毎日メディアカフェ~濱田滋郎・平野啓一郎「クラシックギターを語る」   

東京は梅雨明けの猛暑!先日の台風のなごりか、湿度が高く、とにかく蒸し暑い。そんな中、今日は『毎日メディアカフェ』にお邪魔してきた。日本のスペイン音楽の父、濱田滋郎先生と、人気作家、平野啓一郎氏の対談だ。

平野氏が毎日新聞に連載中の小説『マチネの終わりに』の主人公が天才クラシックギタリスト、ということで、平野氏のギターとの出会いからスペインのギター音楽、南米音楽、ブラジルの作曲家ヴィラ・ロボスの魅力、最後は小説映画化への期待など、話題が広がった。いつものように穏やかな笑顔の濱田先生。音楽への想いを語る平野氏の飾らない口調がクール!小説の中に登場させる曲は、イメージに合うもの自分で選ばれるとのこと。これまでの選曲リストから、とても熱いロマンチストと拝見した。
毎日メディアカフェ~濱田滋郎・平野啓一郎「クラシックギターを語る」

さて、その「毎日メディアカフェ」今週木曜日、23日に私の番が回って来る。昨夜は皆様にお聞かせするCDの準備をしていたら、突然パソコンがフリーズ(>_<) 熱帯夜の汗ならぬ冷や汗が…。でも、しばらくお休みさせると、ご機嫌を直し、働いてくれました。ホッ!お申し込みくださった皆様、ありがとうございました。会場でお待ちしています。
毎日メディアカフェ谷めぐみが語る 魅惑のスペイン歌曲
7月23日(木)18:30~20:00

こちらは今秋リサイタルのご案内。
23日の毎日メディアカフェでもチケットを販売します。

谷めぐみ30周年記念リサイタル
スペイン わが心の歌~Canciones Españolas, tesoros de mi corazón
10月17日(土)14:00開演@Hakuju Hall

濱田先生に嬉しいメッセージをいただいています。先生、ありがとうございました。
e0172134_20441580.jpg

[PR]

by Megumi_Tani | 2015-07-20 20:46 | スペイン音楽 | Comments(0)

<< 毎日メディアカフェ『谷めぐみが... 新刊『スペイン文化入門』 >>