人気ブログランキング |

ファリャが書いた反戦の歌   

フィギュアスケート浅田真央選手の来季の曲がマヌエル・デ・ファリャ作曲「リチュアルダンス」と発表された。これは嬉しい。スペイン音楽で彼女が舞ってくれるとは!

「リチュアルダンス」は英語。オリジナルのスペイン語は「Danza ritual del fuego~火祭りの踊り」、1914年の作品『恋は魔術師』の中の1曲だ。ファリャ独特の研ぎ澄まされた情熱の世界を浅田選手がどのように表現するか!楽しみ。

その「リチュアルダンス」と同じ1914年に書かれたファリャの作品『わが子を腕に抱く母たちの祈り』を、9月リサイタルで歌う。

1914年は、第一次世界大戦が勃発した年だ。ヨーロッパは不穏な空気に包まれていた。この年、ピアノ版「ゴイエスカス」パリ初演を成功させたグラナドスは同作のオペラ化を依頼され、完成させる。しかし戦争の混乱から、いつまで待ってもパリ初演が実現しない。代わりに初演を引き受けてくれたニューヨークへ渡ることになった。ニューヨークで大成功を収め、栄誉と喜びに包まれて帰国する途中、ドイツ潜航艇の無差別攻撃に遭い、悲劇の最期を遂げた。歴史に「もしも」は無い。しかしそれでも思わずにはいられない。もしも戦争さえ起きていなければ…。

そんな時代の心を詠んだ曲がファリャの『わが子を腕に抱く母たちの祈り』だ。「私の腕で眠る可愛い坊やを兵隊にとらないでほしい、この子は私のすべてだから…」と母親が神様に切々と祈る。初めてこの歌詞を読んだとき、まさにスペイン歌曲版「君死にたまふことなかれ」だと思った。地味な曲だ。ほとんど誰も歌っていない。しかし2014年のリサイタルで歌った際、大きな反響をいただいた。

グラナドス没後100年の陰に隠れて?いるが、ファリャも今年、没後70年記念の年を迎えている。グラナドスを深く敬愛していたファリャ。そのファリャが書いた反戦の歌を、今年ふたたび、歌う。

第25回リサイタルスペイン浪漫Ⅱ~エンリケ・グラナドス没後100年に捧ぐ
ご来聴をお待ちしています060.gif

「リチュアルダンス~火祭りの踊り」


やはりこの動画は必見!必聴!「火祭りの踊り」⇒「鬼火の歌」
アントニオ・ガデス×クリスティーナ・オヨス×ロシオ・フラード

by Megumi_Tani | 2016-06-30 00:30 | リサイタル | Comments(0)

<< ソフトクリームの日 ご案内『ADESSO』ライブ >>