人気ブログランキング |

24年前のサルスエラ公演   

昔はよく夢を見た。夢と言っても、将来〇〇になりたい、という類の夢ではない。眠っている間に見る夢だ。連続ドラマ風、思い出再現ドラマ風、ちょっと予知的ドラマ風etc。
連続ドラマは、見たいと思えば、毎日一話ずつストーリーが展開した。次はどうなるのかなぁ、と、眠るのが楽しみだったりする。いつも総天然色。夢はカラーで見るものと思い込んでいたので、白黒の夢が存在すると知った時には驚いた。

いつの頃からか、ぷつりと夢を見なくなった。理由は分からない。起きている間に色々なドラマに遭遇するから、眠っている時までドラマを楽しむエネルギーが残っていないのかもしれない。

ところが、昨夜、久しぶりに夢を見た。
昭和を感じさせるどこかの事務室。沢山の机、山積みの書類、大勢の人が忙しそうに仕事をしている。部屋の片隅に、来客用のテーブルとソファ。そのソファに、なぜか、ヴィクトリア・デ・ロス・アンへレスが座っている。地味なワンピース姿で、テーブルの上に開いたパソコンの画面を一心に見つめている。横から私がのぞきこむと、ヴィクトリアがたどたどしい日本語で言う。「わたしは、いま、にほんごを、べんきょうしているの」私がスペイン語で答える。「それは素晴らしい!日本では貴女を待っているファンが今も沢山います」今度はヴィクトリアもスペイン語で答える。「そうそう。だから、ぜひ、日本語を、と、思ってね」
そこで目が覚めた。夢は愉快だ。ヴィクトリアが日本語を話すなんて!

この夢は何となく察しが付く。数日前、Facebookで、1991年に行われたサルスエラ公演の話題が出たのだ。通常のサルスエラは台詞が入るので、スペイン語が分からなければ楽しめない。しかしこの公演は、外国人にも分かりやすく構成されていた。いくつものサルスエラの名場面、名曲、名歌、舞踊がふんだんに盛り込まれ、スター歌手やダンサー達たちが華やかな舞台を繰り広げる。まだ「サルスエラ」という言葉そのものがあまり知られていなかった時代、画期的な招聘だった。
e0172134_2315847.jpg


この公演で、ビクトリア・デ・ロス・アンへレスが歌ったのが、G.ヒメネス「サパテアード」だ。周りの若手の歌い手たちの中で、堂々の貫録だった。終演直後の舞台に駆けつけてご挨拶させていただいたことも懐かしい。「あ~!メグミ、どうだった?」「ナマでサパテアードを聴けるなんて夢のようでした」「それはよかった」大勢の出演者と大がかりな装置の搬出でごった返す舞台で、そんな会話を交わした。もう24年も前なのに、まるで昨日のことのように蘇る。Facebookのお友達とも一瞬で思いが通じた。まさに音楽は時空を越えている。
e0172134_23392356.jpg


17日のリサイタルで、この「サパテアード」を歌う。ビクトリア・デ・ロス・アンへレス没後10周年。香しい名歌「君の上にはただ花ばかり」とともに、粋で素朴でお茶目で楽しいこの曲を捧げたい。「日本では貴女を待っているファンが今も沢山います」の思いを込めて。



              谷めぐみ30周年記念リサイタル
           スペイン わが心の歌
              2015年10月17日(土)午後2時開演
                 会場:Hakuju Hall

 チケット完売しました。たくさんの方にお問合せをいただいています。ごめんなさい。
                また次の機会にぜひ!    


by Megumi_Tani | 2015-10-11 23:40 | リサイタル | Comments(2)

Commented by masa at 2015-11-10 03:03 x
大阪フェスティバルホールへ聴きに行ったことが昨日のように思い出されます。サパテアドもですが、最初に登場したテンムラニカ(だったかと思うのですが)の華やかなアリアが今もって懐かしいです。当時大学生だった自分には、オケとともに衣装を着けたヴィクトリアの舞台を見れたというだけで、一生の宝物です。
Commented by Megumi_Tani at 2015-11-22 14:02
masa様
コメントをありがとうございました。お返事が遅くなり申し訳ありません。大阪でご覧になられたのですね!彼女の舞台をご存知の方がいてくださって嬉しいです。華のある、そして人間味のある、偉大な歌い手でした。

<< 終演御礼 チケット完売しました >>