎・... 『君の上にはただ花ばかり』 >>