人気ブログランキング |

トゥリーナ 『歌』   

スペイン浪漫Ⅱ』に登場する作曲家、作品について、思いつくままに綴って来た。今日は最後のひとり、ホアキン・トゥリーナをご紹介する。

トゥリーナはセビーリャの生まれ。裕福な家庭に育ち、音楽の才能に恵まれた彼は、20歳の頃、同門のマヌエル・デ・ファリャと親しくなる。やがてパリで学ぶようになった二人は、ひとつ屋根の下で暮らし、修業に励んだ。一台のピアノを一緒に使っていたというから、何とも微笑ましい。パリで出会った先輩アルベニスの助言を受け、トゥリーナは、故郷セビーリャに根差した音楽を書くことに己の音楽人生を捧げる決意をする。一緒に演奏会を開いたり、プライベートでも親しく行き来するなど、ファリャとの友情は長く続いた。謹厳実直、求道者のようなファリャに対して、トゥリーナは、いかにも粋でお洒落なセビーリャ紳士の風情。一見真逆のタイプのような二人が仲良しだったということがまた興味深い。

そんなトゥリーナの歌曲作品のひとつ『歌』を、3ステージで演奏する。紙きれの端に火を付ければ、じわじわと、やがてメラメラと燃え上がる、そんな炎のような歌だ。炎に定まった形が無いように、この曲は、演奏者によって、いかようにも姿を変える。ハッと気づけば、演奏者の方が焼け焦げ寸前?のような、そら恐ろしい曲でもある。わずか2分の小品ながら、情熱を一瞬の炎に昇華させた、トゥリーナならではの名曲だ。

第25回リサイタルスペイン浪漫Ⅱ~エンリケ・グラナドス没後100年に捧ぐ
ご来聴をお待ちしています060.gif

トゥリーナ、こんな方です。


初々しい


名テノール


甘い


貫録

by Megumi_Tani | 2016-08-31 00:41 | リサイタル | Comments(0)

<< キーワードはスペイン語 アルベニス 『舟歌』 >>